北海道教育大学 研究者総覧 北海道教育大学 ホームページ
   研究者総覧TOP   

杵淵 信
キネフチ マコト/KINEFUCHI Makoto
 
お問い合わせ
基本情報
所  属札幌校, 学校・地域教育研究支援センター:学校教育研究支援部門
職  名教授
所属講座技術教育
電話(D・I)011-778-0465
学位
1. 1976/03 教育学士(山形大学)
2. 1985/03 教育学修士(上越教育大学)
所属学会
1. 電気通信情報学会
2. 電子通信情報学会
3. 日本教科教育学会
4. 日本産業技術教育学会
現在の専門分野
  感性情報学・ソフトコンピューティング, 教育工学
技術科教育, 情報教育
(キーワード:教育方法学,ものづくり教育,情報教育,マイコン,C言語,創生教育) 
研究テーマ
1.   へき地教育におけるマルチメディア教材の開発に関する研究。   
2.   マイクロコンピュータによるロボット教材が,学習者の効力感に与える影響  個人研究 
3.   技術科教育における教材の開発   
4.   実習を伴う授業における授業分析方法の改善に関する研究   
5.   授業分析におけるマルチメディアの利用に関する研究   
研究内容
プロトコルアプローチやS-Tグラフを利用した実習授業の授業分析手法の改善と開発を行っています。授業分析方法の開発では、プログラム言語を積極的に利用し、マルチメディアの授業分析への利用について研究しています。 マイクロコンピュータを用いたロボット教材の効果的な教育利用について,広範な研究を行っています。特に,ハードウェアの制作などの,学習者の実践的行動が創造力を育成するために寄与することから,創造力の育成に効果的な教材の開発を行っています。
 また,教育原理や指導案の作成などの教育の基本に関係する内容と,教員養成教育(ボランティア学習や教育実習)が,学生や現場教師の効力感にもたらす影響について,心理的調査研究を行っています。
担当講義
学 部:技術科教育法Ⅰ,創生と子ども,人間と技術,
大学院:技術科教育学特論 I・Ⅱ 、同演習 I ・Ⅱなど
 マイクロコンピュータを用いたロボット教材の効果的な教育利用について,広範な研究を行っています。特に,ハードウェアの制作などの,学習者の実践的行動が創造力を育成するために寄与することから,創造力の育成に効果的な教材の開発を行っています。
 また,教育原理や指導案の作成などの教育の基本に関係する内容と,教員養成教育(ボランティア学習や教育実習)が,学生や現場教師の効力感にもたらす影響について,心理的調査研究を行っています。
授業科目
1. ものづくり教材開発
2. ものづくり設計実習
3. 総合技術教育演習Ⅰ
4. 総合技術教育演習Ⅱ
5. 総合技術教育演習Ⅲ
6. 総合技術教育演習Ⅳ
7. 中学校技術科教育法Ⅰ
8. 中学校技術科教育法Ⅱ
9. 中学校技術科教育法Ⅲ
10. 中学校技術科教育法Ⅳ
著書、学術論文
1. 著書  技術・家庭[技術分野](中学校教科書)  (共著)  2015/04
2. 著書  技術・家庭学習指導書 内容編D USB  (共著)  2012/04
3. 著書  技術・家庭[技術分野](中学校教科書)  (共著)  2005/04
4. 著書  情報の基礎  (共著)  2009/04
5. 論文  モンゴル教育大学における技術(情報・ものづくり)教育に関する国際協力内容の検討  (単著)  2018/03
6. 論文  キャリア教育実践が促す中学生の自己効力感の発達過程  (共著)  2018/02
7. 論文  The Development Teaching Material for in STEM Education in Japan  (共著)  2017/05
8. 論文  教育用マイコン走行型ロボットの新たな可能性の検討  (共著)  2015/03
9. 論文  計測・制御教材Allmayを活用したカリキュラム構築  (共著)  2013/03
10. 論文  授業の双方向性を評価するタブレットPC対応アプリケーションの開発  (共著)  2012/08
全件表示(24件)
月刊誌、書評、報告集及びコラム
1. 2013/08 Webアプリケーションによる学習環境の提案(日本産業技術教育学会第56回全国大会,日本産業技術教育学会第55回全国大会(山口)講演要旨集2013年,2Pa9)
2. 2013/08 プログラムによる計測・制御を段階的に指導するためのロボットカーの教材開発(日本産業技術教育学会第55回全国大会(山口)講演要旨集,2013年,2Aa4)
学会発表・講演
1. 2016/11 マイコン教材開発における高度周辺技術の利用(日本産業技術教育学会北海道支部第30回大会(釧路)講演要旨集)
2. 2016/10 STEM教育とプログラミング教育を意識した未来型カリキュラムと教材の開発(日本教科教育学会第42回全国大会(鳴門)講演用紙集)
3. 2016/08 マイコンの楽曲発音技術を利用した教材開発(日本産業技術教育学会第59回全国大会(京都)講演要旨集))
4. 2015/10 朝の読書」の教育的意義の検討(平成27(2015)年度日本教育大学協会研究集会(埼玉) 講演要旨集)
5. 2015/08 図画工作に注目した科学技術を活用したものづくり教育の検討(日本産業技術教育学会第55回全国大会(愛媛)講演要旨集)
6. 2015/08 赤外線を用いたIOシステムの計測・制御分野への援用(日本産業技術教育学会第55回全国大会(愛媛)講演要旨集)
7. 2014/11 教育用マイコン走行型ロボットの新たな可能性の検討(日本産業技術教育学会北海道支部第28回大会(札幌)講演要旨集)
8. 2012/10 計測・実習教材Allmayを活用したカリキュラム構築とその実践(日本産業技術教育学会北海道支部第26回大会(札幌)講演要旨集)
9. 2012/09 技術的概念の獲得を目指したロボット学習の教材およびカリキュラム開発(日本産業技術教育学会第55回全国大会(旭川)講演要旨集)
10. 2012/09 様々なつながりを再認識させるためのガイダンス的な授業の研究(日本産業技術教育学会第55回全国大会(旭川)講演要旨集)
全件表示(30件)
外部補助金等
1. 2014/04~2017/03  3Dプリンターなどを活用したデジタル・ファブリケーション教材の開発  (挑戦的萌芽研究)
2. 2013/04~  大学生のチャレンジ精神を醸成する学内起業による自律型ロボット教材の開発・製作  (基盤研究(C))
3. 2007/04~2009/03  現実の技術開発を疑似体験させるロボット学習の教育システムの開発  (平成21年度科学研究費補助金)
4. 2007/04~2009/03  小学校高学年および中学校技術分野における先端技術の教材化と標準モデルの開発・評価  (平成21年度科学研究費補助金)
職歴
1. 1994/04~2004/03 北海道教育大学札幌校 助教授
2. 2004/04~ 北海道教育大学札幌校 教授
資格・免許
1. 1976/03/31 高等学校教諭普通(工業)1級
2. 1976/03/31 中学校教諭一級(技術)
北海道教育大学 研究者総覧