北海道教育大学 研究者総覧 北海道教育大学 ホームページ
   研究者総覧TOP   

廣重 真人
ヒロシゲ マコト/HIROSHIGE Makoto
 
お問い合わせ
基本情報
所  属釧路校
職  名准教授
所属講座学校教育
電話(D・I)0154-44-3359
学位
1. 1987/03/25 工学士(北海道大学)
2. 1989/03/25 工学修士(北海道大学)
3. 1992/03/25 博士(工学)(北海道大学)
関連リンク
  Makoto Hiroshige Lab. - 北海道教育大学広重研究室
  広重ゼミブログ - ゼミや行事などの様子をお伝えします。
  広重研moodle : e-Learningシステムを利用した授業のサイトです。
  北海道教育大学釧路校 教育内容・方法研究室 web サイト
  オリジナルミュージカル「シレネッタ〜永遠の夢〜」標津町公演の様子
所属学会
1. IEEE
2. 情報処理学会
3. 電子情報通信学会
4. 日本音響学会
5. 日本音声学会
現在の専門分野
  教科教育学, 教育工学
情報基礎, 教科外教育
(キーワード:情報技術教育、情報メディア技術、ものづくり、音楽) 
研究テーマ
1. 2008/12~  【教育関連】PC プロジェクタを背景などに活用し、教育楽器や手作り楽器による生演奏音楽を伴った、子ども向け劇作品の制作・上演  機関内共同研究  (キーワード:音楽劇、教育楽器、手作り楽器、生演奏、PC活用)
2. 2008/04~  【教育関連】コンピュータとものづくりとの融合・芸術分野への活用  機関内共同研究  (キーワード:コンピュータ、ものづくり、芸術分野、音楽)
3. 2006/04~  【教育関連】パーソナルコンピュータを活用した効果的な教材制作方法・コンピュータやネットワークを安全に利用する方法を伝える授業の構成例  個人研究  (キーワード:パーソナルコンピュータ、マルチメディア、教材)
4. 2003/12~2009/03  【音声関連】日本語音声における韻律情報の分析と知覚評価  個人研究 
研究内容
【教育関連】
パーソナルコンピュータを活用した効果的な教材制作方法や、コンピュータやネットワークを安全に利用する方法を伝える授業の構成例などを、学生とともに調べています。また、コンピュータとものづくりとの融合、さらには芸術分野への活用などにも興味があります。最近は総合的な応用として、PC プロジェクタを背景などに活用し、教育楽器や手作り楽器による生演奏音楽を伴った、子ども向け劇作品の制作・上演にも学生とともに取り組んでいます。主に標津町で子どもたちの前で上演しています。
【音声関連】
音として伝わる話し言葉には、普通は文字に書き表さないさまざまな情報が含まれています。
声の高さの上がり下がり、声の大きさ、話す速さやリズム、間合いなどです。これらの情報を音声認識や音声合成などの工学分野でどのように活用するか、信号分析と人間の知覚の両面から研究してきました。
担当講義
情報メディア教材研究、授業開発演習、学校体験・地域理解実習、情報機器の操作など
著書、学術論文
1. 論文  手作り簡易パイプオルガンの制作と子ども向け科学行事での展示  (単著)  2016/03
2. 論文  たたら製鉄授業用足踏みふいご改良第2号の製作  (共著)  2015/03
3. 論文  教員養成大学の演習における3Dプリンタキット組立て実習と試運転の実践  (単著)  2015/03
4. 論文  小学校教員養成課程の大学研究室活動における技術科的な需要と対応の一例  (単著)  2014/03
5. 論文  小学校におけるたたら製鉄実践授業で用いる組み立て式足踏みふいごの製作  (共著)  2012/03
6. 論文  アニメーションの仕組みを提示するための映写機「テアトル・オプティーク」模型教材の制作  (共著)  2011/03
7. 論文  ブログを題材としたコミュニケーションについて考える授業プランの試作  (共著)  2011/03
8. 論文  小学校における情報技術に関わる授業プランの試作と試行的授業実践  (共著)  2011/03
