(最終更新日:2020-06-03 15:07:41)
  村田 裕和
  ムラタ ヒロカズ   MURATA Hirokazu
基本情報
   所  属   旭川校
   職  名   准教授
   所属講座   国語教育
   電話(D・I)  
学位
1. 2004/03/31
博士(文学)(立命館大学)
2. 2000/03/31
修士(文学)(立命館大学)
3. 1998/03/31
学士(文学)(立命館大学)
関連リンク
   http://researchmap.jp/muratahirokazu/
   占領開拓期文化研究会ブログ
   占領開拓期文化研究会ホームページ
所属学会
1. 2015/04~ 社会芸術学会
2. 2015/04~ 林芙美子の会
3. 2013/04~ 日本社会文学会
4. 2013/04~ 北海道教育大学旭川校国語国文学会
5. 2013/04~ 北海道教育大学語学文学会
6. 2010/06~ 占領開拓期文化研究会
7. 2012/06~2019/03 ∟ 代表
8. 2008/04~ 中野重治の会
9. 2008/04~ 有島武郎研究会
10. 2019/06~ ∟ 編集委員
全件表示(18件)
委員会・協会等
1. 2019/08~ 昭和文学会 編集委員
2. 2019/06~ 有島武郎研究会 編集委員
3. 2015/07~ 日本比較文学会 北海道支部 幹事
現在の専門分野
日本文学
日本近代文学 (キーワード:プロレタリア文学、モダニズム、アナキズム、転向、有島武郎、萩原恭次郎、岡本潤) 
研究テーマ
1. 2012/04~  プロレタリア文化運動原資料の調査と研究 国内共同研究 
2. 2010/06~  占領開拓期の記録と表現 国内共同研究 
3. 2008/04~  日本におけるアナキズム詩人の研究 個人研究 
研究内容
日本近代文学の研究。プロレタリア文学・アナキズム文学の研究。

 大杉栄・荒畑寒村・管野須賀子・伊藤野枝ら、アナーキストの文学的活動に注目し、『近代思想社と大正期ナショナリズムの時代』(2011年 双文社出版)にまとめました。

 「文学」が社会運動や文化運動へと大きく開かれると同時に、その“役割”を多様化・複雑化させていく過程に興味を持ち、現在は、1920年代以降のプロレタリア文学、特にアナキズム詩人たちのジャンル横断的な活動や、作家同盟の組織的実態に注目し、基礎資料の収集と分析をおこなっています。農民詩人との交流や、戦時下の戦争協力詩、戦後のGHQ検閲などにも関心があります。
著書、学術論文
1. 2020/05 論文  托卵の思想——有島武郎「死と其前後」から秋田雨雀「幼児の殺戮時代」まで 有島武郎研究 (第23号),pp.33-46頁 (単著) 
2. 2020/03 その他  総目次『戦闘文芸』『尖鋭』『時代文化』 フェンスレス オンライン版 (第5号),pp123-147頁 (単著) 
3. 2019/10 著書  『ものがたりたちの京都 京都文学入門』  93-113頁 (共著) 
4. 2019/07 著書  Proletarian art matters now : the Showa era's little-known mass culture movements   (共著) 
5. 2019/07 著書  『いま、プロレタリア芸術が面白い! : 知られざる昭和の大衆文化運動 : 企画展』   (共著) 
6. 2019/05 論文  略奪と贈与のアンチノミー ——『泉』掲載作品とアナキズム 有島武郎研究 (第22号),pp.26-39頁 (単著) 
7. 2019/02 著書  『革命芸術プロレタリア文化運動』   (共著) 
8. 2018/11 論文  市の平和——太宰治「走れメロス」における〈負債〉と〈信用〉 旭川国文 (第31号),pp.35-47頁 (単著) 
9. 2017/10 著書  『昭和戦前期プロレタリア文化運動資料集』(DVD版) DVD全2枚  (共著) 
10. 2017/08 論文  闇の中の蒐集家——江戸川乱歩テクストの〈触覚性〉について 立命館文学 (第652号),pp.42-53頁 (単著) 
全件表示(49件)
作曲・作品・演奏・指揮・出場競技等
1. 2019/07 『企画展 いま、プロレタリア芸術が面白い!  知られざる昭和の大衆文化運動(2019年7月6日〜2019年8月18日)』(市立小樽文学館)
月刊誌、書評、報告集及びコラム
1. 2021/03 新刊紹介——斎藤理生・杲由美編『新聞小説を考える——昭和戦前・戦中期を中心に』(『昭和文学研究』第82集、昭和文学会、1日発行、p.165)
2. 2021/02 印象記——日本比較文学会北海道支部2020年度北海道大会(講演「詩と言語と翻訳について」)(『ニューズレター』第36号、25日発行、p.4)
3. 2020/11 書評 堀井一摩著『国民国家と不気味なもの 日露戦後文学の〈うち〉なる他者像』(『日本文学』第69巻第11号, 2020年11月, pp.50-51)
