(最終更新日:2021-07-27 21:12:21)
  戸田 竜也
  トダ タツヤ   TODA Tatsuya
基本情報
   所  属   釧路校
   職  名   准教授
   所属講座   学校教育
   電話(D・I)  
学位
1. 2001/03/26
教育学修士(埼玉大学)
2. 1999/03/31
学士(社会福祉学)(日本福祉大学)
関連リンク
   戸田研究室HP
   特別支援教育研究室
所属学会
1. 日本特別ニーズ教育学会
2. 日本発達障害学会
3. 日本教育心理学会
4. 日本教師教育学会
5. 日本社会福祉学会
6. 日本保育学会
7. 日本臨床教育学会
8. 北海道子ども学会
9. 北海道特別支援教育学会
10. ∟ 理事
全件表示(13件)
委員会・協会等
1. 2018/10~ 釧路管内教育支援委員会 審査委員
2. 2018/06/01~ 釧路市障がい者自立支援協議会 会長
3. 2017/08 釧路市いじめ防止対策委員会 委員
4. 2016/05~ 釧路管内特別支援教育専門家チーム 委員長
5. 2016/05~ 釧路管内特別支援教育連携協議会 委員
6. 2016/05~ 根室管内特別支援教育連携協議会 委員
7. 2016/04 北海道釧路北陽高等学校 学校協議会委員
8. 2016~ 根室管内特別支援教育専門家チーム 委員長
9. 2015/11~ 釧路市手話啓発推進会議 委員
10. 2014/04~ 北海道釧路鶴野支援学校 学校評議員
全件表示(22件)
現在の専門分野
教育心理学, 教育学, 特別支援教育
 
研究テーマ
1.   児童虐待への対応、被虐待児への支援の検討 個人研究 
2.   特別な教育的ニーズを持つ子どもへの支援の検討 個人研究 
3.   発達障害(特に、自閉スペクトラム症)児者のナラティブ 個人研究 
研究内容
○特別支援学校・学級における授業内容研究
  (特別支援担当教師の育ち、TT等を含む)
○被虐待児童への対応
担当講義
・特別ニーズ教育論(1年次教養科目、必修)~子どもの貧困、虐待、疾病、障害、家族問題等を背景に立ち現れる「特別な教育的ニーズ」について、具体的な事例に基づき講義をしている。演習を取り入れ、各事例から社会にある諸課題を考察するとともに、大学生としての「物の見方」「考え方」等のリテラシーを育むことをねらいとしている。

・障害児の福祉と地域支援(特別支援学校免許1種取得者、必修)~子どもの「学校外の生活」に視点を置き、彼らの最善の利益を保障する福祉と地域支援の在り方を講義している。また、学校及び教員が学校外の専門機関とどのように連携・協働すべきか議論している。障害当事者や家族、福祉従事者のゲストスピーカーを招いての特別講義も実施している。
著書、学術論文
1. 2019/04 著書  「特別な教育的ニーズ」とへき地・小規模校における授業づくり 豊かな心を育むへき地・小規模校教育 179-186頁 (単著) 
2. 2018/05 論文  インクルーシブ教育の現状と課題 月刊福祉 2018-6,48-49頁 (単著) 
3. 2018/01 論文  へき地・小規模校における特別な支援を要する児童を包摂する複式学級の柔軟な授業のあり方の検討 へき地教育研究 (27) (共著) 
4. 2018/01 論文  複式学級における教育可能性の再発見―授業づくり・インクルーシブ教育・自尊感情の視点から へき地教育研究 (72),29-38頁 (共著) 
5. 2017/03 著書  「新しい障害観」とインクルーシブ教育の課題 子どもの“総合的な能力”の育成と生きる力 76-79頁 (共著) 
6. 2017/03 論文  教員養成雑考 SGU教師教育研究 (31),46-53頁 (単著) 
7. 2017/02 論文  インクルーシブ教育を担う教師の専門性と養成の課題 月刊ノーマライゼーションー障害者の福祉 37(427),14-17頁 (単著) 
8. 2017/01 論文  さまざまな事情を抱えた子どもたち‐伝えたいことがあるときこそ、子どもの話を丁寧に聴く 道徳教育 704,56-59頁 (単著) 
9. 2016/12 論文  障害児の「きょうだい」支援を考える 教育(教育科学研究会) (852),68-75頁 (単著) 
10. 2016/03 論文  「性の多様性」の理解を促進する特別講義の効果と課題について―保育者養成校A校での取り組みに関する一考察― 釧路専門学校環境・教育研究センター研究紀要 (6) (共著) 
全件表示(44件)
月刊誌、書評、報告集及びコラム
1. 2021/01 子どもの指導と暴力―大学生との対話から(北海道の生活指導、第25号)
2. 2020/04 書評・田中康雄著
「発達障害」だけで子どもを見ないで その子の「不可解」を理解する(北海道新聞、2020.4.)
