(最終更新日:2021-12-07 11:46:03)
  中村 直樹
  ナカムラ ナオキ   NAKAMURA Naoki
基本情報
   所  属   函館校
   職  名   講師
   所属講座   社会科教育
   電話(D・I)  
学位
1. 2004/03
社会福祉学修士(東北福祉大学大学院)
2. 2002/03
社会教育学士(東北福祉大学)
所属学会
1. 2015/12~ 日本フォスターケア研究会
2. 2010/04~ 函館人文学会
3. 2012/04~2014/03 ∟ 幹事
4. 2018/04~2020/03 ∟ 幹事
5. 2008/07 日本子ども虐待防止学会
6. 2003/07~ 日本社会福祉学会
7. 2021/04~ ∟ 研究活動委員会(日本社会福祉学会北海道ブロック)
8. 2003/06~2019/03 日本地域福祉学会
委員会・協会等
1. 2021/04/01~ 北海道社会福祉学会(日本社会福祉学会北海道ブロック) 研究活動委員
2. 2020/01~ ASIAN SOCIAL WORK JOURNAL Scientific and Editorial Board Member
3. 2018/04/01~ カリキュラム委員会(北海道教育大学函館校) 副委員長
4. 2017/04/01~ 男女共同参画推進会議(北海道教育大学) 委員
5. 2017/01/01~2017/10/14 教養教育全学運営委員会 委員
6. 2016/04/01~2018/03/31 カリキュラム委員会(北海道教育大学函館校) 委員
7. 2014/08~ 北海道子どもの虐待防止協会道南支部 監事
8. 2014/04/01~2016/03/31 研究倫理委員会(北海道教育大学函館校) 委員
9. 2014/04/01~2016/03/31 予算委員会(北海道教育大学函館校) 委員
10. 2012/06/01~ 北海道教育大学 大学教育開発センター(カリキュラム開発部門) センター員
全件表示(14件)
現在の専門分野
社会福祉学
児童福祉, ソーシャルワーク, 貧困 (キーワード:子どもの貧困、児童虐待、レジリエンス、子どもの生育環境、社会的養護、子どもの権利保障、支援を受けにくい子ども・若者) 
研究テーマ
1. 2019/04~  地方都市において展開可能な貧困対策に関する研究 個人研究 
2. 2018/04~  地域の変化に関する住民意識の国際比較研究―函館・道南地域とカナダ大西洋沿岸地域を中心に― 国際共同研究 
3. 2015/04~  学校における児童虐待対応に関する研究 個人研究 
研究内容
1.子どもの貧困に関する研究
2.学校における児童虐待の対応に関する研究
3.子どものレジリエンスに関する研究
4.社会的養護に関する研究
5.子どもの権利保障の児童福祉領域への臨床的応用(実践的・制度的・政策的モデル化)に関する研究
6.支援を受けにくい子ども・若者に関する研究
担当講義
児童福祉論
社会科学入門Ⅱ(社会福祉学)
相談援助実習
相談援助実習指導Ⅰ~Ⅲ
相談援助演習Ⅳ~Ⅴ
地域政策演習Ⅰ~Ⅳ
地域プロジェクトⅠ・Ⅱ
地域プロジェクトⅢ・Ⅳ
アカデミックスキル
卒業研究
著書、学術論文
1. 2021/04 論文  Children's health and well-being during the COVID-19 pandemic in Japan Asian Social Work Journal 6(2),pp.1-8 (単著) 
2. 2018/02 論文  被虐待児の回復・成長のためのパースペクティブ ―エコロジカル・ソーシャルワークとレジリエンス― 人文論究 (87),83-90頁 (単著) 
3. 2017/05 論文  児童虐待防止のための学校の役割と課題 教育と医学 65(5),24-31頁 (単著) 
4. 2015/08 論文  学校における児童虐待の対応と課題―教員の虐待対応事例の分析を通して― 北海道教育大学紀要(人文科学・社会科学編) 66(1),1-11頁 (単著) 
5. 2015/03 論文  里親開拓と里親養育支援―地域で支える里親養育― 人文論究 (84),111-120頁 (単著) 
6. 2015/02 論文  児童福祉援助と「子ども中心アプローチ」―子どもの権利と要保護児童の当事者性をめぐって― 北海道教育大学紀要(人文科学・社会科学編) 65(2),45-56頁 (単著) 
