北海道教育大学 研究者総覧 北海道教育大学 ホームページ
   研究者総覧TOP   

小野 亮祐
オノ リョウスケ/ONO Ryosuke
 
お問い合わせ
基本情報
所  属釧路校
職  名准教授
所属講座音楽教育
電話(D・I)
学位
1. 1999/03/23 学士(教養)(大阪教育大学)
2. 2001/03/23 修士(教育学)(広島大学)
3. 2010/03/04 博士(学術)(広島大学)
関連リンク
  安田寛・小野亮祐 Web連載コラム『バイエルの謎』その後~無自覚な音楽史
所属学会
1. 2009/01~ 音楽教育史学会
2. 2007/06~ 日本音楽教育学会
3. 2007/02~ 音楽表現学会
4. 2014/11~2016/09 ∟ 学会論文集編集委員長
5. 2011/07~2015/06 ∟ 編集委員会 委員
6. 1995/09~ 日本音楽学会
委員会・協会等
1. 2015/04~2016/03 道民カレッジ大学インターネット講座 制作政策委員会 制作委員
現在の専門分野
  美学・美術史, 教科教育学, 教育学
西洋音楽教育史, 西洋音楽史
(キーワード:鍵盤楽器教本、レーライン、音楽教本) 
研究テーマ
1.   18世紀~19世紀ドイツにおける音楽教授  個人研究 
2.   明治期~大正期におけるドイツと日本の音楽教育の関係  個人研究 
研究内容
明治期~大正期におけるドイツと日本の音楽教育の関係
18世紀~19世紀ドイツにおける音楽教授
授業科目
1. カリキュラム開発研究I
2. カリキュラム開発研究II
3. 音楽の教育
4. 音楽科教育学特論
5. 音楽学特別演習
6. 音楽学特論
7. 音楽史
8. 音楽文化研究I
9. 音楽文化研究II
10. 芸術演習III
全件表示(18件)
著書、学術論文
1. 著書  『バイエル』原典探訪 知らざる自筆譜・初版譜の諸相  (共著)  2016/04
2. 論文  「バロック」とはそれほど異文化的なのか?-18世紀後半から19世紀前半の音楽教本における装飾音と通奏低音の教程の検討より-  (単著)  2010/12
3. 著書  音楽科における「音楽文化の理解」の能力形成とその可能性  (共著)  2017/03
4. 論文  19世紀ドイツの手稿譜を読む―その教育的な内容と構成に注目して―  (単著)  2016/11
5. 論文  教員養成課程における「脱教科型学び」の構想  (共著)  2016/08
6. 論文  18世紀~19世紀ドイツの手稿譜における教育的内容についてお資料研究 1 ~ドイツ・アルテンブルクに残された手稿譜に焦点を当てて~  (単著)  2016/02
7. 論文  18世紀~19世紀前半ごろのドイツにおける音楽教授の諸相とその研究手法について  (単著)  2015/12
8. 論文  『バイエルピアノ教則本』École Préliminare de Pianoの初版について -複数の初版とその版数および刷りの解明―  (共著)  2015/08
9. 論文  音楽科における「音楽文化についての理解」に関する考察  (単著)  2014/12
10. 論文  小学校音楽科における歌唱指導法に関する一考察-「モデル・パターン方式」に着目して  (共著)  2014/12
全件表示(32件)
作曲・作品・演奏・指揮・出場競技等
1. 2009/06 Hofkonzert(ヘルマンハープの演奏会)『Hofkonzert』(Gülchsheim(ドイツバイエルン州)のHermann Veeh GmbH社社屋において)
2. 2008/12 CD制作『会えるそのときまで』(CD番号FMVC-1)『CD制作『会えるそのときまで』(CD番号FMVC-1)』
月刊誌、書評、報告集及びコラム
1. 2017/10 CD "YOSHIKI FUJII PLAYS CHOPIN II" の楽曲解説
2. 2017/09 第14回 成功した音楽家と落ちぶれた音楽家(Web連載『バイエルの謎』その後~無自覚な音楽史 (音楽之友社サイトhttp://www.ongakunotomo.co.jp/web_content/bayer_sonogo/index.html))
3. 2017/02 第13回 1819年のライプツィヒ音楽界の定点観測(Web連載『バイエルの謎』その後~無自覚な音楽史 (音楽之友社サイトhttp://www.ongakunotomo.co.jp/web_content/bayer_sonogo/index.html))
4. 2017/01 「佐久間聡一 ヴァイオリンリサイタル」の楽曲解説(佐久間聡一 ヴァイオリンリサイタル)
5. 2016/12 「藤井快哉 ピアノリサイタル」の楽曲解説(藤井快哉 ピアノリサイタル)
6. 2016/07 第12回 ライプツィヒ時代のバイエル②・・・自覚された音楽史と無自覚の音楽史(Web連載『バイエルの謎』その後~無自覚な音楽史 (音楽之友社サイトhttp://www.ongakunotomo.co.jp/web_content/bayer_sonogo/index.html))
7. 2016/06 CDブックレット曲目解説("die Liebe 6 Schumann und Brahms" Nr.3 (制作・発売KONTA Inc.))
