(最終更新日:2020-12-18 16:40:43)
  椙本 顕士
  スギモト ケンジ   SUGIMOTO Kenji
基本情報
   所  属   釧路校
   職  名   准教授
   所属講座   英語教育
   電話(D・I)  
学位
1. 2013/03/31
博士(文学)(東北大学)
2. 2008/03/25
修士(文学)(東北大学)
3. 2006/03/24
学士(文学)(東北大学)
所属学会
1. 2009/04~ 日本英語学会
現在の専門分野
生成文法, 統語論, 意味論 (キーワード:項構造、自他交替) 
研究テーマ
1. 2014/04~  動詞の交替現象に課せられる制約の理論的・実証的研究  
研究内容
生成文法理論に基づく様々な意味タイプの動詞の統語的・意味的特徴の研究
特に、語彙意味論の観点から、英語の心理動詞 (anger, bother, worry等々) 、移動様態動詞 (jump, run, walk等々) 、使役動詞 (break, melt, open等々) などの動詞類が示す項の交替や項の統語的具現化の際に課せられる意味的制約の研究
担当講義
英語学関連科目(英語学概説(新カリ、英語学概論Ⅰ)、英語学講義(新カリ、英語学概論Ⅱ)、英語学研究法(新カリ、英語学講読Ⅰ)、英語のしくみ(新カリ、英語学講読Ⅱ)、英語学基礎演習(新カリ、英語学演習Ⅰ)、英語学演習(新カリ、英語学演習Ⅱ)、英語学特殊研究ⅠⅡⅢⅣ(新カリ、英語学特別研究ⅠⅡⅢⅣ))、音声学、大学院(英語学特論Ⅰ、英語学特別演習Ⅰ、課題研究、教育実践研究)外国語(英語)ⅠB、外国語(英語)ⅣA、倫理・人権、教職実践演習、情報機器の操作
著書、学術論文
1. 2020/09 論文  [Review] Elements of Comparative Syntax: Theory and Description
Ed. by Enoch Aboh, Eric Haeberli, Genoveva Puskas and Manuela Schonenberger, Mouton de Gruyter, Berlin, 2017, viii+533pp. English Linguistics 37(1),pp.112-123 (単著) 
2. 2020/06 著書  英語構文を分析する(上)
Analyzing English Sentences, 2nd Edition)  85-164頁  
3. 2020/03 論文  動詞句内要素の等位接続について 2019年度日本英文学会中部支部第71回大会(於:三重大学)プロシーディングス  (共著) 
4. 2019/12 論文  小学校外国語活動・外国語科における英単語・英語表現の効果的な掲示の在り方
Effective Classroom Displays of English Words and Expressions in Elementary School Foreign Language Classes 釧路論集北海道教育大学釧路校研究紀要 (51),85-92頁 (共著) 
5. 2018/02 論文  An Argument Structure Alternation of Change-of-State Verbs under VP-Deletion JELS 35,pp.145-151 (単著) 
6. 2016/12 著書  増補版 チョムスキー理論辞典   (共著) 
7. 2016/08 論文  教員養成課程における「脱教科型学び」の構想  67(1),289-300頁 (共著) 
8. 2016/06 論文  勧誘行為交替の主要部移動分析 言語学の現在を知る26考 230-240頁 (単著) 
9. 2016/03 論文  Martin Everaert, Marijana Marelj and Tal Siloni (eds.), The Theta System: Argument Structure at the Interface Oxford: Oxford University Press, 2012. xiv+407pp. Studies in English Literature 57,pp.139-146 (単著) 
10. 2015/09 論文  Argument Structure Alternations and Verb Phrase Ellipsis: Two Case Studies Explorations in English Linguistics 29,pp.63-83 (共著) 
全件表示(21件)
学会発表・講演
1. 2019/10 動詞句内要素の等位接続について(日本英文学会中部支部第 71 回大会)
2. 2017/11 VP削除からみた状態変化動詞の項交替(日本英語学会第35回大会)
3. 2014/11 VP削除からみた心理動詞の項交替(日本英語学会第32回大会)
4. 2013/11 勧誘行為交替の統語的分析(日本英語学会第31回大会)
5. 2012/06 On Reflexivization of Agentive Verbs of Manner of Motion(Sendai Area Circle of Linguistics)
6. 2011/05 Co-occurrence Restrictions on Arguments of Psych Verbs(Sendai Area Circle of Linguistics)
7. 2011/05 心理動詞における項の共起制限(日本英文学会第83回大会)
8. 2010/12 Experiencer Object Verbs in the Theta System(Sendai Area Circle of Linguistics)
9. 2010/05 不定詞節を伴う形容詞句の構造(日本英文学会第82回大会)
10. 2010/04 On Argument Structures of Adjectives with Infinitival Clauses(Sendai Area Circle of Linguistics)
全件表示(12件)
外部補助金等
1. 2019/04~2022/03  主題理論における機能投射の必要性の研究 (若手研究)
2. 2014/04~2016/03  動詞の交替現象に課せられる制約の理論的・実証的研究 (若手研究(B))
職歴
1. 2013/04~2013/09 東北大学大学院文学研究科
2. 2013/10~ 北海道教育大学教育学部(釧路校) 講師