北海道教育大学 研究者総覧 北海道教育大学 ホームページ
   研究者総覧TOP   

笠原 究
カサハラ キワム/KASAHARA Kiwamu
 
お問い合わせ
基本情報
所  属旭川校
職  名教授
所属講座英語教育
電話(D・I)0166-59-1273
学位
1. 1987/03/31 文学学士(筑波大学)
2. 2005/03/25 教育学修士(筑波大学)
所属学会
1. 2016/04~ The Japan Association for Language Teaching
2. 2013/10~ 中部英語教育学会
3. 2011/04~ 小学校英語教育学会
4. 2012/04 ∟ 紀要編集委員
5. 2006/04~ 関東甲信越英語教育学会
6. 2006/04~2010/03 ∟ 紀要委員
7. 2004/04~ 大学英語教育学会
8. 2010/04~ ∟ 紀要委員
9. 2004/04~ 日本英語テスト学会
10. 2003/06~ 全国英語教育学会
全件表示(16件)
委員会・協会等
1. 2016/04/01~ 紀要編集委員会
2. 2015/04/01~ 教員免許更新講習実施委員会
3. 2012~2013 教員免許更新講習実施委員会
4. 2010~ 教育実習委員会 委員長(2013-2015)
現在の専門分野
  英語教育
第2言語習得, 語彙習得, コロケーション
(キーワード:意図的語彙学習、コロケーション) 
研究テーマ
1. 2015/04~  発話流暢性を向上させる語彙・文法指導  国内共同研究  (キーワード:スピーキング、流暢性、語彙指導、文法指導)
2. 2013/04~  2語から成るコロケーションによる語彙学習リストの作成  国内共同研究  (キーワード:コロケーション、語彙リスト、意図的語彙学習)
3. 2010/04~2014/03  語彙知識測定による英語能力の推定:語彙サイズ、構成、アクセス速度の観点から  国内共同研究  (キーワード:語彙知識、語彙サイズ、語構成、アクセス速度)
4. 2010/04~2013/03  Effects of tow-word collocations on intentional vocabulary learning  個人研究  (キーワード:vocabulary, collocations, intentional learning)
5. 2010/04~2013/03  外国語活動のための語彙・表現集の作成  国内共同研究  (キーワード:外国語活動、語彙)
研究内容
現在は、意図的語彙学習における、「既知語+新出語」というコロケーションの有効性について研究しています。新たに単語を覚える際には、単独で覚えるより、すでに知っている語を結びつけることが有効であることを実験により証明することができました。さらに、覚えるための手掛かりとなる既知語の質や、学習者との語彙サイズとの関係を明らかにしようとしています。平成22年度より科研費をもらって研究を続けています。
 その他には、別の科研プロジェクトで、学習者の語彙知識測定に関する研究に加わり、コロケーション知識を測定するテストを開発しています。さらに、もう一つの科研プロジェクトで、小学生の語彙知識を調べる調査も行っています。
 平成25年度からは、新たに科研費をもらい、既知語+未知語のコロケーションリストを作成しています。JACET8000の最頻出の1000語を「既知語」に設定し、それと結びつく2000語レベルから4000語レベルの語をCOCAを使って抽出しています。現在成果をまとめ、公開に向け準備をしています。
 平成27年度からは語彙学習の効果的な繰り返し方について研究を進めていく予定です。また、EFL環境に適した指導法、Hybrid PPPについての研究も進めていきたいと考えています。
担当講義
外国語(英語)Ⅰ、Ⅲ、Ⅳ
英語教育学演習Ⅰ
中学校英語科教育法Ⅰ、Ⅲ
高等学校英語科教育法Ⅰ
英語教育学特別演習
英語科教育学特別演習Ⅱ
英語科教育学特論Ⅱ
著書、学術論文
1. 著書  『英語で教える英語の授業-その進め方・考え方』  (共著)  2016/10
2. 論文  Are Japanese university EFL learners aware of the retrieval effect?  (共著)  2016/08
3. 著書  大学英語教育学会基本語リスト 新JACET8000  (共著)  2016/04
4. 論文  The Effect of Word Retrieval on L2 Vocabulary Learning  (共著)  2016/02
5. 論文  Which is Bettter for Intentional Vocabulary Learning: Expanding Space or Equally-Spaced Retrieval Practice?  (共著)  2015/08
6. 論文  Which Cues, Adjectives or Verbs, Provide Most Assistance for Remembering New Nouns?  (単著)  2015/03
7. 著書  日本人学習者に合った効果的英語教授法入門  (共著)  2015/01
8. 論文  大学入試における英語問題  (単著)  2014/08
9. 著書  『語彙知識測定による英語能力の測定:語彙サイズ、構成、アクセス速度の観点から』平成22-25年度科学研究費補助金 基盤研究(B)研究成果報告書  (共著)  2014/03
10. 著書  『2語から成るlコロケーションが意図的語彙学習に与える影響』 平成22-24年度科学研究費補助金研究基盤(C) 研究成果報告書  (単著)  2013/03
全件表示(32件)
月刊誌、書評、報告集及びコラム
