北海道教育大学 研究者総覧 北海道教育大学 ホームページ
   研究者総覧TOP   

橋本 忠和
ハシモト タダカズ/HASHIMOTO Tadakazu
 
お問い合わせ
基本情報
所  属函館校
職  名教授
所属講座美術教育
電話(D・I)
学位
1. 1984/03/31 学士(四国学院大学)
2. 2000/03/31 修士(兵庫教育大学)
3. 2010/03/26 博士(学校教育学)(兵庫教育大学)
関連リンク
  図工大好き橋本ゼミin函館
所属学会
1. 2016/05~ 日本アートマネジメント学会 北海道部会
2. 2014/10~ 北海道教育大学函館学校教育学会
3. 2014/04~ 日本教育大学協会全国美術部門
4. 2014/04~ 北海道教育大学函館人文学会
5. 2010/02~ 感覚をつないでひらく芸術教育を考える会
6. 2007/11~ 国際美術教育学会(INSEA)
7. 2007/07~ 環境芸術学会
8. 2006/08~ 日本美術教育学会
9. 2005/10~ 和文化教育研究学会
10. 2000/04~ 大学美術教育学会
全件表示(14件)
委員会・協会等
1. 2017/04/01~ 日本教育大学協会北海道地区代議員 代議員
2. 2017/03/23~2019/03/22 一般社団法人日本実践美術教育学会 監事
3. 2016/06/25~2016/07/12 日本美術教育学会奨励賞審査委員 第9回美術教育実践研究奨励賞審査委員
4. 2016/05/26~ 日本文教出版株式会社 中学校美術科教科書編集委員会 中学校美術教科書(H33年度版)編集・執筆委員
5. 2015/06/07~2016/09/18 第55回大学美術教育学会北海道大会 準備委員会 協賛企業への渉外担当
6. 2015/04/01~ 大学美術教育学会 北海道大会準備委員会 準備員会委員 記録及び大会テーマ作成等
7. 2015/04/01~2018/03/31 日本美術教育学会委員 委員会委員:北海道・東北ブロック
8. 2014/12/01~2015/02/01 北海道教育大学校創立百周年記念美術・書道展実行委員会 実行委員
9. 2014/11/01~ 和文化教育研究学会 北海道地区支部長
10. 2011/04/01~ 兵庫教育大学大学院連合学校教育研究科同窓会 監事
全件表示(16件)
現在の専門分野
  国内外の環境芸術及びパブリックアートの歴史, 学生・教員のエンパワーメントを高める実習や教育現場のエンパワーコミュニケーション, 地域ブランドの教材化, 市民教育と美術教育の連携, クリエイティブパートナーシップの研究, 表現及び鑑賞活動による幼・小・中学校の連携, 地域ブランド(食文化)と美術教育の連携, 教員のセルフエフィカシーと美術教育の研修会の関連, 拡張的な学習としてのアート・プロジェクト及び伝統文化学習
美術教育, 社会教育(市民教育), 学校教育(教育方法)
(キーワード:教育方法 教材化研究 拡張的学習(アクティブ・ラーニング) 美術教育史 環境芸術 パブリックアート ESD教育 市民教育 異校種連携 地域ブランド セルフエフィカシー クリエイティブパートナーシップ) 
研究テーマ
1. 2016/04~  創造的な学習ツールとしてタブレットパソコンを活用した幼小中を貫くアクティブラーニングのカリキュラム及び題材開発の研究 ―教員・学生のICTを活かす教職機能強化を図りながらー  機関内共同研究  (キーワード:学長戦略経費(重点分野研究プロジェクト))
2. 2015/04~2016/03  地域・食文化交流センターを活用した教員機能養成カリキュラム研究  個人研究  (キーワード:北海道教育大学学長裁量   個人研究支援経費)
3. 2015/04~2016/03  函館校における学生参加型英語ミュージカル実施プロジェクト  機関内共同研究  (キーワード:平成27年度 学長裁量経費事業)
