高橋 修
  タカハシ オサム   TAKAHASHI Osamu
   所  属   函館校
   職  名   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2004/12
形態種別 学術雑誌
査読 査読あり
標題 ヘルマン・ヘッセとマウルブロン
執筆形態 単著
掲載誌名 北海道大学独語独文学科研究年報
巻・号・頁 (31),162-175頁
概要 ヘッセにとってマウルブロン神学校は、まず第一には教育批判の対象であった。しかしそこで得られた古典の世界への視界や、交友の体験は、後のヘッセにとって一種の礎石の役割をも果たした。マウルブロンは、最終的には『東方への旅』の「結社」や『ガラス玉遊戯』の「カスターリエン」のような、人類の精神的営為を包含しようとする人々の共同体へのイメージへと展開されて行く。本論では、そのような経過を描いた。