9. 論文  複数撮影者での運用を想定した写真収集・閲覧・利用のためのウェブアプリケーションシステムの試作  (単著)  2010/03
10. 論文  Flashを用いた中国語語学教育教材の作成  (共著)  2009/03
全件表示(26件)
作曲・作品・演奏・指揮・出場競技等
1. 2016/07 標津町サイエンスフェア『人形音楽影絵劇「おくりものはナンニモナイ」』(標津町生涯学習センター「あすぱる」)
2. 2015/11 学内展示「パイプオルガンワールド」『学内展示「パイプオルガンワールド」』(北海道教育大学釧路校1階掲示板前ホール)
3. 2015/11 北海道科学の祭典釧路大会「サイエンス屋台村」『科学の祭典ブース出展「パイプオルガンワールド」』(釧路市こども遊学館)
4. 2015/10 標津町図書館まつり・児童館まつり『音楽つき絵本おはなし会「おふろだいすき!ぷっぺ」』(標津町文化ホール)
5. 2015/07 標津町サイエンスフェア『人形音楽影絵劇「ごめんなさいがいえなくて」』(標津町生涯学習センター「あすぱる」)
6. 2015/07 標津町サイエンスフェア『サイエンスフェアブース出展「パイプオルガンワールド」』(標津町生涯学習センター「あすぱる」)
7. 2014/12 オリジナルミュージカル「シレネッタ〜永遠の夢〜」釧路校公演『オリジナルミュージカル「シレネッタ〜永遠の夢〜」』(北海道教育大学釧路校多目的室)
8. 2014/10 標津町図書館まつり・児童館まつり『オリジナルミュージカル「シレネッタ〜永遠の夢〜」』(標津町文化ホール)
9. 2014/07 標津町サイエンスフェア『人形音楽影絵劇「はじめてのおつかい」』(標津町生涯学習センター「あすぱる」)
10. 2014/01 標津町サイエンスフェア『サイエンスフェアブース出展「弦楽器にさわってみよう」』(標津町生涯学習センター「あすぱる」)
全件表示(26件)
学会発表・講演
1. 2010/11 「パソコンの基本原理を楽しみながら理解しよう」〜アンプラグドコンピュータサイエンス〜(釧路管内高等学校情報教育研究会)
2. 2004 A Multi-dimensional Dynamic Measure for Detecting Local Speech Rate Variation(情報科学技術フォーラム(FIT))
3. 2003 音声障害者音声の健常者音声への帰納的学習を用いた音声変換手法の提案と基礎実験(情報処理学会第65回全国大会講演論文集)
4. 2003 喉頭摘出者音声の健常者音声への帰納的学習を用いた音声変換手法の有効性の一検討(情報科学技術フォーラム(FIT))
5. 2003 喉頭摘出者支援のための音響的特徴を利用した音声変換手法の評価とその課題(日本音響学会秋期全国大会講演論文集)
6. 2003 自由会話音声における句平均モーラ持続長と句末モーラ持続長の分析(日本音響学会秋期全国大会講演論文集)
7. 2003 主題部分・非主題部分の対比を韻律加工により表現した合成音声の印象評価(日本音響学会春期全国大会講演論文集)
8. 2003 主題部分・非主題部分を対比させた発話の韻律的特徴の分析(日本音響学会秋期全国大会講演論文集)
9. 2003 種々の発話速度における単語音声の連鎖母音持続長と開口度変化の関係について(日本音響学会春期全国大会講演論文集)
10. 2003 種々の発話速度における連鎖母音と単一母音の持続長変化傾向について(第17回日本音声学会全国大会予稿集)
全件表示(12件)
外部補助金等
1. 2011/04~2014/03  実践力ある教員養成カリキュラム開発と地域貢献のための教材データベース構築の試み  (基盤研究(C))
2. 2007/04~2009/03  授業音声における発話速度の自動測定  (基盤研究(C))
職歴
1. 1992/04~2003/11 北海道大学 工学研究科 助手
2. 2003/04~2006/03 北海道教育大学 教育学部 講師
3. 2006/04~2007/03 北海道教育大学 教育学部 助教授
4. 2007/04~ 北海道教育大学 教育学部 准教授
北海道教育大学 研究者総覧