高橋 修
  タカハシ オサム   TAKAHASHI Osamu
   所  属   函館校
   職  名   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 1987/12
形態種別 学術雑誌
標題 ヘッセ文学における最初期の作品の意味
執筆形態 単著
掲載誌名 北海道大学文学部独語独文学科研究年報
出版社・発行元 北海道大学ドイツ語学・文学研究会
巻・号・頁 (14),23-37頁
概要 ヘッセ文学について述べる際に、懐古的な前期の作風から、現代文明への警告を含む後期の作風へと、大きな脱皮が行なわれたと説くことは常道となっている。しかし最初期の作品に、後期文学の特徴を先取りする様々な要素が既に含まれており、その後の前期文学が一種の回り道をなしているいることは、あまり注目されてこなかった。本論においては、主に「ロマン的な歌」と「真夜中の背後一時間」に注目しつつ、この問題を掘り下げた。