北海道教育大学 研究者総覧 北海道教育大学 ホームページ
   研究者総覧TOP   

和田 恵治
ワダ ケイジ/WADA Keiji
 
お問い合わせ
基本情報
所  属旭川校
職  名教授
所属講座理科教育
電話(D・I)
学位
1. 1977/03 理学学士(北海道大学)
2. 1979/03 理学修士(金沢大学)
3. 1990/03/24 理学博士(北海道大学)
関連リンク
  火山学研究室のホームページをごらん下さい。
所属学会
1. 2010/10~ 日本旧石器学会
2. 2010/06~ 日本地学教育学会
3. 2009/09~ Geological Soceity of America
4. 2007/04~ 日本第四紀学会
5. 2005/07~ 日本文化財科学会
6. 1993/09~ International Association of Volcanology and Chemistiry of the Earth's Interior
7. 1990/08~ American Geophysical Union
8. 1987/08~ 日本地質学会
9. 1981/04~ 日本火山学会
10. 2013/07~ ∟ ジオパーク支援委員
全件表示(11件)
委員会・協会等
1. 1999/09/24~ 北海道防災会議火山専門委員会 専門委員
現在の専門分野
  地質学, 岩石・鉱物・鉱床学, 文化財科学
地学, 火山学, 岩石学
(キーワード:火山、岩石、地球、マグマ、黒曜石) 
研究テーマ
1.   火山の発達史と噴火過程   
研究内容
地質学的および岩石学的手法により,火山の噴火史・発達史,噴火モデル,マグマの多様化プロセス・成因をテーマとして,北海道やニュージーランド・ハワイの火山を対象に研究を行っています。
担当講義
地学概論,地学基礎実験,岩石学,環境地球科学,地学野外実習,中学校理科実験,自然科学入門ほか
著書、学術論文
1. 論文  北海道,白滝ジオパークの黒曜石溶岩の内部構造  (共著)  2015/06
2. 論文  Rates of water exsolution and magma ascent inferred from microstructures and chemical analyses of the Tokachi-Ishizawa obsidian lavas, Shirataki, northern Hokkaido, Japan  (共著)  2015/01
3. 論文  Chemical composition of obsidians in Hokkaido Island, northern Japan: The importance of geological and petrological data for source studies  (共著)  2014/03
4. 論文  大雪火山,御鉢平カルデラ形成期の噴出物と噴火活動  (共著)  2015/06
5. 論文  大雪火山群,旭岳におけるマグマ混合と3種類の端成分マグマ  (共著)  2007/10
6. 論文  白滝ジオパークの黒曜石-白滝黒曜石流紋岩溶岩群の地質解説-  (単著)  2011/03
7. 論文  白滝黒曜石の化学組成と微細組織-原産地推定のための地質・岩石資料-  (共著)  2011/05
8. 論文  大雪火山群,御鉢平カルデラ形成期における珪長質マグマ溜まりの進化過程  (共著)  2012/06
9. 論文  大雪火山噴出物の露頭紹介 2 −天人峡の御鉢平カルデラ噴出物−  (共著)  2011/03
10. 論文  上士別遺跡出土黒曜石石器のEPMAによる原産地推定  (共著)  2011/03
全件表示(44件)
月刊誌、書評、報告集及びコラム
1. 2016/03 地学野外実習(地質学)〜大雪山の生い立ちを知る〜(北海道教育大学大雪山自然教育研究施設研究報告,2016年, 50号 23-24頁.)
2. 2013/03 第一章プロジェクト研究概要,第五章プロジェクトのまとめ(21世紀型実践的指導力を有した理科教員の養成・支援プログラムの開発
2013年,1-4頁,215-219頁)
3. 2013/02 雌阿寒岳(砂防と治水(2013年,45巻,6号,74-75頁))
4. 2011/03 蕨山遺跡出土黒曜石石器の産地同定(飛島における考古学的調査(東北芸術工科大学考古学研究報告第10冊,77頁)2011年,54-58.)
5. 2011/02 遠軽町「白滝ジオパーク」を訪ねて(北の交差点,2011年,28号,36-39)
6. 2008/03 白滝黒曜石の地質学的および岩石学的研究—とくに火山活動史の解明と黒曜石の岩石学的性質について—(中間報告)(白滝黒曜石遺跡ジオパーク構想推進協議会報告, 2008,1-6.)
7. 2007/03 2006年イリノイ州立大学夏期セミナー報告(国際交流ingニュース,2007年,No.17,4.)
8. 2007/03 フィリピン国,ルソン島の火山活動に関する熱ルミネッセンス法と放射炭素法による年代学的研究(名古屋大学加速器質量分子計業績報告書(XVIII),2007,124-133.)
