北海道教育大学 研究者総覧 北海道教育大学 ホームページ
   研究者総覧TOP   

本田 真大
ホンダ マサヒロ/HONDA Masahiro
 
お問い合わせ
基本情報
所  属函館校, 学校臨床心理専攻
職  名准教授
所属講座学校教育
電話(D・I)
学位
1. 2004/03/25 学士(人間科学)(筑波大学)
2. 2006/03/25 修士(心理学)(筑波大学)
3. 2009/03/25 博士(心理学)(筑波大学)
関連リンク
  函館校 本田研究室
  援助要請(help-seeking)研究会
所属学会
1. 南北海道教育臨床研究会
2. 2011/07~ ∟ 幹事
3. 日本カウンセリング学会
4. 2014/02~2016/08 ∟ 総務委員
5. 2012/12~ ∟ 日本学術会議若手アカデミー委員会 若手研究者ネットワーク委員(カウンセリング学会若手代表)
6. 日本コミュニティ心理学会
7. 2015/05~ ∟ 査読協力者
8. 日本学校心理学会
9. 2010/04~ ∟ 拡大編集委員
10. 日本教育心理学会
全件表示(24件)
委員会・協会等
1. 2014/04~ 北海道教育委員会 渡島管内地域いじめ問題等対策連絡協議会 委員
2. 2013/07~2016/03 北海道知内町インクルーシブ教育システム構築モデル地域事業 推進アドバイザー(北海道知内町)
3. 2013/04~2014/03 北海道教育委員会 北海道教育委員会 平成25年度インターネット教育モニター
4. 2012/11~2014/03 北海道教育委員会 渡島管内いじめ・不登校等対策推進会議 推進委員
5. 2012/04~ 函館市教育委員会 函館市家庭教育支援事業「家庭教育セミナー」 講師
6. 2011/05~2011/06 岩手県教育委員会 学校支援カウンセラー
7. 2011/04~ 北海道教育委員会 公立学校スクールカウンセラー
現在の専門分野
  教育心理学, 臨床心理学
発達臨床心理学, 学校臨床心理学
(キーワード:援助要請・被援助志向性,援助評価,集団社会的スキル訓練(ソーシャルスキル教育)) 
研究テーマ
1. 2009/04~  適応に寄与する援助要請行動を促進する介入法の開発  国内共同研究 
2. 2007/04~  学校不適応予防のための介入法の効果研究  国内共同研究  (キーワード:中学生,高校生,認知行動療法)
3. 2006/04~  幼児を育てる母親の子育ての悩みの援助要請・被援助志向性に関する研究  個人研究 
4. 2003/04~  援助要請行動から適応に至るプロセスモデルの構築  個人研究 
研究内容
1.援助要請行動から適応に至る過程の検討と不適応の予防的介入法の開発
2.幼児を育てる母親の子育ての悩みの援助要請行動・被援助志向性に関する研究
3.学校における集団社会的スキル訓練(ソーシャルスキル教育)の効果研究
4.心理臨床に関する事例研究
担当講義
【大学】
心理学Ⅲ,心理学基礎実験2,心理学研究法,学校臨床心理学,幼児心理学,幼児心理学演習,幼児理解と教育相談,幼児の言葉,研究基礎セミナー,倫理・人権,教育実習事前・事後指導(幼稚園),教職実践演習(幼稚園)

【大学院】
臨床心理基礎実習,学校臨床心理特論,発達臨床心理学特別演習,認知発達心理学特論,認知発達心理学特別演習
著書、学術論文
1. 著書  コンサルテーション―よりよい指導・援助のための協働―  (単著)  2017/10
2. 著書  ソーシャルスキル教育―人間関係を広げ,深める援助の方法―  (単著)  2017/10
3. 著書  生徒理解のための心理学-理論と実際の双方向からの多面的理解-  (単著)  2017/10
4. 著書  絶対役立つ教育相談-学校現場の今に向き合う-  (共著)  2017/10
5. 著書  いじめに対する援助要請のカウンセリング―「助けて」が言える子ども,「助けて」に気づける援助者になるために―  (単著)  2017/09
6. 論文  幼児への読み聞かせを行う保育内容(言葉)の授業が幼稚園教諭としての資質・能力に与える効果  (単著)  2017/08
7. 著書  援助要請と被援助志向性の心理学―困っていても助けを求められない人の理解と援助―  (共著)  2017/03
8. 著書  今後の援助要請研究における理論的課題と実践的課題  (共著)  2017/03
9. 著書  子どもの援助要請の心理を保護者に説明する  (単著)  2017/03
10. 著書  親の援助要請  (単著)  2017/03
全件表示(57件)
月刊誌、書評、報告集及びコラム
1. 2017/02 子どもの「相談できる力」を育てる―援助要請の心理学-(月刊学校教育相談,31(3),18-21.)