7. 2014/08 論文  社会的養護とパーマネンシーの保障―施設養護、里親、そして家族復帰― 北海道教育大学紀要(人文科学・社会科学編) 65(1),75-87頁 (単著) 
8. 2014/03 論文  子どもの自立のための福祉と教育の保障―養護児童に対する自立支援を中心に― 人文論究 (83),47-55頁 (単著) 
9. 2014/02 論文  自立支援と社会福祉―社会福祉の政策と援助に求められていること― 北海道教育大学紀要(人文科学・社会科学編) 64(2),43-52頁 (単著) 
10. 2013/08 論文  子ども家庭福祉の政策と実践における貧困の検討 北海道教育大学紀要(人文科学・社会科学編) 64(1),11-20頁 (単著) 
全件表示(19件)
学会発表・講演
1. 2021/11 子どもの貧困問題の理解と学校の可能性をめぐって(渡島公立小中学校事務研究大会)
2. 2020/07 The Kodomo-Shokudo: Cafeteria for Children as a Poverty Reduction Program in Japan(International Federation of Social Workers Online Global Conference)
3. 2020/02 Challenge and Prospect of Communication in Social Work towards Society 5.0(The 2nd International Conference on Social Work)
4. 2019/11 社会的養護を担う現場の声を聴く(令和元年度地区別里親研修事業シンポジウム)
5. 2019/09 A Practice about Building Poverty Solutions in Hokkaido, Japan(25th Asia-Pacific Joint Regional Social Work Conference)
6. 2018/10 子ども・家族が抱える貧困の実態ー学校・教師に問われる子どもの貧困の理解と対応ー(2018年度檜山合同教育研究集会)
7. 2018/10 私たちに問われる子どもの貧困への支援―「データ」に基づく貧困理解から―(「道南発達障がいを考える会」定例学習会)
8. 2018/07 貧困と子どもたち―今、わたしたちができること―(第58回道南母親大会)
9. 2018/06 学校現場における児童虐待対応と国内外の研究・実践動向から(第16回チャイルドファーストはこだて)
10. 2018/03 児童虐待について:気になる家庭のサイン、発見から対応まで(平成29年度北斗市産前産後支援ヘルパー講習)
全件表示(19件)
外部補助金等
1. 2019/04~  地方都市において展開可能な貧困対策に関する基礎研究:カナダの先進事例比較を通して (若手研究)
2. 2013/04~2014/03  自立支援と子ども家庭福祉の政策と実践―児童養護施設を中心に― (平成24年度学長裁量経費(学術研究推進経費))
職歴
1. 2007/04~2010/03 東北福祉大学 総合福祉学部 助教
2. 2010/04~ 北海道教育大学教育学部函館校 人間地域科学課程地域創生専攻 講師
3. 2014/04~ 北海道教育大学教育学部函館校 国際地域学科地域協働専攻地域政策グループ 講師
資格・免許
1. 2006/05/25 社会福祉士
2. 2011/07/29 社会福祉士実習演習担当教員講習会修了証
3. 2011/09/02 社会福祉士実習演習担当教員講習会修了証
社会における活動
1. 2021/09 出前講義「子どもをめぐる問題の理解と対応」(岩手県立宮古高等学校)
2. 2020/09 出前講義「子どもをめぐる問題の理解と対応」(青森県立大湊高等学校)
3. 2019/11 函館地区里親会研修事業 「社会的養護を担う現場の声を聴く」(函館児童相談所)
4. 2019/10 出前講義「子どもをめぐる問題の理解と対応―教育と福祉の現場から―」(青森県立青森北高等学校)
5. 2019/10 出前講義「子どもをめぐる問題の理解と対応―教員をはじめとする子どもに向き合うプロフェッショナルのために―」(青森県立青森中央高等学校)
6. 2019/06 出前講義「子どもをめぐる問題の理解と対応」(青森県立大湊高等学校)