北海道教育大学 研究者総覧 北海道教育大学 ホームページ
   研究者総覧TOP   

廣田 健
ヒロタ タケシ/HIROTA Takeshi
 
お問い合わせ
基本情報
所  属釧路校, 学校・地域教育研究支援センター:へき地教育研究支援部門
職  名教授
所属講座学校教育
電話(D・I)0154-44-3384
学位
1. 1987/03 法学士(中央大学)
2. 1991/03 法学修士(専修大学)
3. 1994/03 修士(教育学)(中央大学)
所属学会
1. 2016/05~ 大学評価学会
2. 2004/04~ 北海道教育学会
3. 2003/04~ 日本教育学会
4. 1999/07~ 日本教師教育学会
5. 1995/04~ 日本教育政策学会
6. 2005/06~2008/06 ∟ 理事
7. 1995/04~ 日本教育法学会
8. 1995/04~ 日本社会教育学会
委員会・協会等
1. 2015/04/01~ 標津町教育委員会外部評価委員会 委員
2. 2009/07/01~ 釧路保護司選考委員会 委員
3. 2002/09/01~2004/03/31 埼玉県鶴ヶ島市教育審議会 調査研究協力者
4. 2000/04/01~2004/03/01 埼玉県鶴ヶ島市公民館運営審議会 委員
5. 1995/04/01~1997/03/31 川崎市市民オンブズマン 専門調査員
現在の専門分野
  教育学, 新領域法学, ジェンダー
教育制度・学校経営, 教育政策・教育法・教育行政, 社会教育
(キーワード:開かれた学校づくり、 子ども・保護者の参画、地域づくりと学校・教育、教育基本権、教員免許状更新制度、へき地小規模校研究) 
研究テーマ
1. 2015/04~  アイヌ文化と教育  国内共同研究 
2. 2015/04~  大学ガバナンス  国内共同研究 
3. 2008/04~  教員免許状更新制度  個人研究  (キーワード:教員免許状、教員研修、教員の資質向上)
4. 2005/04~  地域社会と学校教育  個人研究  (キーワード:地域社会、学校教育)
5. 2004/04~  へき地における学校経営  個人研究  (キーワード:学校経営、へき地教育)
研究内容
現在、全国で進行している教育改革が、地域社会と学校教育に及ぼす影響について考察している。研究にあたっては、地域・学校をめぐる教育政策の合意形成のあり方について、子ども・保護者・住民参加と教職員との協働の学校づくりの推進の視点から考察をすすめている(特に、近年は、北海道・道東の大部分を占めるへき地・小規模校における学校経営について重点的に調査を行っている)。
担当講義
学部の主な講義:教育の制度と社会,学校経営と学級経営,教育と社会・法と制度,学校・地域文化体験入門,授業開発演習(現代社会論・地域教材論),学校経営と学校図書館,へき地校体験実習,学校体験・地域理解実習,教職実践演習,生涯学習論(函館校への出張講義),アカデミックスキル(一部担当),倫理・人権(一部担当),教育の基礎と理念(~2013年度)
大学院の主な講義:教育制度特論,学校経営特論Ⅰ,学校経営特別演習
著書、学術論文
1. 論文  北海道道東で進む学校統廃合の動向と教育の課題  (単著)  2017/03
2. 論文  沖縄戦を題材とした平和教育教材の開発 ―「1枚の絵」の議論を通じて「戦争の本質」を考える  (共著)  2016/12
3. 著書  学校教育法実務総覧  (共著)  2016/07
4. 著書  2016年版 ハンディ教育六法  (共著)  2016/04
5. 著書  現代日本の教育を考える ― 理念と現実  (共著)  2016/04
6. 著書  アラスカと北海道のへき地教育  (共著)  2016/03
7. 論文  学区制と地域―学校選択制と学校統廃合を通じて考える  (単著)  2015/12
8. 論文  実物教材を使用した授業―中学校社会科における授業開発研究  (共著)  2015/12
9. 論文  道東三管内における学校動物飼育に関するアンケート調査の分析  (共著)  2015/12
10. 著書  2015年版 ハンディ教育六法  (共著)  2015/04
全件表示(69件)
月刊誌、書評、報告集及びコラム
1. 2014/07 子ども、父母参加の学校づくり ― 多様で豊かな繋がりからはじまる学校づくり(2014 北海道の教育―教育実践の集約と理論化 2014年 合同教育研究全道集会実行委員会)
2. 2014/03 北海道教育大学必修領域テキスト作成部会『教員免許状更新講習 必修領域講座講師用テキスト』(改訂版)