1. 2016/02 Providing i+1 input with gestures(『英語教育』2016年3月号 大修館書店)
2. 2016/01 The role of the L1 use in the L2 classroom(『英語教育』2016年2月号 大修館書店)
3. 2015/12 More spoken English in English Classes!(『英語教育』2016年1月号 大修館書店)
4. 2015/11 Thinking about communicative approaches(『英語教育』2015年12月号 大修館書店)
5. 2015/10 Traditional teaching methods(『英語教育』2015年11月号 大修館書店)
6. 2015/09 TBLT or PPP; Why Not "Hybrid" PPP?(『英語教育』2015年10月号 大修館書店)
7. 2015/04 教案を読み解くポイントー目標・構成・評価に着目して(『英語教育』2015年4月号. pp. 34-35. 東京:大修館)
8. 2014/05 書評『小中連携を意識した中学校英語の改善』(『英語教育』2014年5月号p.90)
9. 2014/03 『語彙知識測定による英語能力の測定:語彙サイズ、構成、アクセス速度の観点から』平成22-25年度科学研究費補助金 基盤研究(B)研究成果報告書
10. 2013/03 『2語から成るlコロケーションが意図的語彙学習に与える影響』 平成22-24年度科学研究費補助金研究基盤(C) 研究成果報告書
全件表示(16件)
学会発表・講演
1. 2016/12 How to increase your English vocabulary(平成28年度北海道旭川南高等学校大学出張講義)
2. 2016/11 How to make your students active through English lessons(平成28年度 オホーツク管内英語教育研究大会)
3. 2016/11 Introducing the concept of active learning into Englsih lessons(平成28年度 第48回上川・旭川地区中学校・高等学校英語科連絡合同研究会)
4. 2016/11 Teaching vocabulary in the Japanese EFL environment(長野県 秋の外国語教育研究会)
5. 2016/10 アクティブラーニングの考えを取り入れた生徒を動かす授業づくり(2016年度 胆英研研究大会)
6. 2016/08 Active Learningの考えを取り入れた生徒を動かす授業づくり(胆振英語教育研究協議会サマーセミナー)
7. 2016/07 How to make your students active in listening and speaking activities(平成28年度 上川教育センター研修講座)
8. 2016/06 PPP or TBLT: Why not "hybrid" PPP in English?(The 14th Asia TEFL International Conference and 11th FEELTA International Conference)
9. 2016/06 Teaching vocabulary in EFL situations in Japan(The 46th Annual Meeting of Chubu English Ediucation Society)
10. 2016/01 The Effects of Expanding and Equally Spaced Retrival Practice on Long-term L2 Vocabulary Retention(The 14th Hawaii International Conference on Education)
全件表示(73件)
受賞学術賞
1. 2005/05 第21回金子賞懸賞論文秀作
2. 2005/03 筑波英語教育学会第7回新人賞
外部補助金等
1. 2015/04~  発話流暢性を向上させる語彙・文法指導  (基盤研究(C))
2. 2013/04~  2語から成るコロケーションによる語彙学習リストの作成  (基盤研究 (C))
3. 2010/04~2014/03  語彙知識測定による英語能力の推定:語彙サイズ、構成、アクセス速度の観点から  (基盤研究(B))
4. 2010/04~2013/03  2語から成るコロケーションが意図的語彙学習に与える影響  (基盤研究(C))
5. 2010/04~2013/03  外国語活動のための語彙・表現集の作成  (基盤研究(C))
職歴
1. 1987/04~1994/03 北海道沼田高等学校 その他(教員)
2. 1994/04~2006/03 北海道旭川東高等学校 その他(教員)
3. 2006/04~2009/03 聖徳大学 人文学部英米文化学科 専任講師
4. 2009/04~2010/02 聖徳大学 人文学部英米文化学科 准教授
5. 2010/03~2012/03 北海道教育大学旭川校 教育学部 准教授
6. 2012/04~ 北海道教育大学旭川校 教育学部 教授
資格・免許
1. 1987/03/25 高等学校教諭2級普通免許状(茨城県教育委員会)
2. 1987/03/25 中学校教諭1級普通免許状 英語 (茨城県教育委員会)
3. 2005/03/25 高等学校教諭専修免許状(茨城県教育委員会)
4. 2005/03/25 中学校教諭専修免許(茨城県教育委員会)
社会における活動
1. 2012/04~ 英語教師の会MATEの開催
2. 2010/04~ 上川教育研修センター「外国語科(英語)指導」研修講座講師
北海道教育大学 研究者総覧