(最終更新日:2020-12-17 19:08:27)
  関口 朋彦
  セキグチ トモヒコ   SEKIGUCHI Tomohiko
基本情報
   所  属   旭川校
   職  名   教授
   所属講座   理科教育
   電話(D・I)  
学位
1. 2001/09/30
博士 (理学)(総合研究大学院大学)
2.
修士 (理学)(北海道大学)
3.
学士 (理学)(北海道大学)
所属学会
1. 2011/04~ 日本地球惑星科学連合
2. 2008/03~ 日本天文教育普及研究会
3. 2001/09~ International Astronomical Union (IAU)
4. 2001/04~ Asia Oceania Geosciences Society (AOGS)
5. 1997/04~ 日本天文学会
6. 1994/09~ 日本惑星科学会
委員会・協会等
1. 2017/10~2018/10 日本惑星科学会 秋季講演会実行委員会 委員長
2. 2015/06/01~2017/05/31 日本惑星科学会 最優秀発表賞選考委員会 選考委員
3. 2013/06/01~ TMT International Science Development Team convener
4. 2012/07/01~2014/06/30 天文教育普及研究会 運営委員(北海道支部委員)
5. 2012/01/26~ 日本惑星科学会 学会誌編集委員会 編集委員
6. 2011/06/01~2013/03/31 国立天文台 光赤外専門委員会 岡山観測所 プログラム小委員会 委員
7. 2010/10/01~2012/03/30 文部科学省 教員資格認定試験問題作成委員会 委員
8. 2010/07/01~2012/06/30 天文教育普及研究会 運営委員(学校教育分野委員)
9. 2009/04/01~2011/03/31 地学オリンピック日本委員会 委員/作題委員会 副委員長
10. 2009/04/01~2012/03/31 日本天文学会 内地留学選考委員会 委員
現在の専門分野
天文学, 固体地球惑星物理学, 科学教育
太陽系小天体 
研究テーマ
1.   はやぶさ2探査機の熱赤外線撮像装置TIRによる小惑星の熱物性 国際共同研究 
2.   可視光分光器による天体スペクトルカタログの作成 機関内共同研究 
3.   北大ピリカ望遠鏡による太陽系小天体の可視光観測 国内共同研究 
研究内容
太陽系小天体(彗星・小惑星)の可視光・赤外線・電波での観測研究。特に太陽系外縁部の氷天体や彗星核、特異小惑星を専門的に研究を行っている。
担当講義
地学概論2, 天体物理学, 地学基礎実験, 地学野外実習,
中学校理科実験1, 中学校理科実験2,初等理科,
理科教材開発実習, 理科教材開発研究, 教職実践演習,地学演習,地学実験1, 地学実験2,
天体物理学特論, 天体物理学特別演習A, 天体物理学特別演習B
著書、学術論文
1. 2020/09 論文  Thermophysical properties of the surface of asteroid 162173 Ryugu: Infrared observations and thermal inertia mapping Icarus 348,pp.113835 (共著) 
2. 2020/03 論文  Global and Regional Thermophysical Properties of the Surface of Asteroid Ryugu 51st Lunar and Planetary Science Conference 2326(1323) (共著) 
3. 2020/03 論文  Highly porous nature of a primitive asteroid revealed by thermal imaging Nature 576,pp.518-522 (共著) 
4. 2020/03 論文  Thermal Infrared Multi-Band Imaging of Binary Asteroid Didymos in Hera Mission 51st Lunar and Planetary Science Conference 2326(1355) (共著) 
5. 2020/03 論文  Thermophysical Property of the Artificial Impact Crater on Asteroid Ryugu 51st Lunar and Planetary Science Conference 2326,pp.1358 (共著) 
6. 2020/03 論文  Unveiling Highly-Porous Nature of Primitve Asteroid 162173 Ryugu by Thermal Imager on Hayabusa2 51st Lunar and Planetary Science Conference 2326(1352) (共著) 
7. 2020/01 論文  Polarimetric and photometric observations of NEAs; (422699) 2000 PD3 and (3200) Phaethon with the 1.6m Pirka telescope Planetary and Space Science  (共著) 
