(最終更新日:2021-02-08 20:16:56)
  岩永 啓司
  イワナガ ケイジ   IWANAGA Keiji
基本情報
   所  属   旭川校
   職  名   准教授
   所属講座   美術教育
   電話(D・I)  
学位
1. 2007/03/20
修士(教育学)(上越教育大学)
2. 2005/03/19
学士(教育学)(信州大学)
所属学会
1. 2007/11~ 大学美術教育学会
2. 2017/04~ ∟ 地区全国理事
3. 2005/04~ 国画会彫刻部
委員会・協会等
1. 2020/09/01~2020/10/22 大学美術教育学会 投稿論文査読協力
2. 2019/12/01~2021/11/30 旭川市工芸センター運営委員会 運営委員
3. 2019/09/01~2019/11/08 第93回国展受賞作家展・国展秋季展の運営 広報係
4. 2019/04/21~2019/05/13 第93回国展の展覧会運営 搬入受付係・陳列委員・作品監査
5. 2019/03/26~2019/07/30 第69回全道造形教育研究大会道北ブロック大会実行委員会 ファシリテーター
6. 2018/04/22~2018/05/14 第92回国展の運営 陳列委員・作品搬入受付係・作品監査
7. 2017/12/01~ 旭川市工芸センター運営委員会 委員
8. 2017/04/23~2017/05/15 第91回国展運営(陳列委員) 陳列委員・搬入係・作品監査
現在の専門分野
彫刻表現, 美術教育 (キーワード:彫刻 木彫 具象表現) 
研究テーマ
1.   実材を用いた具象彫刻の実技研究 個人研究 (キーワード:実材、彫刻、具象表現)
2.   身近な素材を用いた彫刻教材の開発 個人研究 
研究内容
木材を中心とした彫刻表現の実技研究。
身近にある素材を使った彫刻教材の開発と実践。
担当講義
「彫刻演習Ⅰ」
視覚芸術分野の中の彫刻表現領域について、日本の立体造形史の展開を通視しすることで歴史的な文脈を理解する(講義)。学習指導要領で取り上げられている立体表現(彫刻分野)に関する造形要素について、実技制作を通して理解し、造形的思考や視点の習得を目指す(実技)。

「彫刻演習Ⅱ」
「彫刻演習Ⅰ」で習得した知識・技能に基づく実践的な課題を通して、自己表現手段としての立体表現課題における主題の探求・追求を行う。

「彫刻Ⅰ〜Ⅵ」
彫刻特別概論
彫刻特別演習
素描Ⅰ
立体造形教材研究
教職実践演習(美術分野)
現代の美術1
初等図画工作
造形素材
教育フィールド研究Ⅰ
彫刻特別演習
彫刻特論
倫理・人権
初等生活
著書、学術論文
1. 2021/03 論文  図画工作科における芸術に基づく探求の学習環境デザインー「土」を用いた実践のA/r/tography試行ー 北海道教育大学紀要教育科学編 71(1) (共著) 
2. 2010/03 論文  木の端材を用いたワークショップの一考察ー米子市美術館における“よなご☆こども彫刻フェア”の実践からー 大学美術教育学会誌 (42),319-326頁 (共著) 
3. 2012/12 論文  精密鋳造における木炭と藁を用いた鋳型焼成法ーロストワックスプロセスにおいてー 教育実践センター紀要『教育実践研究』 (13),51-60頁 (共著) 
作曲・作品・演奏・指揮・出場競技等
1. 2020/07 第6回ゲタ箱展『かはたれ時』(大田原市芸術文化研究所)
2. 2019/11 第2回日・韓現代彫刻のビジョン展『灰色の影』(大田原市芸術文化研究所)
3. 2019/11 第93回国展秋季展『流動界』(東京都美術館)
4. 2019/06 第5回ゲタ箱展『霞の底』(大田原市芸術文化研究所)
5. 2019/05 第93回国展『霞んだ境界』(国立新美術館)
6. 2018/11 第41回国展秋季展『心境』(東京都美術館)
7. 2018/06 第4回ゲタ箱展『ひとひら』(大田原市芸術文化研究所)
8. 2018/05 第92回国展『静かな間』(国立新美術館)
9. 2017/11 国展秋季展『遺された影』(東京都美術館)
10. 2017/07 岩永啓司展−光と影『遺された影、静かな風、白い灯、かわるとき、黒い境界』(Gallery Retara)
全件表示(43件)
月刊誌、書評、報告集及びコラム
