高橋 修
  タカハシ オサム   TAKAHASHI Osamu
   所  属   函館校
   職  名   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2008/03
形態種別 学術雑誌
査読 査読あり
標題 恋の書としての『湯治客』-1923年のヘルマン・ヘッセ
執筆形態 単著
掲載誌名 人文論究
巻・号・頁 (77),49-60頁
概要 1920年代のヘッセの生き様は不思議に謎に包まれており、その最大の要因は2度目の妻ルート(旧姓ヴェンガー)の像の不透明さにあった。しかし最近新資料が続々と公刊されたことにより、新たな視野が開けてきている。本論においては、1923年の『湯治客』にもルートの面影が描き込まれていることを確認し、ヘッセが彼女との結合に託した新生の夢について論考した。