萬谷 隆一
  ヨロズヤ リュウイチ   YOROZUYA Ryuichi
   所  属   札幌校
   職  名   教授
発表年月日 2010/08
発表テーマ かたまりから分節へ:子どもの単語認識の進み方と分節の促進要因
会議名 第36回 全国英語教育学会 大阪研究大会
発表区分 学会発表
発表形式 口頭(一般)
単独共同区分 共同
開催地名 大阪市 関西大学
種別 国際的又は全国的規模
発表者・共同発表者 白鳥 晴子
駒木 昭子
概要 本研究では、第1 に子どもの英語表現の分節(単語認識)が学年によっ
てどの程度進行するのか、第2 にどのような要因がかたまりから分節へ
と習得を促進しているのかを探る。小学5,6年生を対象に英文を聞
かせ、カタカナでの書き取りの後、単語と思われる部分を囲ませた。
その結果、5 年から6 年にかけて分節は進むことが分かった。さらに学
校外学習の年数、アルファベットの読み書きできるかどうかによっ
て、分節度が進むことが分かった。あわせて、分節度が高い単語につ
いて、その理由を考察した。
備考 2010.8.7