高橋 修
  タカハシ オサム   TAKAHASHI Osamu
   所  属   函館校
   職  名   教授
発表年月日 2015/12
発表テーマ ヘルマン・ヘッセとティルマン・リーメンシュナイダー 1928年のヴュルツブルク体験がヘッセ文学にとって持った意味
会議名 北海道ドイツ文学会 第80回研究発表会
主催者 北海道ドイツ文学会
発表区分 学会発表
発表形式 口頭(一般)
単独共同区分 単独
種別 地方的規模
概要 彫刻家リーメンシュナイダーがヘッセに大きな影響を与えたことは確かだが、それに関する十分な研究は存在しない。この発表では、特に『ナルチスとゴルトムント』の創作過程に与えた影響に焦点を当て、ヘッセ後期の文学世界にとってリーメンシュナイダー体験が持った意味について考える。