北海道教育大学 研究者総覧 北海道教育大学 ホームページ
   研究者総覧TOP   

稲葉 浩一
イナバ コウイチ/INABA Koichi
 
お問い合わせ
基本情報
所  属旭川校, 教職大学院
職  名准教授
所属講座高度教職実践
電話(D・I)
学位
1. 2002/03 教育学(修士)(立教大学大学院)
所属学会
1. 2017/04~ 日本犯罪社会学会
2. 2005/06~ 日本教育学会
3. 2002/05~ 日本教育社会学会
委員会・協会等
1. 2010/04/01~2011/03/31 NPO法人「セカンドチャンス」 事務局員
現在の専門分野
  教育社会学, 教育学
教育社会学, 生徒指導論, 少年非行論
(キーワード:児童生徒理解,教育問題,矯正教育,構築主義,エスノメソドロジー) 
研究テーマ
1. 2010/04~  児童生徒理解・個性教育の研究  国内共同研究  (キーワード:児童生徒理解、個性教育、個性調査、言説実践)
2. 2010/04~  探究的学習の方法に関する研究  国内共同研究  (キーワード:探究的学習、知的好奇心、学校文化)
3. 2005/04~  少年院収容者の更生と社会復帰に関する研究  国内共同研究  (キーワード:少年院、矯正教育、更生保護、生徒指導、道徳教育)
4. 2005~  学校文化における成員性の研究  国内共同研究  (キーワード:学校文化、学校教育制度、卒業式、集合的記憶、特別活動)
5. 2002/04~  青少年問題の構築主義的研究  個人研究  (キーワード:青少年問題、学校教育、逸脱、言説、心理主義)
6. 2000/04~2002/03  現代社会及び学校教育におかえる心理主義言説の研究  個人研究  (キーワード:心理主義、学校教育、逸脱、言説)
研究内容
・児童生徒理解に関する言説実践的研究
・個性教育の言説実践的研究
・少年院収容者の更生と社会復帰に関する研究
・学校文化における成員性の研究
・青少年問題に関する言説研究
・いじめ問題に関するメディア論的研究
・生徒指導領域における逸脱行動の研究
・探究的学習に関する教育方法論的研究
・学校における道徳教育の研究
担当講義
・生徒指導の意義と今日的課題
・現代社会と生徒指導
・生徒指導・教育相談の基礎としての生涯発達心理学(副担当)
・生徒指導・教育相談事例研究Ⅰ
・生徒指導・教育相談事例研究Ⅱ
・生徒指導・教育相談事例研究Ⅲ
・生徒指導・教育相談事例研究Ⅳ
・マイオリジナルブック作成
・学校運営実習
・学校課題解決・検証実習
・学校課題俯瞰実習
授業科目
1. 現代社会と生徒指導
2. 生徒指導・教育相談事例研究Ⅲ
3. 生徒指導・教育相談事例研究Ⅳ
4. 生徒指導の意義と今日的課題
5. 発達・学習支援の方法と実践的課題
著書、学術論文
1. 論文  「記録される『個性』―言説-解釈実践としての児童理解の分析―」  (単著)  2013/12
2. 論文  「少年院における『更生』の構造―非行少年の語る『自己』と『社会』に着目して」  (単著)  2009/11
3. 著書  『文化としての涙: 感情経験の社会学的探究』  (共著)  2012/12
4. 著書  『少年院教育はどのように行われているか ―調査からみえてくるもの―』  (共著)  2013/07
5. 著書  『現代日本の少年院教育 -質的調査を通して-』  (共著)  2012/09
6. 論文  「児童生徒理解実践としての『個性調査』とその『失敗』」  (単著)  2019/04
7. 論文  「大津市いじめ事件」の経験のされかた―社会問題化における<有識者>の用いられ方に着目して  (単著)  2018/04
8. 著書  『教師のメソドロジー ―社会学的に教育実践を創るために』  (共著)  2018/04
9. 論文  「教員養成におけるICT機器活用の指導について(1)-『新しい教育メディア』としての電子黒板の活用例とその意義・課題 」  (共著)  2016/03
