石塚 博規
  イシヅカ ヒロキ   ISHIZUKA Hiroki
   所  属   旭川校
   職  名   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2003/12
形態種別 学術雑誌
査読 査読あり
標題 チャンク学習による言語規則の習得の可能性について
執筆形態 単著
掲載誌名 Heles Journal No3
出版社・発行元 北海道英語教育学会
巻・号・頁 3,3頁-22頁頁
概要 チャンクと第2言語習得がどのように関わっているのかを解明するために,高等学校1年生(英語中級者)を対象に実験を行った。結果は,チャンクを用いて非明示的に学習をした方が学習効率が良いことが判明した。また,中間言語を操作する過程で2種類の記憶再生システム(exemplar-based システムとrule-based システム)を利用しているのではないかと推察された。このことから,チャンクによる文法学習は効率が良いこと,及びチャンクは第2言語習得を促進するための学習教材となりうるという知見を得た。