高橋 修
  タカハシ オサム   TAKAHASHI Osamu
   所  属   函館校
   職  名   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2002/03
形態種別 学術雑誌
査読 査読あり
標題 『歌う骨』(AT780)を巡る話型の問題
執筆形態 単著
掲載誌名 人文論究
出版社・発行元 北海道教育大学函館人文学会
巻・号・頁 (71),1-40頁
概要 「歌う骨」は、「妬みから殺された者の霊が物に宿って犯行を明るみに出す」というモチーフを核とする、世界に広く分布する昔話である。基本的な研究としてはルッツ・マッケンゼンのものがあるが、フィンランド学派に特有の機械的な割り切りが見られ、それを修正しようとした関敬吾も、方法論的にはマッケンゼンを超え得ていない。本論においては、古今東西の資料を用いつつ、この話型及び死霊譚一般の伝播の特徴について考察した。