武田 泉
  タケダ イズミ   TAKEDA Izumi
   所  属   札幌校
   職  名   准教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2021/03/10
形態種別 著書
標題 地域における鉄道の復権─持続可能な社会への展望
執筆形態 共著
掲載区分国内
出版社・発行元 緑風出版
総ページ数 316
担当範囲 5章2節(共著)、コラム5本
担当区分 最終著者
著者・共著者 宮田和保・桜井徹・武田泉(編著)
概要 北海道の鉄路は全路線の半分に当たる10路線が維持困難として廃線の危機に直面している。国鉄の「分割・民営化」から30年、JR各社では不採算路線の廃止などで、全国的な鉄道網の分断が進行している。鉄道は安全性、定時性、高速性で高く評価され、地域社会の発展に不可欠であるのに、政府の自動車・航空偏重政策の前に危機を迎えている。
 本書は、JR北海道の危機的状況にたいして、新自由主義による従来の「分割・民営化」路線の破綻を総括し、「持続可能な社会」の考え方を基本に、鉄道路線の存続・再生、地域経済・社会の再生の道を提起する。