北海道教育大学 研究者総覧 北海道教育大学 ホームページ
   研究者総覧TOP   

二宮 信一
ニノミヤ シンイチ/NINOMIYA Shinichi
 
お問い合わせ
基本情報
所  属釧路校
職  名教授
所属講座学校教育
電話(D・I)
学位
1. 1977/03/31 文学士(法政大学)
2. 2002/03/31 教育学修士(北海道大学)
所属学会
1. 日本LD学会
2. 日本教師教育学会
3. 日本社会教育学会
4. 北海道特別支援教育学会
5. 北海道乳幼児療育研究会
現在の専門分野
  特別支援教育 
研究テーマ
1. 2016/04~2019/03  地域型インクルーシブ教育の理論と推進のための方法論に関する実証的研究  個人研究  (キーワード:共生社会 インクルーシブ教育)
2. 2014/04~  学力困難地域における学校・家庭・地域を通した総合的な学力向上推進方策に関する研究  機関内共同研究  (キーワード:学力 困難地域 学力向上 困難家庭 家庭)
3. 2011/04~2015/03  地域療育および特別支援教育体制構築にむけた新パラダイムの提案に関する実践的研究  国内共同研究  (キーワード:インクルージョン)
4. 2011/04~2014/03  専門家に過度に依存しない特別支援教育推進のシステム構築に関する実証的研究  個人研究  (キーワード:特別支援教育 へき地 社会資源 CBR)
5.   特別支援教育における地域連携  個人研究 
6.   特別支援教育に関わる専門職の役割  個人研究 
研究内容
通常学級に在籍する配慮の必要な子どもの支援のための地域ネットワーク形成とそこに関わる専門職の新たな役割・専門性について研究している。
そこに基づき、「地域型インクルーシブ教育」について提唱し、理論と方法について研究している。
担当講義
特別支援教育実践論
障害児と教育
特別支援教育基礎論
障害児のレクリエーション支援法
障害児観察指導法
発達障害児教育論
教育基礎演習Ⅰ~Ⅵ
社会科学入門
教育基礎総合研究
特別支援教育特論
特別支援教育特別演習
著書、学術論文
1. 著書  アラスカと北海道のへき地教育  (単著)  2016/03
2. 論文  へき地の特性を見据えた「地域型インクルーシブ教育」の理論と方法~社会資源の少ない地域におけるインクルーシブ教育構築のための試論~  (共著)  2016/01
3. 論文  SENがある郡部高校生徒のための進路指導実践~高校から社会へ移行することの意味を考える~  (共著)  2015/12
4. 論文  障害のある子ども及びその「きょうだい」支援のための地域資源の創出の意義~標津町サロンときわ「サマーキャンプ」の実践から~  (共著)  2015/01
5. 論文  釧路校1年生の特別支援学校教員免許取得の動機と志望特性  (共著)  2014/12
6. 著書  はじめての特別支援教育 改訂版  (単著)  2014/12
7. 著書  自立をかなえる 特別支援教育ライフスキルトレーニング実践ブック  (共著)  2014/02
8. 論文  へき地における発達支援に関わる社会資源と早期療育の課題と展望  (共著)  2014/01
9. 著書  ~教育活動に活かそう~へき地小規模校の理念と実践  (単著)  2013/11
10. 論文  障害のある子どもと地域をつなぐ教師の役割 ~津別町における特別支援学級の実践から考えるインクルーシブ教育~  (共著)  2013/01
全件表示(36件)
月刊誌、書評、報告集及びコラム
1. 2016/05 中学校教育における特別支援教育の在り方(教育展望 第62巻第4号 2016年5月号)
2. 2014/03 2011~2013年度科学研究費助成事業 基盤研究(C) 課題番号23531272「専門家に過度に依存しない特別支援教育推進のシステム構築に関する実証的研究」研究成果報告書
3. 2014/03 巡回相談Q&A 進路決定への支援 ~個別の教育支援計画の充実を考える~(特別支援教育の実践情報 NO.158 2014年2/3月号 68~69p)