3. 2013/05 生活保護の現状と課題 ― 北海道・釧路から(歴史教育者協議会『歴史地理教育』2013年5月号No.804 36頁-37頁)
4. 2013/03 北海道教育大学必修領域テキスト作成部会『教員免許状更新講習 必修領域講座講師用テキスト』(改訂版)
5. 2012/08 子ども・父母参加の学校づくり ― 共同を積み重ねることの意義(合同教育研究集会実行委員会編『北海道の教育2012』2013年8月)
6. 2012/03 北海道教育大学必修領域テキスト作成部会『教員免許状更新講習 必修領域講座講師用テキスト』(改訂版)
7. 2011/03 北海道教育大学必修領域テキスト作成部会『教員免許状更新講習 必修領域講座講師用テキスト』(改訂版)
8. 2011/03 廣田健・広重真人「ベトナム、人と環境」(文部科学省現代的教育ニーズ支援プログラム(現代GP)選定(平成19 年度)「持続可能な社会実現への地域融合キャンパス-東北海道発ESD プランナー養成・認証プロジェクト-」事業完了報告書197頁~202頁)
9. 2010/05 日本の教育はどこへゆこうとしているのか(釧路民間教育研究団体連絡協議会『'09 釧路教育評論』4頁~28頁)
10. 2010/03 北海道教育大学必修領域テキスト作成部会『教員免許状更新講習 必修領域講座講師用テキスト』
全件表示(39件)
学会発表・講演
1. 2016/05 アクティブ・ラーニング導入の背景と課題(北海道厚岸町太田小学校・中学校合同研修会)
2. 2016/05 北海道教育大学のガバナンス改革(大学評価学会第13回大会)
3. 2015/12 地域の子どもを育てるために何が必要か―家庭と地域・学校をつなぐ具体的な方法をさぐる(平成27年度 青少年問題を考える地域懇話会(標津町))
4. 2014/05 地域における子どもの貧困と「子ども貧困対策法」(日本教育法学会第44回定期総会・公開シンポジウム)
5. 2013/10 へき地校体験実習の成果と教師教育の実践的課題(平成25年度日本教育大学協会研究集会)
6. 2013/03 北海道・道東地域における学校統廃合と学力向上政策(日本教育政策学会三月研究会)
7. 2012/08 北海道・道東地区における地域と学校をめぐる課題(第52回社会教育研究全国集会)
8. 2011/01 法教育と憲法・人権教育の関係ー法務省・法教育研究会「報告書」の批判的検討を通して(北海道教育学会第55回研究発表大会)
9. 2010/06 ニートは怠惰な若者か? ― 若者の自立と支援を考える(釧路市青少年問題協議会)
10. 2010/01 ベトナム、人と環境―大学生の地域調査の取り組みを通じて(北海道教育大学釧路校平成21年度一般公開講座「ESDの現在-世界の現場からのリポート」)
全件表示(30件)
外部補助金等
1. 2016/04~2019/03  アイヌ文化を取り入れた系統的カリキュラムと地域教材の開発―大量消費社会への挑戦  (萌芽的研究)
2. 2014/04~2017/03  学力困難地域における学校・家庭・地域を通じた総合的な学力向上推進方策に関する研究  (基盤研究(B))
3. 2011/04~2014/03  実践力ある教員養成カリキュラム開発と地域貢献のための教材データーベース構築の試み  (科学研究費補助金基盤研究(C))
4. 2009/04~2011/04  限界過疎地におけるコミュニティネットワーク型まちづくりの推進方策に関する研究  (科学研究費補助金基盤研究(C))
5. 2006/04~2007/04  コミュニティスクールの発展と連動した「総合的な学習」のカリキュラム開発  (科学研究費補助金 基盤研究(C))
6. 2005/04~2008/03  新自由主義教育改革の理論、制度および実態に関する日英米比較研究-市場ではなくヒエラルキーを基礎に置くアプローチによる新自由主義教育改革の再構成-  (科学研究費補助金 基盤研究(B)(一般))
7. 2004/04~2005/04  市町村合併下における基礎自治体住民の自治力量形成に関する実証的研究  (科学研究費補助金 基盤研究(C)(1))
職歴
1. 2004/04~2014/03 北海道教育大学 教育学部 釧路校 准教授(2008年4月に助教授より職名変更)
2. 2010/05~ 北海道教育大学 学校・地域教育研究支援センター・へき地教育研究支援部門 センター員
3. 2014/04~ 北海道教育大学 教育学部 釧路校 教授
syouzou01.jpg
北海道教育大学 研究者総覧