4. 2014/04~2015/03  『市民リテラシ-形成と芸術活動』の教員養成カリキュラム構築のための研究  個人研究  (キーワード:学長裁量個人研究支援 市民リテラシー、芸術活動、教員養成カリキュラム)
5. 2008/04~2009/03  兵庫教育大大学院カリキュラム改革プロジェクト 研究「音・身体・造形を組み合わせた表現をつくる授業方法」  機関内共同研究  (キーワード:音・身体・造形を組み合わせた 表現をつくる授業方法 大学院カリキュラム改革)
研究内容
・市民教育のおける環教芸術の教材化の研究
・造形活動を軸にした保・幼・小連携教育の研究
・造形活動を通した子ども理解の研究
・地域ブランドの教材化の研究
・教師のセルフ・エフィカシ-を高める研修についての研究
・拡張的学習としての多重連携造形活動等の可能性についての研究
・学生・教師のエンパワーメントを高める講義・研修の手法
担当講義
・初等図画工作 ・小学校図画工作科教育法 ・初等図工作授業演習 ・情報機器の操作 ・環境芸術と地域社会 ・日本の美術教育理論の変遷 ・子どもの表現発達とその理解・機能情報表現概論 ・子どもの造形表現 ・地域教育ゼミナールⅠ・Ⅱ ・教育実習事前事後指導(初等) ・教育実習 ・地域プロジェクト ・情報デザイインⅡ ・情報デザイン演習Ⅱ ・情報デザインゼミナールⅠA・ⅡA ・教職実践演習 ・教育内容特論(大学院) ・教育内容特論演習(大学院)・課題研究(大学院)
授業科目
1. 初等図画工作
2. 小学校図画工作教育法
3. 情報機器の操作C
4. 子どもの表現発達とその理解
5. 環境芸術と地域社会
6. 日本の美術教育理論の変遷
7. 初等図画工作授業演習
8. 教育実習(小学校)F
9. 教職実践演習(初等)G
10. 教育実習事前事後指導(初等)B
全件表示(23件)
著書、学術論文
1. 論文  教員養成大学におけるノットワーキング型美術教育に関する一考察 -地域連携授業「日本茶大好き(ほうじ茶淹れ方体験と湯のみ茶碗づくり) 」を事例に-  (単著)  2017/03
2. 論文  大学を拠点とする総合型地域スポーツクラブの
コミュニティ・エンパワーメントとしての可能性についての基礎的研究
-北海道教育大学函館校“SPORTS北海道函館キャンパス”を事例に-  (共著)  2017/03
3. 論文  アプローチカリキュラムの現状と課題についての一考察
-埼玉県草加市・大分県・神奈川県横浜市の先行事例の分析を通して-  (共著)  2017/03
4. 論文  数学的コミュニケーションの定義と意義に関する基礎的研究  (共著)  2017/03
5. 論文  美術教育における地域ブランドの学習活動を支える 担い手に関する一考察  (単著)  2016/03
6. 論文  拡張的学習の視点で構成した小中一貫教育カリキュラムについての
基礎的研究-姫路市小中一貫教育標準カリキュラムを事例に-  (単著)  2016/02
7. 著書  元気を創る造形教育の理論と実践(図画工作科編)  (単著)  2015/09
8. 論文  伝統・文化教育に関わる造形活動の拡張的学習としての可能性についての研究
-空き缶和太鼓づくりを事例として-  (単著)  2015/09
9. 論文  拡張的学習としての多重連携アート・プロジェクトの可能性についての基礎的研究
-神戸ビエンナーレ2013「大学作品展」を事例に-  (単著)  2015/03
10. 論文  図画工作科における地域ブランドの教材化の研究(2)
-教材化の手順と実践事例の検証-  (単著)  2015/03
全件表示(55件)
作曲・作品・演奏・指揮・出場競技等
1. 2016/12 北海道教育大学 Present 函館校による学生参加型英語ミュージカルプロジェクト(学長戦略経費)『英語ミュージカル「Beginning of May」』(函館市市民会館大ホール)
