北海道教育大学 研究者総覧 北海道教育大学 ホームページ
   研究者総覧TOP   

阿部 吉伸
アベ ヨシノブ/ABE Yoshinobu
 
お問い合わせ
基本情報
所  属岩見沢校
職  名准教授
所属講座美術教育
電話(D・I)
学位
1. 1997/03/15 教育学士(北海道教育大学)
2. 1999/03/15 教育学修士(北海道教育大学)
所属学会
1. 2009/11~ 北海道美術協会
2. 2008~ 日本教育大学協会美術部門
3. 2006~ 大学美術教育学会
4. 2005~ 北海道美術工芸協会
現在の専門分野
  木材工芸 
研究テーマ
1.   木材工芸に関する地域(北海道)に根ざした伝統的な工芸品や地域文化についての研究  個人研究 
研究内容
太古の時代より人の身近にあった素材は「木」である。時代が移り変わっても、天然素材としての木材が私たちの生活に与えてくれる有用性や安らぎ、癒しの効果といった木の魅力は変わらない。今の時代だからこそ「木」から学ぶべきことはとても多いのではないだうか。また、造形的・機能的な美しさを与えられたモノに触れ日々生活することは、私たちの生活を豊かにしてくれる。特に木材資源が豊富な北海道において、地域の特色を活かして作品制作することの意義は大きい。北海道に根ざした伝統的な工芸作品をはじめ、木材を取り巻く教育的な環境や文化をさらに発展させるために必要な要素について研究している。
担当講義
書画・工芸文化基礎、工芸1、工芸2、素材入門、木工理論、木工1、木工3、木工5、木工演習2、木工演習3、木工演習6
著書、学術論文
1. 論文  地域における工芸文化の継承に関する検証ー熊をモチーフとした北方圏における工芸品の可能性ー  (単著)  2014/08
2. 論文  北海道における木材工芸についての一考察~熊をモチーフとした地域の伝統工芸について  (単著)  2007
3. 論文  地域における伝統工芸の継承についての一考察~北海道の熊彫りのルーツ  (単著)  2008
作曲・作品・演奏・指揮・出場競技等
1. 2019/04 北海道美術工芸協会展『egg-bird「on the egg(A)」』(札幌市民ギャラリー)
2. 2018/10 北海道美術協会展『egg-bird』(札幌市民ギャラリー)
3. 2018/09 丹波の森ウッドクラフト展『家族の絆』(兵庫県丹波年輪の里)
4. 2018/04 北海道美術工芸協会展『party plate』(札幌市民ギャラリー)
5. 2017/10 第92回美術協会展『woods box』(札幌市民ギャラリー)
6. 2017/09 丹波の森ウッドクラフト展『森から生まれた30の木』(兵庫県丹波年輪の里)
7. 2016/04 北海道美術工芸協会『KURASAN'S TABLE』(札幌市民ギャラリー)
8. 2015/10 北海道美術協会展『くろいひつじ』(札幌市民ギャラリー)
9. 2014/10 第89回北海道美術協会展『樹に集う』(札幌市民ギャラリー)
10. 2013/10 北海道美術協会展『Welcome Bear』(札幌市民ギャラリー)
全件表示(48件)
月刊誌、書評、報告集及びコラム
1. 2010/02 TBS系列『世界ふしぎ発見!』番組取材協力(2月19日放映)
学会発表・講演
1. 2016/04 北海道の工芸品(木彫り熊)についての講演会
2. 2013/05 木彫のクマ(木夢ゴールデンンウィーク特別講演)
受賞学術賞
1. 2018/09 丹波の森ウッドクラフト展 佳作賞
2. 2017/09 丹波の森ウッドクラフト展 新人賞
3. 2010/10 第85回北海道美術協会展 会友賞
4. 2010/09 道展新鋭展 時計台ギャラリー賞
5. 2008 第35回美工展 奨励賞
6. 2008 第83回 北海道美術協会展 佳作賞
7. 2007 第82回 北海道美術協会展 新人賞
職歴
1. 1999/04~2003/03 札幌芸術の森 木工専門員 その他(教員以外)
2. 2003/04~2004/03 北海道室蘭東高等学校 その他(教員)
3. 2004/04~2005/03 北海道高等聾学校 情報デザイン科(専攻科) その他(教員)
4. 2005/04~2008/03 北海道白樺高等養護学校 その他(教員)
5. 2008/04~ 北海道教育大学岩見沢校 准教授
6. 2010/06~ 北翔大学 時間講師
7. 2016/04~ 北海道教育大学札幌校 その他(教員)
資格・免許
1. 1997/03/15 高等学校1種免許取得(工芸)
2. 1999/03/15 高等学校専修免許取得(美術)
3. 1999/03/15 中学校専修免許取得(美術)
北海道教育大学 研究者総覧