4. 2019/07 大衆文化運動の熱気 肌で(北海道新聞 夕刊(18日))
5. 2019/03 川合仁と新聞文芸社(『社会文学』第49号, pp.71-75)
6. 2019/03 前へならえ(『フェンスレス』(第5号)pp.2-4)
7. 2019/03 文学の源泉 (特集「浦西和彦の仕事」)(『フェンスレス』(第5号)pp.107-112)
8. 2018/09 (研究展望)『昭和戦前期プロレタリア文化運動資料集』から見えてくるもの(『昭和文学研究』第77集, pp.154-156)
9. 2018/07 「馬」とソビエト・ロシアをめぐって(小熊秀雄賞市民実行委員会会報「しゃべり捲くれ」 (第20号) pp.4-7)
10. 2017/07 私たちは進化している(小特集 村田沙耶香『コンビニ人間』感想集)(『社会文学』第46号, pp.26-28)
全件表示(29件)
学会発表・講演
1. 2020/03 日本文学史の脱カノン化とその課題:プロレタリア文化運動と国民国家(非西欧社会における近代化の再考 日本(東アジア)・エジプト(アラブ)をモデルに【第2回】)
2. 2019/12 小熊秀雄の詩と生涯:小さきものへ(道民カレッジ連携講座 2019年度 文学講座②)
3. 2019/11 『太陽のない街』の地方性とメディア:拡散・越境(三学会合同国際研究集会)
4. 2019/10 旭川の文学探訪(第43回北海道学校図書館研究大会旭川大会)
5. 2019/09 [報告]日本プロレタリア文芸聯盟の設立と〈プロレタリア文化運動〉(日本比較文学会関西支部 9月例会)
6. 2019/08 再発見! 昭和の大衆文化運動(企画展「いま、プロレタリア芸術が面白い! 知られざる昭和の大衆文化運動」講演②)
7. 2019/07 安部公房と現代社会(特別講演「安部公房を語る」)
8. 2019/07 文芸講座 創作ステップ・アップ(第17回北海道高等学校文化連盟空知支部文芸研究大会)
9. 2019/06 残された子、残された親 ——秋田雨雀を視座として(有島武郎研究会第65回全国大会(特集 有島武郎、アナキズムとその周辺))
10. 2018/11 『労農文学』の成り立ちと概観(『昭和前期プロレタリ文化運動資料集』を読む会 第6回)
全件表示(46件)
外部補助金等
1. 2019/04~2023/03  社会主義文化のグローバルな伝播と越境―「東」の公式文化と「西」の左翼文化 (科研費 基盤研究(B))
2. 2018/04~2023/03  プロレタリア文化運動研究:地方・メディア・パフォーマンス (科研費 基盤研究(B))
3. 2018/04~2019/03  革命芸術プロレタリア文化運動 (科研費 研究成果公開促進費(学術図書))
4. 2015/04~2018/03  戦前期プロレタリア文化運動資料研究(代表:村田裕和) (科研費 基盤研究(C))
5. 2012/04~2015/03  1930~40年代日本アナキズム文芸の研究 ―文献データベースの構築とその応用―(代表:村田裕和) (科研費 若手研究(B))
6. 2009/04~2011/03  活字活版印刷文化における文学の視覚性と身体性 -萩原恭次郎と岡田龍夫を中心に-(代表:村田裕和) (科研費 若手研究(B))
7. 2006/04~2009/03  日本文学における国際的研究理論と互換システム構築をめざして—文化表象を中心に(代表:中川成美) (科研費 基盤研究(B))
職歴
1. 2000/04~2003/03 立命館大学 文学部 助手
2. 2003/04~2004/03 立命館中学校・高等学校 非常勤講師
3. 2003/04~2008/03 華頂女子中学高等学校 非常勤講師
4. 2005/09~2008/03 立命館大学 文学部 非常勤講師
5. 2006/04~2011/03 同志社女子大学 学芸学部 嘱託講師
6. 2008/04~2013/03 立命館大学 文学部 助教
7. 2011/10~2012/03 ディキンソン大学 東アジア研究科 客員研究員
8. 2013/04~ 北海道教育大学 教育学部 准教授
9. 2014/10~2015/03 北海道大学 文学部 非常勤講師
10. 2015/10~2016/03 放送大学 非常勤講師
資格・免許
1. 高等学校国語科教諭 専修免許状
2. 中学校国語科教諭 専修免許状
社会における活動
1. 2018/03 小熊秀雄を「しゃべり捲くれ」講座(第30回) 講師
2. 2017/12~ 三浦綾子作文賞選考委員
3. 2016/10 旭川ウェルビーイング・コンソーシアム、旭川市教育委員会共催 あさひかわオープンカレッジ「旭川のちから」 講師
4. 2016/10 小熊秀雄を「しゃべり捲くれ」講座(第26回) 講師
5. 2015/11 放送大学 旭川サテライトセンター 面接授業 講師
6. 2014/12 旭川ウェルビーイング・コンソーシアム 一時間で分かる三浦綾子2014 講師