2. 2016/09 第10回 夕陽美術展『絵画作品「ほほえみ」f100号 鉛筆』(函館市芸術ホールギャラリー)
3. 2015/09 英語ミュージカル(北海道教育大学函館校2015年度学長戦略経費支援イベント)『英語ミュージカル Beginng of Day』(函館市芸術ホール)
4. 2015/05 北海道教育大学函館校情報デザイン分野 絵画展「La première」『秋桜子 p100』(函館 NHKギャラリー「彩」)
5. 2015/02 2015札韓国基礎造形学会幌国際シンポジウム及び国際作品展『石拾い(透明水彩・カラーインク) p20』(札幌市資料館)
6. 2015/01 北海道教育大学函館校創立百周年記念美術・書道展『初冬 p100』(北海道立函館美術館)
7. 2013/10 神戸ビエンナーレ2013『神戸ビエンナーレ2013 大学作品コンテナ応募作品「願・珠・咲」』(神戸ビエンナーレ「メリケンパーク会場」)
8. 2012/11 第43回元陽展『family-car アクリル画 M100号』(東京都美術館)
9. 2007/11 第56回二紀会展,『消防団の休日 アクリル画 F100号』(新東京国立美術館)
10. 2007/05 第54回関西二紀、『テントウムシ-subaru360-アクリル画   M100号』(大阪市立美術館)
全件表示(43件)
月刊誌、書評、報告集及びコラム
1. 2014/02 アート・クイズマップでパブリックアートの魅力を楽しく伝える(財団法人教育美術振興会「教育美術No.861」)
2. 2013/10 新たな地域プライドを創出した子ども獅子舞づくりの実践(日本美術教育学会機関紙 Vol. 2013(2013) No. 298)
3. 2012/05 希望としての造形遊び -造形遊びの「めあて」を意識することで生まれる希望(『美育文化』第62巻,第3号,財団法人美育文化協会)
4. 2012/01 市民リテラシーを向上させる総合的な学習の単元開発(東京書籍株式会社「第27回東書教育賞」入選)
5. 2011/07 地域にひびけ、わたしの手づくり太鼓 -伝統文化のよさ・美しさを理解し、新たな地域文化を創造する美術教育-(第60回読売教育賞 優秀賞受賞)
6. 2011/03 図画工作学習指導書教科書解説「あきをならべていいかんじ」(開隆堂出版 図画工作学習指導書1・2年下)
7. 2009/04 図画工作教科書3・4下の指導事例開発「壁画で国際交流」(開隆堂出版図画工作教科書3・4下)
8. 2008/08 地域プライドを育むふるさと絵屏風づくり(『教育フォーラム』第42号人間教育研究協議会)
9. 2008/08 熱中した授業づくり(『授業研究21』第622号明治図書出版)
10. 2008/04 和文化と学校習慣の形成 ―和太鼓で行う自分との対話―(明治図書出版「学校マネジメント第47巻6号」)
全件表示(23件)
学会発表・講演
1. 2017/01 子どもの絵の読み方・生かし方(函館市幼稚園子ども園協会研修会)
2. 2016/12 新聞紙で遊ぼう!ーヒローに変身!ー(オドロクチカラ ワークショップ)
3. 2016/11 学びを充実させるアクティブ・ラーニングの指導法(教科等の本質的な学びを踏まえたアクティブ・ラーニングの視点からの学習・指導方法の改善のための実践研究に係る圏域研究大会)
4. 2016/10 美術教育における地域ブランドの学習活動を支える 担い手に関する一考察(第2回国際地域研究会)
5. 2016/09 アクティブ・ラーニングを充実させるパフォーマンス評価とは(北海道高等学校教頭・副校長会道南支部第2回研修会)
