高橋 修
  タカハシ オサム   TAKAHASHI Osamu
   所  属   函館校
   職  名   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2004/03
形態種別 学術雑誌
標題 ヘルマン・ヘッセとオイゲーニエ・コルプ
執筆形態 単著
掲載誌名 人文論究
巻・号・頁 (73),61-80頁
概要 オイゲーニエ・コルプ(1856-1897)は、1892年頃のヘッセの思春期の危機を温かく見守り、ヘッセにも敬慕された人物だが、従来の研究においては、ヘッセが失恋して自殺未遂まで犯した対象(ヘッセ自身は「エリーゼ」と名付けて作品等に描き込んだ)と混同されたり、そに続いて新たに失恋した相手と誤解されたりしている。本論においては、書簡類等を丁寧に読み解くことにより、ヘッセとコルプとの交流の実像に光を当てた。