10. 論文  「教員養成におけるICT機器活用の指導について(2)-『国語科教育法』における電子黒板を活用した授業の指導例」  (共著)  2016/03
全件表示(19件)
月刊誌、書評、報告集及びコラム
1. 2008/03 書評 『非行・少年犯罪』監修:広田照幸 編集:北澤毅(リーディングス 日本の教育と社会 第9巻)日本図書センター(『立教大学大学院教育学研究集録』(2008・(5)・59-61))
2. 2008/03 書評 『非行・少年犯罪』監修:広田照幸 編集:北澤毅(リーディングス 日本の教育と社会 第9巻)日本図書センター(『立教大学教育学科研究年報』(2008・(48)・183))
学会発表・講演
1. 2017/10 「いじめ問題」の諸相(4)―当事者は「いじめ問題」をいかに語りうるのか(日本教育社会学会第69回大会)
2. 2017/09 「立ち直り」支援において地域の持つ意味――非行少年の社会復帰支援と保護司(1) ――(日本犯罪社会学会第44回大会)
3. 2017/09 保護司の語りにみる「立ち直り」支援の課題――非行少年の社会復帰支援と保護司(2) ――(日本犯罪社会学会第44回大会)
4. 2016/09 「『いじめ』事件の事実認定と学校の責任問題―大津事件と高島事件の比較を通して」(日本教育社会学会第68回大会)
5. 2016/02 「非行少年と社会のつながりについて」(熊本県菊陽町青少年健全育成会議研修会)
6. 2015/09 「『問題化装置』としての<有識者>―『大津市いじめ事件』報道をもとに」(日本教育社会学会第67回大会)
7. 2013/09 「いじめ問題の諸相(1) :『大津いじめ自殺』事件にみる『社会問題』の構築」(日本教育社会学会第65回大会)
8. 2013/09 「いじめ問題の諸相(2) : 『大津いじめ自殺』事件のテレビ番組分析の可能性」(日本教育社会学会第65回大会)
9. 2011/09 「記録される個性‐児童理解実践としての個性調査」(日本教育社会学会第63回大会)
10. 2009/09 「『理解の失敗』と逸脱行動 ― 規範的要請としての『教師のまなざし』に着目して」(日本教育社会学会第61回大会)
全件表示(23件)
外部補助金等
1. 2018/04~2021/03  「児童生徒理解」実践の領域横断的研究:他者理解の言説実践的特質に着目して  (基盤研究(C))
職歴
1. 2002/04~2003/04 立教大学 文学部 ティーチングアシスタント
2. 2008/04~2014/09 相模女子大学 学芸学部 非常勤講師
3. 2010/04~2013/03 北里大学 医療衛生学部 非常勤講師
4. 2011/04~2014/09 日本大学 文理学部 非常勤講師
5. 2011/04~2014/09 立教大学 文学部 非常勤講師
6. 2011/09~2014/09 東京経済大学 経営学部 非常勤講師
7. 2012/09~2014/09 東洋英和女学院大学 人間科学部 非常勤講師
8. 2013/01~2014/09 共栄大学 教職センター 特別研究員
9. 2014/04~2014/09 日本女子大学 人間社会学部 非常勤講師
10. 2014/04~2014/09 淑徳大学 コミュニティ政策学部 非常勤講師
全件表示(12件)
資格・免許
1. 2016/10/01 専門社会調査士
社会における活動
1. 2019/04 北海道教育大学教職大学院「いのちの教育」シンポジウム2019パネリスト
2. 2019/01 帯広市生徒指導連絡協議会講演講師
3. 2018/12 2018年度教員免許更新講習講師
4. 2018/11 富良野市教育委員会「いじめに関する講演会」講師
5. 2018/08 旭川市教育委員会・生徒指導協議会講演講師
6. 2016/02 熊本市菊陽町青少年健全育成会議研修会講演
7. 2015/10 尚絅大学公開講座講師
8. 2010/04~2011/03 NPO法人「セカンドチャンス」シンポジウム事務局員
北海道教育大学 研究者総覧