北海道教育大学 研究者総覧 北海道教育大学 ホームページ
   研究者総覧TOP   

大山 祐太
オオヤマ ユウタ/OYAMA Yuta
 
お問い合わせ
基本情報
所  属岩見沢校
職  名講師
所属講座保健体育
電話(D・I)
学位
1. 2008/03/31 学士(教育学)(弘前大学)
2. 2011/03/31 修士(教育学)(弘前大学)
3. 2017/03/31 博士(学術)(弘前大学)
所属学会
1. 日本体育学会
2. 日本アダプテッド体育・スポーツ学会
3. 日本スポーツ社会学会
4. 日本障害者スポーツ学会
5. 日本特殊教育学会
6. 日本発達障害学会
7. 北海道体育学会
8. 2014/04~2017/03 ∟ 役員(会計)
委員会・協会等
1. 2017/08~ 北海道Specialプロジェクト2020実行委員会 委員
2. 2017/05/01~ 岩見沢市パラリンピック合宿受入実行委員会 副実行委員長
3. 2017/04~ NPO法人スペシャルオリンピックス日本・北海道 運営委員
4. 2015/04~ 札幌学生野球連盟 理事
現在の専門分野
  障害者スポーツ, 障害児(者)福祉, ボランティア, 知的障害

(キーワード:アダプテッド・スポーツ、知的障害) 
研究テーマ
1. 2014/04~  アダプテッド・スポーツの実践方略と社会的意義  個人研究 
2. 2011/04~  知的障害者のスポーツ活動における人的環境(当事者・保護者・指導者)  個人研究 
研究内容
〇知的障害者のスポーツ活動における本人・指導者・保護者等の参加実態
〇地域社会・教育現場等におけるアダプテッド・スポーツの意義や可能性、実践方略
担当講義
アダプテッド・スポーツ概論、アダプテッド・スポーツ論、スポーツ指導法(アダプテッド・スポーツ)、特別支援教育、地域プロジェクトⅠ、地域プロジェクトⅡ、地域プロジェクトⅢ、倫理・人権、体育Ⅰ、水泳、スポーツ・コーチング科学演習
著書、学術論文
1. 論文  小学生の障害理解を目的としたアダプテッド・スポーツ授業の開発  (共著)  2018/06
2. 論文  「Cybathlon(サイバスロン)」に対する大学生のイメージ-パラリンピックとの比較から-  (単著)  2018/02
3. 論文  運動プログラム「Ballschule(バルシューレ)」が幼児の社会的スキルに及ぼす影響-保護者アンケートを通した検討-  (共著)  2017/06
4. 論文  大学生の障害者イメージおよび障害者スポーツに関する認知度-スポーツ系学生と非スポーツ系学生の比較検討-  (単著)  2017/03
5. 論文  知的障害者スポーツにおけるマネジメントモデル構築に関する研究-若年層ボランティアの活動継続性向上を企図して-  (単著)  2017/03
6. 論文  大学の一般体育におけるアダプテッド・スポーツ実践の教育効果  (単著)  2017/02
7. 論文  「アダプテッド・スポーツ」体験イベントの実践報告-大学・自治体・民間が連携した事例-  (共著)  2016/08
8. 論文  スポーツ系コース在籍学生の障害者との接触意欲とスポーツ実施困難についての認識  (共著)  2016/03
9. 論文  小学生を対象としたアダプテッド・スポーツ授業の効果の検討‐ゴールボールを教材として‐  (単著)  2016/02
10. 論文  知的障害者のスポーツ活動における指導記録の記述に関する検討  (単著)  2015/06
全件表示(19件)
作曲・作品・演奏・指揮・出場競技等
1. 2017/03 Special Olympics World Winter Games AUSTRIA 2017『日本選手団コーチ(アルペンスキー)』(オーストリア)
2. 2016/02 『2016年スペシャルオリンピックス日本 冬季ナショナルゲーム新潟 北海道選手団アルペンスキーコーチ』(新潟)
3. 2014/11 『2014年スペシャルオリンピックス日本 夏季ナショナルゲーム福岡 北海道選手団陸上競技ヘッドコーチ』(福岡)
4. 2011/09 『2011年スペシャルオリンピックス日本バスケットボール大会・東京 青森県選手団 ヘッドコーチ』(東京)
5. 2011/06 Special Olympics World Summer Games Athens 2011『日本選手団スタッフ』(ギリシャ アテネ)
6. 2010/11 『2010年スペシャルオリンピックス日本夏季ナショナルゲーム・大阪 青森県選手団陸上競技 ヘッドコーチ』(大阪)