6. 2016/09 教員養成課程学生のエンパワーメントを高める 地域連携食文化プロジェクト関する一考察 -「日本茶大好き(ほうじ茶淹れ方体験と湯のみ茶碗づくり)」を事例にー(第55回大学美術教育学会 北海道大会)
7. 2016/08 元気に挑む・楽しむ・造形遊び ー 子どもの育ちと造形遊びの視点からー(渡島公立幼稚園研究会 夏季研修会)
8. 2016/08 幼児の多様な学びを継続させる幼小接続カリキュラムの制作 ー運動遊びを中心にー(第49回全国国立大学附属学校連盟園長校研究会 平成28年度日本教育大学附属学校連絡協議会校園長分科会)
9. 2016/07 この絵、さるの絵? 子どもの絵?(石狩教育研修センター主催 図工・美術教育 理論研修会)
10. 2016/07 子どもと喜びを分かち合う・絵の見方・生かし方(附属函館幼稚園 保護者子育て支援 スマイル講座)
全件表示(61件)
受賞学術賞
1. 2013/07 第62回読売教育賞美術教育部門最優秀賞受賞
2. 2013/01 2013年元陽会大阪巡回展 大和賞
3. 2012/01 第28回東書教育賞 入選
4. 2011/06 第60回読売教育賞 美術教育部門優秀賞受賞
5. 2006/01 第22回東書教育賞 入選
6. 2003/11 第34回元陽展「努力賞」受賞
7. 1999/06 第46回関西二紀展  「褒賞」受賞,
8. 1999/01 第一回ILEC幸せさがし美術展「奨励賞」
9. 1998/08 第33回 教育美術賞(佐竹賞)
10. 1994/04 第5回四万十川展 「四万十川賞」受賞
全件表示(13件)
外部補助金等
1. 2016/05~2016/11  函館の乳製品を食文化教材とした幼児、食育プログラムの開発  (学生のための乳の研究活動支援事業)
職歴
1. 2013/04~2014/03 佛教大学 教育学部 特任教授
2. 2014/04~ 北海道教育大学 教育学部国際地域学科地域教育専攻 教授
3. 2015/04~2017/03 北海道教育大学大学院 教育学研究科学校教育専修(教育内容・方法論) 教授
4. 2016/04~ 北海道教育大学付属函館幼稚園 幼稚園園長
5. 2017/04 大学院教育学研究科高度教職実践専攻(教職大学院) 授業開発分野 教授
資格・免許
1. 1980/09/01 中型自動二輪免許
2. 1984/03/10 小学校教諭1級普通免許状
3. 1987/03/31 中学校教諭2級普通免許状(社会)
4. 1991/10/01 無線従事者免許
5. 1991/11/01 元陽会(洋画家)会員推挙
6. 1994/08/19 危険物取扱者免許(丙)
7. 1997/02/23 基礎スキー技能テスト2級
8. 1998/07/17 2級小型船舶操縦士
9. 2000/02/01 全日本居合連盟 居合道初段
10. 2000/03/01 大型自動車免許取得
全件表示(15件)
社会における活動
1. 2016/09~2016/11 第68回北海道放送研究大会第62回北海道視聴覚研究大会合同大会函館・渡島大会 助言者
2. 2016/04~ 函館市幼稚園・こども園協会 副会長
3. 2016/04~ 北海道公立幼稚園・こども園教育研究会 第3ブロック(函館地区)代表
4. 2015/09~ 函館湾岸価値創造プロジェクト
5. 2015/08~2015/08 全道造形教育研究大会函館渡島大会 分科会研究協議助言者
6. 2015/04~ SPORTS北海道 副代表
7. 2015/04~2017/03 北海道函館中部高等学校評議員
8. 2014/06~2015/08 函館市小学校用図書選定委員会委員
9. 2011/06~2013/03 兵庫県人権教育副読本作成委員
10. 2010/05~2011/05 小中一貫学習カリキュラム作成委員会委員
全件表示(12件)
kinko.jpg
gatilya.jpg
haru.jpg
zitenn.jpg
北海道教育大学 研究者総覧