9. 2006/03 2005年イリノイ州立大学夏期セミナー報告(国際交流ingニュース,2006,No.16,5.)
10. 2006/03 地学分野におけるスキルアップ研修「旭川の地質を知る」(平成17年度学長裁量経費「学術研究推進経費(共同研究推進経費)」現職教員のためのスキルアップ研修プロジェクト研究成果報告書,2006,総頁90,56-61.)
学会発表・講演
1. 2018/03 高頻度爆発的噴火履歴の摩周火山におけるマグマ供給系と噴火過程(「災害の軽減に貢献するための地震火山観測研究計画」平成29年度成果報告シンポジウム)
2. 2018/03 黒曜石の魅力とふしぎ 〜白滝ジオパークや神津島の黒曜石はどうしてできた? 〜(伊豆大島ジオパーク講演会)
3. 2018/01 ジオパーク活動と 地域の自然教育の重要性:ジオパークを活用した地域の自然教育(2017年ジオカフェ講座第3回)
4. 2017/12 十勝岳を知る〜活火山のすがた〜(十勝岳ジオパーク構想ジオサポーター養成講座)
5. 2017/11 ジオパーク活動と 地域の自然・歴史教育の重要性(学術会議講演会(持続可能な世界にむけて,国連が採択した目標(SDGs)と教育)
6. 2017/09 カムチャツカ半島南部,黒曜石溶岩の内部構造と形成過程(日本火山学会2017年度秋季大会)
7. 2017/09 北海道屈斜路カルデラ中島火山の噴火史(日本火山学会2017年度秋季大会)
8. 2017/09 摩周火山カルデラ形成期以降のマグマ供給系の変遷(日本火山学会2017年度秋季大会)
9. 2017/08 Emplacement mechanism of obsidian-rhyolite magma: observation of whole internal section of the Shirataki obsidian lava, northern Hokkaido, Japan(IAVCEI 2017 Scientific Assembly)
10. 2017/08 Internal structure and magma ascent process of obsidian lavas in the south of Kamchatka Peninsula, Russia(IAVCEI 2017 Scientific Assembly)
全件表示(157件)
受賞学術賞
1. 1982 日本岩石鉱物鉱床学会誌研究奨励賞
外部補助金等
1. 2017/04~2018/03  高頻度爆発的噴火履歴の摩周火山におけるマグマ供給系と噴火過程  (地震・火山噴火の解明と予測に関する公募研究)
2. 2016/04~2017/03  高頻度爆発的噴火履歴の摩周火山におけるマグマ供給系と噴火過程  (地震・火山噴火の解明と予測に関する公募研究)
3. 2015/04~2016/03  十勝岳と雌阿寒岳における噴火推移の高分解能な解析とマグマ供給系  (地震・火山噴火の解明と予測に関する公募研究)
4. 2014/04~2018/03  黒曜石の地質・岩石学的特質からみた北方圏先史時代人の動態に関する国際共同研究  (基盤研究(B))
5. 2014/04~2017/03  火山噴火の植生へのインパクトと回復プロセスの高分解能な復元  (基盤研究(C))
6. 2014/04~2015/03  十勝岳と雌阿寒岳における噴火推移の高分解能な解析とマグマ供給系  (災害軽減研究)
7. 2013/04~2014/03  十勝岳と雌阿寒岳における噴火推移の高分解能な解析とマグマ供給系  (東京大学地震研究所地震・火山噴火予知公募研究)
8. 2011/04~2014/03  テフラと放射性炭素年代によるアリュート遺跡および火山噴火史に関する日米共同研究  (基盤研究(C))
9. 2009/04~2014/03  黒曜石の流通と消費からみた環日本海北部地域における更新世人類社会の形成と変容  (基盤A)
10. 2009/04~2012/03  雌阿寒岳過去1000年間の噴火履歴と噴火推移予測  (東京大学地震研究所地震・火山噴火予知公募研究)
全件表示(13件)
職歴
1. 1983/10~1986/09 北海道教育大学教育学部旭川分校 助手
2. 1986/05~1987/04 ボリビア国サンアンドレス大学鉱床学研究所 その他(教員以外)
3. 1986/10~2005/05 北海道教育大学教育学部旭川校 助教授
4. 1998/10~1999/07 ニュージーランド国カンタベリー大学及びヴィクトリア大学 その他(教員以外)
5. 2005/06~ 北海道教育大学教育学部旭川校 教授
社会における活動
1. 2017/11~ ジオフォーラム
北海道教育大学 研究者総覧