8. 2016/06 「AURAS Trio Ricital」の楽曲解説(AURAS Trio Ricital)
9. 2016/05 第11回
バイエルのライプツィヒ時代②~トーマス教会聖歌隊員としてのバイエル(Web連載『バイエルの謎』その後~無自覚な音楽史 (音楽之友社サイトhttp://www.ongakunotomo.co.jp/web_content/bayer_sonogo/index.html))
10. 2016/02 札響名曲シリーズ 「躍動するベートーヴェン」 曲目解説
全件表示(39件)
学会発表・講演
1. 2016/07 シューベルトの歌曲について(プレトーク)(浅井隆仁&小木曽美津子 リート・リサイタル)
2. 2016/05 小学校教員養成課程での音楽学(日本教育大学協会音楽部門大学部会長野大会)
3. 2015/08 19世紀ドイツの手書き楽譜を読む―その教育目的と構成―(日本音楽教育学会北海道地区例会)
4. 2015/06 『バイエルピアノ教則本の自筆譜調査について』 — マインツ・ショット社史料室での調査について -(日本音楽表現学会第13回大会「美ら島大会」)
5. 2014/08 ドイツ・アルテンブルクに残された 19世紀初めの手書きの音楽教本について(日本音楽教育学会北海道地区支部例会)
6. 2013/10 ベルリン国立図書館所蔵の『バイエルピアノ教則本』について ―複数の初版を比較して―(日本音楽教育学会)
7. 2012/08 ドイツのオルガン教授史研究 ―島崎赤太郎を中心とした、洋楽黎明期の日本のオルガン教授に至るまで―(日本音楽教育学会北海道地区例会)
8. 2010/09 18世紀ドイツにおける音楽教本の諸相~子供用教本に注目して~(関西楽理研究会)
9. 2009/10 ライプツィヒ時代の島崎赤太郎 ライプツィヒ音大にのこされた資料を中心に(日本音楽教育学会第20回大会)
10. 2009/05 18世紀ドイツにおける音楽教授の需要-バッハ、モーツァルト、ベートーヴェンの時代に誰がどのような音楽の教授を望んだのか?-(音楽教育史学会22回大会)
全件表示(14件)
外部補助金等
1. 2016/04~  Musicus・Musikant の概念を用いた近代ドイツ音楽教授史の総合的な研究  (若手研究(B))
2. 2014/04~2017/03  学力困難地域における学校・家庭・地域を通じた総合的な学力向上推進方策に関する研究  (基盤研究(B))
3. 2012/04~2016/03  18~19世紀ドイツの鍵盤楽器教授に見る鍵盤楽器奏者の多様性とその史的展開  (若手研究(B))
4. 2005/10~2006/09  レーラインの鍵盤楽器教本に関する研究  (ドイツ学術交流会(DAAD)給費奨学生)
職歴
1. 2009/04~2011/03 くらしき作陽大学 音楽学部音楽教育学科 非常勤講師
2. 2009/10~2011/03 奈良教育大学 教育学部 非常勤講師
3. 2011/04~ 北海道教育大学釧路校 教育学部 准教授
資格・免許
1. 1999/03/23 博物館学芸員
社会における活動
1. 2016/12 「バイエル」原典探訪:知られざる自筆譜・初版譜の諸相 レクチャーコンサート
2. 2016/06 日本音楽表現学会全国大会実行委員
3. 2016/05~ 日本教育大学協会音楽部門大学部会北海道地区代表
4. 2015/04~2016/03 道民カレッジ大学インターネット講座 制作委員
5. 2014/12~2016/09 日本音楽表現学会 論文集『音楽表現学のフィールド2』編集委員長
6. 2013/10~2013/10 くしろ市民大学 講師 『バッハの音楽とともに巡る中部ドイツの諸都市』
7. 2012/10 釧路市民大学講師 「バッハで巡るドイツの都市と音楽」
8. 2011/07~2015/06 日本音楽表現学会 編集委員会 委員
IMG_8413.jpg パリのカタコンブにて
IMG_0830 (2).JPG クリストフォリのピアノ(ライプツィヒ大学楽器博物館)
IMG_0829 (2).JPG クリストフォリのピアノ(ライプツィヒ大学楽器博物館)
Musiklehrbuch.jpg 18世紀末ドイツの手書きの音楽教本(作者不詳)
北海道教育大学 研究者総覧