2. 2016/03 石隈利紀先生 最終講義 記念論文集(石隈利紀先生 最終講義 記念論文集)
3. 2015/05 特別支援教育における教師とスクールカウンセラーとの協働(連載②チーム援助で特別支援教育の更なる充実を)(指導と評価2015年5月号,36-38.)
4. 2015/04 ネットいじめと自殺予防教育(精神科治療学,30,529-534.)
5. 2015/03 子育ての悩みを相談しない保護者へのアプローチ(子育て支援と心理臨床,10,144.)
6. 2014/08 「若手研究者たちと考える,君たちの,そして日本の未来」―サイエンスアゴラ2013活動報告-(日本カウンセリング学会会報,97,2.)
7. 2014/07 「助けて」と言わない教師,「助けて」が届かない学校―援助要請の心理学から見えること―(児童心理2014年8月号臨時増刊,No.990,19-24.)
8. 2014/03 学校コミュニティでスクールカウンセラー等の心理職を活用するためのシステムの開発(平成23年度~平成25年度科学研究費助成事業 基盤研究(C)研究成果報告書(JSPS KAKENHI Grant Number23530860))
9. 2013/03 チャイルドラインの継続を願って(チャイルドラインはこだて2012年度実施報告書,4.)
10. 2012/10 こんな子をどう援助するか 友だちとケンカして落ち込んでいる子(児童心理2012年10月号,No.956,56-60.)
全件表示(20件)
学会発表・講演
1. 2017/09 高校生の援助要請スキルへの介入(日本カウンセリング学会第50回記念大会)
2. 2017/09 若者と成人を対象とした援助要請行動の最適性と機能性の実態把握(日本認知・行動療法学会第43回大会)
3. 2017/09 障害理解教育と統合的葛藤解決スキルを組み合わせた実践の効果検証-多様性に寛容な態度とスキルの育成-(日本カウンセリング学会第50回記念大会)
4. 2017/09 統合的葛藤解決スキルと 学校適応感,ストレス反応の変化 ―中学生を対象とした心理教育プログラムの効果検討―(日本カウンセリング学会第50回記念大会)
5. 2017/07 援助要請への介入に関する理論的検討(3)-援助要請行動への介入研究を包括する理論的枠組みの提案-(日本コミュニティ心理学会第20回記念大会)
6. 2017/07 子育て支援領域における援助要請の研究と実践(日本コミュニティ心理学会第20回記念大会)
7. 2017/05 ソーシャルスキルを意識したおはなし会の実践が幼稚園教諭志望学生に与える教育効果の検証(日本保育学会第70回大会)
8. 2016/11 援助要請行動後の認知(援助評価)を標的とした認知再構成法の改良版の効果検証(第16回日本認知療法学会)
9. 2016/10 援助要請に焦点を当てたいじめ未然防止活動の理論と実践(日本学校心理学会)
10. 2016/10 幼稚園教員養成における教育相談の実践力育成の試み(2) ―架空事例演習とチーム援助ロールプレイが 幼児理解力と保育者効力感に与える影響―(日本学校心理学会)
全件表示(102件)
受賞学術賞
1. 2013/07 日本コミュニティ心理学会第16回大会学会発表賞(口頭発表部門)
2. 2011/10 日本学校心理学会大会発表賞
3. 2011/09 日本カウンセリング学会奨励賞(第35号)
4. 2011/09 日本カウンセリング学会大会発表継続賞(第95号)
5. 2009/03 筑波大学大学院人間総合科学研究科ヒューマン・ケア科学専攻長賞
外部補助金等
1. 2016/04~2020/03  いじめ被害児童生徒の被援助志向性を考慮した相談システムの開発  (基盤研究(C))
2. 2016/04~2020/03  過剰な援助要請行動の実態把握と最適化のための介入法の開発  (基盤研究(C))
3. 2014/04~2017/03  学校コミュニティでの心理職活用を促進する学校マネジメントシステムの開発  (基盤研究(C))
