阿部 二郎
  アベ ジロウ   ABE Jiro
   所  属   函館校
   職  名   准教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2020/01
形態種別 大学・研究所等紀要
標題 有人島嶼における学校の存在意義と存続政策に関する調査研究(1)
~北海道桧山地方 奥尻島調査の予備研究~
執筆形態 単著
掲載誌名 へき地教育研究 2019
掲載区分国内
出版社・発行元 北海道教育大学 へき地・小規模校教育研究センター
巻・号・頁 (第74号),9-18頁
著者・共著者 阿部二郎
概要 北海道に5つある有人島嶼(離島)の現況を明らかにして課題を整理することは、北方領土問題を抱える北海道のへき地教育振興を総合的に検討する上で重要な意味がある。同時に、沖縄県・長崎県・島根県・鹿児島県と共に有人外海島嶼(離島)の地域社会の維持問題とも関わり、国策レベルで課題を検討するためのデータを提供するという意義もある。本稿においては、予備研究として学校統廃合に関して地方中核拠点都市函館市の現況を述べつつ、島嶼(離島)と離島振興法、淡水湖にある有人離島の事例、瀬戸内海の内海離島、外海離島、「離島へき地」教育実践の歴史と特性、北海道の離島へき地、奧尻島の状況調査結果について大まかに整理した。