4. 2014/03 地域ネットワークの形成とそこに関わる専門職の新たな役割(季刊 特別支援教育 NO.53 文部科学省初等中等教育局特別支援教育課編集 東洋館出版 12~15p)
5. 2014/01 巡回相談Q&A 課題の共有が困難な保護者への支援(2)(特別支援教育の実践情報 NO.157 2014年12/1月号 68~69p)
6. 2013/11 巡回相談Q&A 課題の共有が困難な保護者への支援(1)(特別支援教育の実践情報 NO.156 2013年10/11月号 68~69p)
7. 2013/09 巡回相談Q&A 「保幼ー小連携プラン」の作成による日常的な連携システムの構築(特別支援教育の実践情報 NO.155 2013年8/9月号 68~69p)
8. 2013/07 巡回相談Q&A 保護者を交えた多職種ミーティングの開催(特別支援教育の実践情報 NO.154 2013年6/7月号 68~69p)
9. 2013/05 巡回相談Q&A 関わる教職員の力量に合わせた研修内容の企画がきめ手(特別支援教育の実践情報 NO.153 2013年4/5月号 68~69p)
10. 2012/03 へき地における特別支援教育の課題と展望(「『特別な教育的ニーズ』のある子どもたちの通常学級における教育支援及び教育方法の開発」報告書)
全件表示(49件)
学会発表・講演
1. 2015/11 障害のある子どもを育てる親の会の発展過程~支援者の役割も視野に入れて~(北海道乳幼児療育研究会 第29回大会)
2. 2015/10 へき地の特性を見据えた「地域型インクルーシブ教育」の理論と方法(日本LD学会第24回大会)
3. 2014/11 配慮を要する子どもの幼児期を支える支援者の力量形成(日本LD学会 第23回大会)
4. 2014/11 保護者による”困難さを抱える子とそのきょうだいのためのサマーキャンプ”の取り組み(日本LD学会第23回大会)
5. 2014/09 既存のコミュニティーの機能化・再デザイン化による支援システムの再構築:実践に学ぶその戦略と戦術(日本特殊教育学会第52回大会)
6. 2013/10 高校における社会参加に向けたキャリア教育と個別の教育支援計画の活用(日本LD学会第22回大会)
7. 2013/10 社会資源の少ない地域のおける実践共同体創出の試み(2)(日本LD学会第22回大会)
8. 2012/10 社会資源の少ない地域における支援を要する子どもを育てる地域づくり(日本社会教育学会)
9. 2011/11 専門機関と保育園との連携における専門職の役割(北海道乳幼児療育研究会)
10. 2011/11 立ち位置を理解しあい連携を考える(北海道乳幼児療育研究会)
全件表示(36件)
外部補助金等
1. 2016/04~2019/03  地域型インクルーシブ教育の理論と推進のための方法論に関する実証的研究  (基盤研究(C))
2. 2014/04~2017/03  学力困難地域における学校・家庭・地域を通じた総合的な学力向上推進方策に関する研究  (基盤研究(B))
3. 2011/04~2015/03  地域療育および特別支援教育体制構築にむけた新パラダイムの提案に関する実践的研究  (基盤研究(B))
4. 2011/04~2014/03  専門家に過度に依存しない特別支援教育推進のシステム構築に関する実証的研究  (基盤研究(C))
5. 2008/04~2011/03  へき地・小規模校における特別支援教育体制構築に関する研究  (科学研究費基盤研究(C))
6. 2007/04~2009/03  高等専門学校のおける特別支援体制のシステム構築  (科学研究費基盤研究(C))
7. 2006/04~2008/03  コミュニティスクールの発展と連動した「総合的な学習」のカリキュラム開発  (科学研究費基盤研究(C))
職歴
1. 1977/04~2000/03 北海道YMCA ディレクター
2. 2003/10~2004/03 星槎国際高等学校 札幌学習センター LD教育開発研究室長
3. 2004/04~2005/09 星槎大学 共生科学部共生科学科 講師
4. 2005/10~ 北海道教育大学 教育学部釧路校 准教授
資格・免許
1. 2005/04/01 特別支援教育士スーパーバイザー
北海道教育大学 研究者総覧