1. 2019/06 野外彫刻とまちづくり(旭川彫刻サポート隊だより第26号)
2. 2014/02 デザイン分野における地域との連携(長野県工業教育研究会会誌・第51号・12−15頁)
学会発表・講演
1. 2020/09 教員養成系大学における彫刻表現の「プレフィグラツィオン」を重視した授業の検証(第59回大学美術教育学会宇都宮大会)
2. 2019/09 プロジェクト型学習からArts-Based Research型実践へ(第58回大学美術教育学会)
3. 2018/09 多人数で作ることに着目した教材開発の試み(第57回大学美術教育学会 奈良大会)
4. 2014/02 高校生による木を用いた造形活動の提案についての実践報告−地域の公共施設の利活用を通して−(長野県工業校長会)
5. 2009/10 「現代美術の可能性−私たちに何ができるか−」(第1回メタモルフォーシス展企画シンポジウム)
6. 2007/11 美術教育における実材を用いた教材の可能性(第46回大学美術教育学会兵庫大会)
受賞学術賞
1. 2016/04 国画会彫刻部 準会員優作賞 (白い灯)
2. 2011/05 社団法人松本芸術文化協会 美術賞 (静かな翳)
3. 2009/04 第83回国展彫刻部 新人賞 (静かな刻)
4. 2008/05 第63回新潟県美術展覧会彫刻部 奨励賞 (奇跡の人)
5. 2007/05 第62回新潟県美術展覧会彫刻部 県展賞 (木漏れ日)
6. 2005/04 第79回国画会彫刻部 T社奨励賞 (大地に立つ)
外部補助金等
1. 2020/04~2023/03  彫刻の制作過程(プレフィグラツィオン)に着目した教員養成系大学における教材の開発 (基盤研究(C))
2. 2019/11~2020/03  Arts-Based Researchによる探求活動の評価に関する実践研究 (萌芽研究プロジェクト)
3. 2018/04~  Arts-Based Researchによる芸術を基盤とした探求型学習理論の構築 (基盤研究(B))
職歴
1. 2007/04~2010/03 上越市立中郷中学校 非常勤講師
2. 2008/04~2010/03 上越市立清里中学校 非常勤講師
3. 2009/04~2010/03 妙高市立新井南中学校 非常勤講師
4. 2010/04~2011/03 長野県松本ろう学校 中学部 常勤講師
5. 2011/04~2015/03 長野県木曽青峰高等学校 インテリア科 常勤講師
6. 2013/04~2015/03 長野県林業大学校 非常勤講師
7. 2015/04~ 北海道教育大学旭川校 芸術・保健体育教育専攻 准教授
資格・免許
1. 2005/03/31 学芸員資格
2. 2005/03/31 高等学校教諭一種免許状(美術)
3. 2005/03/31 小学校教諭一種免許状
4. 2005/03/31 中学校教諭一種免許状(美術)
5. 2008/03/24 小型移動式クレーン運転技能講習修了
6. 2010/03/24 高等学校教諭専修免許状(美術)
7. 2010/03/24 小学校教諭専修免許状
8. 2010/03/24 中学校教諭専修免許状(美術)
9. 2011/08/15 フォークリフト運転技能講習修了
10. 2012/01/06 ガス溶接技能講習修了
全件表示(15件)
社会における活動
1. 2020/10 旭川市彫刻鑑賞事業の解説講師
2. 2019/12~2019/12 北海道立旭川美術館「没後30年砂澤ビッキ展」ギャラリートーク
3. 2019/08~2019/08 こども彫刻教室「あさひかわ彫刻どうぶつ園」講師
4. 2019/04~2019/07 第69回全道造形教育研究大会道北ブロック大会ファシリテーター
5. 2018/12 北海道立旭川美術館「木をめぐる美術」展ギャラリートーク
6. 2018/10 第53回上川管内教育研究会南部地区研究大会実技研修講師
7. 2018/10~2018/10 第53回上川管内教育研究会南部地区研究大会助言者
8. 2018/08~2018/08 野外彫刻鑑賞会講師
9. 2017/11 富良野市教育研究会総合教育研究大会 図工・美術班助言者
10. 2017/11~2017/12 北海道立旭川美術館「プレミアム・コレクション」ギャラリートーク
全件表示(29件)