高橋 修
  タカハシ オサム   TAKAHASHI Osamu
   所  属   函館校
   職  名   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 1994/03
形態種別 学術雑誌
査読 査読あり
標題 メルヘンの変貌――グリムの「マリアの子」を実例に
執筆形態 単著
掲載誌名 函館英文学
出版社・発行元 函館英語英文学会
巻・号・頁 (33),23-34頁
概要 昔話は、時代・土地を渡り行く中で様々な影響を被りつつ、多様な変化をとげるものである。本論はその一例として「マリアの子」(AT710)を取り上げ、宗教改革への反動においてカトリックの布教に利用されて以来の変化を跡づけると共に、キリスト教世界の女性観との関係も考察した。またまとめとして、近代における昔話の変貌の一般的なパターンについて考察した。