北海道教育大学 研究者総覧 北海道教育大学 ホームページ
   研究者総覧TOP   

中村 直樹
ナカムラ ナオキ/NAKAMURA Naoki
 
お問い合わせ
基本情報
所  属函館校
職  名講師
所属講座社会科教育
電話(D・I)
学位
1. 2002/03 社会教育学士(東北福祉大学)
2. 2004/03 社会福祉学修士(東北福祉大学大学院)
所属学会
1. 2015/12~ 日本フォスターケア研究会
2. 2010/04~ 函館人文学会
3. 2018/04~ ∟ 幹事
4. 2012/04~2014/03 ∟ 幹事
5. 2008/07 日本子ども虐待防止学会
6. 2003/07~ 日本社会福祉学会
7. 2003/06~ 日本地域福祉学会
委員会・協会等
1. 2017/04/01~ 男女共同参画推進会議(北海道教育大学) 委員
2. 2017/01/01~2017/10/14 教養教育全学運営委員会 委員
3. 2016/04/01~ カリキュラム委員会(北海道教育大学函館校) 委員
4. 2014/08~ 北海道子どもの虐待防止協会道南支部 監事
5. 2014/04/01~2016/03/31 研究倫理委員会(北海道教育大学函館校) 委員
6. 2014/04/01~2016/03/31 予算委員会(北海道教育大学函館校) 委員
7. 2012/06/01~ 北海道教育大学 大学教育開発センター(カリキュラム開発部門) センター員
8. 2011/06/01 基礎共通科目教材等作成部門(倫理・人権) 委員
9. 2010/06/01 教養教育見直しワーキンググループ「倫理・人権教育部門」(全学) 委員
10. 2010/04/01~2014/03/31 介護等体験実習委員会(函館校) 委員
全件表示(11件)
現在の専門分野
  社会福祉学
児童福祉
(キーワード:児童虐待、レジリエンス、子どもの生育環境、社会的養護、子どもの権利保障) 
研究テーマ
1. 2015/04~  学校における児童虐待対応に関する研究  個人研究 
研究内容
1.学校における児童虐待の対応に関する研究
2.子どものレジリエンスに関する研究
3.社会的養護に関する研究
4.子どもの権利保障の児童福祉領域への臨床的応用(実践的・制度的・政策的モデル化)に関する研究
担当講義
児童福祉論
社会科学入門Ⅱ(社会福祉学)
相談援助実習
相談援助実習指導Ⅰ~Ⅲ
相談援助演習Ⅳ~Ⅴ
地域政策演習Ⅰ~Ⅳ
地域プロジェクトⅠ・Ⅱ
地域プロジェクトⅢ・Ⅳ
アカデミックスキル
卒業研究
著書、学術論文
1. 論文  被虐待児の回復・成長のためのパースペクティブ ―エコロジカル・ソーシャルワークとレジリエンス―  (単著)  2018/02
2. 論文  児童虐待防止のための学校の役割と課題  (単著)  2017/05
3. 論文  学校における児童虐待の対応と課題―教員の虐待対応事例の分析を通して―  (単著)  2015/08
4. 論文  里親開拓と里親養育支援―地域で支える里親養育―  (単著)  2015/03
5. 論文  児童福祉援助と「子ども中心アプローチ」―子どもの権利と要保護児童の当事者性をめぐって―  (単著)  2015/02
6. 論文  社会的養護とパーマネンシーの保障―施設養護、里親、そして家族復帰―  (単著)  2014/08
7. 論文  子どもの自立のための福祉と教育の保障―養護児童に対する自立支援を中心に―  (単著)  2014/03
8. 論文  自立支援と社会福祉―社会福祉の政策と援助に求められていること―  (単著)  2014/02
9. 論文  子ども家庭福祉の政策と実践における貧困の検討  (単著)  2013/08
10. 論文  児童福祉における今日的課題と子育ての責任  (単著)  2012/08
全件表示(18件)
学会発表・講演
1. 2018/10 子ども・家族が抱える貧困の実態ー学校・教師に問われる子どもの貧困の理解と対応ー(2018年度檜山合同教育研究集会)
2. 2018/10 私たちに問われる子どもの貧困への支援―「データ」に基づく貧困理解から―(「道南発達障がいを考える会」定例学習会)
3. 2018/07 貧困と子どもたち―今、わたしたちができること―(第58回道南母親大会)
4. 2018/06 学校現場における児童虐待対応と国内外の研究・実践動向から(第16回チャイルドファーストはこだて)
5. 2018/03 児童虐待について:気になる家庭のサイン、発見から対応まで(平成29年度北斗市産前産後支援ヘルパー講習)
6. 2017/10 子どもの貧困問題について―生育環境、児童虐待、学校・地域の課題を通して―(みんなで「子ども」トーク)
7. 2017/02 提言1 地域を取り巻く環境はどうなっているのか(子どもたちの未来を考えるシンポジウム)
8. 2016/10 要保護児童対策地域協議会の意義と地域支援ネットワーク(道南圏子どもの安全・安心ネットワーク推進検討会)
9. 2008/07 アメリカにおける児童家庭福祉実践の新たな展開―「コミュニティ・ビルディング」の可能性と課題―(日本社会福祉学会東北部会第8回研究大会)
10. 2008/06 児童家庭福祉実践としての「コミュニティ・ビルディング」に関する基礎的研究―アメリカの児童家庭福祉の実践から―(日本地域福祉学会第22回全国大会)
全件表示(14件)
外部補助金等
1. 2019/04~  地方都市において展開可能な貧困対策に関する基礎研究:カナダの先進事例比較を通して  (若手研究)
2. 2013/04~2014/03  自立支援と子ども家庭福祉の政策と実践―児童養護施設を中心に―  (平成24年度学長裁量経費(学術研究推進経費))
職歴
1. 2007/04~2010/03 東北福祉大学 総合福祉学部 助教
2. 2010/04~ 北海道教育大学教育学部函館校 人間地域科学課程地域創生専攻 講師
3. 2014/04~ 北海道教育大学教育学部函館校 国際地域学科地域協働専攻地域政策グループ 講師
資格・免許
1. 2006/05/25 社会福祉士
2. 2011/07/29 社会福祉士実習演習担当教員講習会修了証
3. 2011/09/02 社会福祉士実習演習担当教員講習会修了証
北海道教育大学 研究者総覧