7. 2009/02 Special Olympics World Winter Games Idaho 2009『日本選手団コーチ(アルペンスキー)』(アメリカ アイダホ州)
8. 2008/02 2008年スペシャルオリンピックス日本冬季ナショナルゲーム・山形『2008年スペシャルオリンピックス日本冬季ナショナルゲーム・山形 青森県選手団アルペンスキーコーチ』(山形県)
月刊誌、書評、報告集及びコラム
1. 2017/06 多彩な種目が楽しめる アダプテッド・スポーツ パラスポーツ(道新ポケットブック(2017/6))
2. 2017/04 バルシューレの特性からみる障害児者福祉分野での実践可能性(奥田知靖著:子どものボールゲーム指導プログラムバルシューレ~幼児から小学生低学年を対象に~,192-193頁)
3. 2017/01 「健常者も一緒に」浸透期待(北海道新聞全道版 2017年1月24日 17頁)
4. 2016/09 リオパラリンピックここに注目!下(北海道新聞空知版 2016年9月9日 27頁)
5. 2016/09 リオパラリンピックここに注目!上(北海道新聞空知版 2016年9月8日 31頁)
6. 2015/09 万人が本気でプレーを楽しめる「アダプテッド・スポーツ」(女性せいかつ情報紙 オントナ vol.1188 2015年9月2日 3頁)
7. 2015/08 誰もが楽しめるスポーツ(広報いわみざわ2015年8月版)
学会発表・講演
1. 2017/12 ウィルチェアーラグビー観戦者の観戦動機と満足度に関する研究(第1回障がい者スポーツ関係学会合同コングレス)
2. 2017/12 知的障害者施設における「Ballschule(バルシューレ)」プログラムの実践可能性に関する検討-施設職員の評価を通して-(第1回障がい者スポーツ関係学会合同コングレス)
3. 2017/11 共生社会の実現に向けた スポーツの活用   ~「アダプテッド・スポーツ」の可能性~(北海道公立学校教頭会研修)
4. 2017/10 アダプテッド・スポーツを通して違いを認め合うことの大切さを学ぶ(第34回みんなで教育を考える日)
5. 2017/09 重度身体障害者の単身生活をめぐるライフストーリー‐訪問介護員との関係に着目して‐(日本特殊教育学会)
6. 2017/02 インクルーシブ教育におけるアダプテッド・スポーツの可能性(北海道若手市議会議員の会研修会)
7. 2017/01 世界に羽ばたく~知的障がいを乗り越えて~(どうしん☆スポーツサロン)
8. 2016/12 体験・体感!アダプテットスポーツ(バリアコンシャスプロジェクト in ヒロロ)
9. 2016/10 障がい者スポーツの現状と「アダプテッド・スポーツ」の可能性(平成28年度石狩管内スポーツ推進委員研修会)
10. 2016/10 地域スポーツとしての「アダプテッド・スポーツ」の魅力 / 実践!アダプテッド・スポーツ(岩見沢市高齢者対象講座3校合同事業)
全件表示(44件)
外部補助金等
1. 2016/04~2019/03  社会福祉施設で実践可能な運動協調性向上を意図したスポーツプログラムの開発  (挑戦的萌芽研究)
2. 2015/04~2018/03  発達性協調運動障害児支援における保育・授業実践での評価観点の検討  (基盤研究(C))
職歴
1. 2013/04~2014/03 北海道教育大学岩見沢校 特任講師
2. 2014/04~ 北海道教育大学 岩見沢校 専任講師
資格・免許
1. 2008/03/31 小学校教諭第一種免許状
2. 2008/03/31 特別支援学校教諭第一種免許状
3. 2008/03/31 保育士資格
4. 2008/03/31 幼稚園教諭第一種免許状
社会における活動
1. 2017/01~2017/01 初級障がい者スポーツ指導員養成講習 講師
2. 2016/10~2016/11 一般公開講座「誰もが楽しめる『アダプテッド・スポーツ』の実践」
3. 2014/10~2014/11 一般公開講座「知的障害とスポーツ」
4. 2014/06~ アダプテッド・スポーツクラブの設立・運営
5. 2004/05~ スペシャルオリンピックス コーチ(バスケットボール、アルペンスキー、陸上競技)
IMG_5261.JPG アダプテッド・スポーツクラブの様子
DSC02699.JPG 「レッツトライ!アダプテッド・スポーツ in 岩見沢」の様子。 「万人へのスポーツ普及」を目的として、市や民間企業と連携して実施。800名以上が参加し、車いすフェンシングやウィルチェアラグビー、アンプティサッカーなど様々なスポーツを体験した。
DSC02979.JPG 児童生徒を対象とした「アダプテッド・スポーツ授業」「障害理解授業」等
北海道教育大学 研究者総覧