8. 2019/09 論文  Global and Regional Thermophysical Model of asteroid 162173 Ryugu by the Observation of Thermal Infrared imager TIR European Plnaetary Science Congress, Division for Planetary Sciences 13(1108),pp.3-4 (共著) 
9. 2019/09 論文  Thermal inertia of asteroid Ryugu using dawn-side thermal images by TIR on Hayabusa2 European Plnaetary Science Congress, Division for Planetary Sciences 13(268),pp.1-2 (共著) 
10. 2019/09 論文  Thermophysical modelling of Ryugu: pre-mission and approach-phase observations European Plnaetary Science Congress, Division for Planetary Sciences 13(1380),pp.1-2 (共著) 
全件表示(116件)
月刊誌、書評、報告集及びコラム
1. 2019/03 日本惑星科学会 2018年秋季講演会 開催報告(日本惑星科学会誌 遊星人
2019年 第28巻 1号 99-111頁)
2. 2013/06 新刊書評「太陽系探検ガイド -エクストリームな50の場所-」(日本惑星科学会誌 遊星人
2013年 第22巻 第2号 115頁)
3. 2010/06 冷たい地球
衛星タイタンの姿(日経サイエンス 2010年6月号 第40巻 第6号 42-50頁
日本経済新聞社)
4. 2009/07 地表面に衝突した小惑星2008TC3 アフリカ・スーダンで粉砕破片を発見(月刊天文ガイド 2009年 第45巻 7号 19-21頁)
5. 2009/03 土星の月 エンケラドス
 噴泉の謎(日経サイエンス 2009年3月号 日本経済新聞社 第39巻 第3号 24-34頁)
学会発表・講演
1. 2019/08 Thermal IR Photometry of Small Bodies in the Solar System(Mid-infrared Astronomy Past 20 years & Future 20 years)
2. 2017/02 あかり衛星によるトリトンとエリスの観測(第5回衛星系研究会:冥王星系の起源)
3. 2016/09 大気を持たない小天体(彗星核・小惑星・外縁天体)の熱放射の観測(地上赤外線観測による太陽系内天体の観測戦略)
4. 2015/11 Capabilities of the Thirty-Meter Telescope (TMT) for Solar System Astronomy(DPS meeting)
5. 2015/10 太陽系小天体 -彗星と小惑星の微妙な関係-(第1回 新天体捜索者会議)
6. 2015/08 北海道教育大学の教員養成 -天文教育の視点から-(2015年 天文教育普及研究会 年会)
7. 2015/06 北海道の教員養成と天文教育 -教員養成大学における大学教育を例に-(2015年北海道地区天文教育研究集会)
8. 2014/09 2020年代の光赤外線天文学−太陽系観測(2014年度光赤天連シンポジウム 「光赤外分野の展望〜将来計画検討書中間報告会」)
9. 2014/09 あかり衛星によるケンタウルス天体とTNOsの低温熱放射の観測(日本惑星科学会 2014年度秋季講演会)
10. 2014/07 Groundbased Observations of Candidate Asteroids for Future Spacecraft Missions(Asia Oceania Geoscience Union 2014)
全件表示(53件)
外部補助金等
1. 2011/04~2014/03  天文観測実習を経験してきた理科教員の養成 (基盤研究(C))
2. 2010/04~2013/03  高度な実践力を身につけた科学教師の育成 (基盤研究(B))
3. 2004/04~2006/04  サブミリ波による太陽系及び惑星系形成の観測的研究 (特別研究員奨励費)
職歴
1. 1999/12~2001/05 European Southern Observatory Santiago Office ESO Ph.D. Studentship Staff
2. 2001/10~2003/03 国立天文台 電波研究部 国立天文台研究員
3. 2003/04~2006/03 日本学術振興会特別研究員 日本学術振興会特別研究員
4. 2006/04~2007/03 国立天文台 ALMA推進室 国立天文台研究員
5. 2007/04~2008/03 国立天文台 ALMA推進室 国立天文台専門研究職員
6. 2008/04~2017/03 北海道教育大学 旭川校 准教授
7. 2017/04~ 北海道教育大学 教授
資格・免許
1. 1995/03/31 中学校理科 1種 高等学校理科 1種
2. 1997/03/31 高等学校理科 専修