3. 2020/01 スクールカウンセラーから見える学校(北海道生活指導研究協議会 紀要)
4. 2018/10 きょうだいが人生の主人公として生きる土台を育むために (特集 きょうだいの歩み)(みんなのねがい (629), 30-33,)
5. 2018/01 子どものSOS気づいて―大人の在り様、社会に影響(釧路新聞「巷論」)
6. 2017/06 子供理解できる教師を―学ボラで豊かな目養う(釧路新聞、巷論)
7. 2017/05 言語として輝く手話ー幅広く市民に共有を(釧路新聞、巷論)
8. 2017/04 子どもたちの居場所―一人ひとりを尊重する学校に(釧路新聞、巷論)
9. 2017/03 障害者権利条約の中核―包摂・包容される社会(釧路新聞、巷論)
10. 2017/02 「チームとしての学校」-ネットワークは地域の強み(釧路新聞、巷論)
全件表示(35件)
学会発表・講演
1. 2020/12 障害のある児童生徒の理解と対応(北海道教育委員会ファーストステッププログラム)
2. 2020/11 保護者への支援方法―事例を通した検討(北海道社会福祉協議会・障がい児保育担当者研修)
3. 2020/09 障がいある子どもの理解/特に配慮を必要とする子どもの理解(放課後児童支援員認定資格研修(北見会場))
4. 2020/09 特別支援教育(北海道家庭生活カウンセラー養成講座)
5. 2020/09 保護者への支援方法―事例を通した検討(北海道社会福祉協議会・障がい児保育担当者研修)
6. 2020/03 セクシャルマイノリティの理解と支援(北海道釧路鶴野支援学校職員研修)
7. 2020/01 障害児教育の未来を拓く(全国大会プレ学習会)
8. 2020/01 特別支援教育を問い直す ―学校がみんなの「居場所」になるために―(北海道生活指導研究大会)
9. 2019/12 LGBTに対する理解と受容的な学級集団づくり(釧路教育研究センター研修講座「学級経営の充実」)
10. 2019/12 釧路保護観察所社会復帰調整官スーパーバイザー研修(釧路保護観察所社会復帰調整官スーパーバイザー研修)
全件表示(251件)
外部補助金等
1. 2017/04~2020/03  異年齢教育による障害の「不可視化」機能:インクルーシブ教育の新次元 (基盤研究(C))
2. 2014/04~2017/03  学力困難地域における学校・家庭・地域を通じた総合的な学力向上推進方策に関する研究 (基盤研究(B))
職歴
1. 2001/04~2004/03 埼玉純真女子短期大学 児童教育学科 専任講師
2. 2003/04~2004/03 宇都宮短期大学 非常勤講師
3. 2004/04~2007/09 札幌大谷短期大学 保育科 専任講師
4. 2007/10~ 北海道教育大学教育学部釧路校 講師
5. 2008/04~2016/03 釧路専門学校 非常勤講師
6. 2012/04~ 釧路市立高等看護学院 非常勤講師
7. 2016/04~ 札幌学院大学 人文学部 非常勤講師
8. 2021/09 帯広畜産大学 非常勤講師
9. 2021/10 釧路公立大学 非常勤講師
資格・免許
1. 2019/11/01 公認心理師