4. 2013/04~2016/03  適応に寄与する援助要請行動を促進するための認知的介入法の開発  (若手研究(B))
5. 2013/04~2014/03  「子ども虐待防止の実践力」を育成する教員養成のあり方  (基盤研究(B))
6. 2011/04~2014/03  学校コミュニティでスクールカウセラー等の心理職を活用するためのシステムの開発  (基盤研究(C)(一般))
7. 2011/04~2013/03  適応に寄与する援助要請行動を促進する介入法の有効性の検討  (若手研究(B))
8. 2010/06  Investigation of the factor structure model for the Help-Seeking Skills Scale for Adolescents: towards the development of preventive education through group social skills training to promote the use of consulting services.  (WCBCT2004記念若手研究奨励基金)
9. 2008/04~2010/03  中学生の援助要請行動から適応に至る過程の検討と予防的介入法の開発  (日本学術振興会 特別研究員奨励費)
職歴
1. 2008/04~2009/03 筑波大学 日本学術振興会特別研究員DC2
2. 2008/04~2009/03 茨城キリスト教大学 生活科学部 人間福祉学科 非常勤講師(科目:「心理検査法」)
3. 2009/04~2009/09 法政大学 人文学部 心理学科 非常勤講師(科目:「学校心理学」)
4. 2009/04~2010/03 筑波大学 日本学術振興会特別研究員PD
5. 2010/04~2015/03 北海道教育大学 専任講師
6. 2013/09~2014/03 函館大学 商学部 非常勤講師(科目名:「教育相談」)
7. 2014/04~2014/09 函館大学 商学部 非常勤講師(科目名:「教育心理学」)
資格・免許
1. 2004/03/25 高等学校教員免許一種(数学)
2. 2004/03/25 中学校教員免許一種(数学)
3. 2009/03/31 臨床心理士
4. 2012/12/15 認定心理士
5. 2013/01/01 学校心理士
社会における活動
1. 2016/03 函館視力障害センター 教官研修会講師「学習の指導・支援に活かす心理学」
2. 2016/03 北海道教育大学附属函館中学校(第1学年) ソーシャルスキル教育講師「クラス替えに向けたソーシャルスキル」
3. 2016/03 北海道知内高等学校(第1学年) ソーシャルスキル教育講師「クラス替えに向けたソーシャルスキル」
4. 2016/03 北海道函館中部高等学校定時制(第1学年) ステップアップ・プログラム講師「新聞紙タワー」
5. 2016/02 七重浜保育園子育て支援センター(ピュアランド) ピュアネットミニお勉強会(JDDネット北海道ペアレントメンター運営協議会(道南)主催,ピュアランド・北海道自閉症協会道南分会共催)講師「子育ての悩みの相談をためらう心理」
6. 2016/02 平成27年度北海道家族支援体制整備事業 ペアレントメンター養成ベーシック研修講座(道南)講師「相談の基礎技術」(2016.02.20-2016.02.21)
7. 2016/02 北海道函館市立桐花中学校 生徒指導研修会講師「年度初めに実施する予防的・開発的教育相談の具体例と留意点」
8. 2016/02 北海道函館市立北中学校 生徒指導研修会講師「発達障害のある子どもの人間関係づくりの支援」
9. 2016/02 北海道函館中部高等学校定時制(第1学年) ステップアップ・プログラム講師「上手な聴き方スキル」
10. 2016/02 北海道函館中部高等学校定時制(第1学年) ステップアップ・プログラム講師「上手な伝え方スキル①」
全件表示(219件)
北海道教育大学 研究者総覧