北海道教育大学 研究者総覧 北海道教育大学 ホームページ
   研究者総覧TOP   

村田 敦郎
ムラタ アツロウ/MURATA Atsuro
 
お問い合わせ
基本情報
所  属函館校
職  名准教授
所属講座社会科教育
電話(D・I)
学位
1. 1999/03 修士(人間科学)(早稲田大学)
2. 2006/01/26 博士(人間科学)(早稲田大学)
所属学会
1. 2010/04~ 函館人文学会
2. 2009/04~ 総合人間科学研究学会
3. 2008/10 「宗教と社会」学会
4. 2006/01~ 障害学会
5. 2005/06 日本子ども社会学会
6. 1999/04~ 早稲田文化人類学会
委員会・協会等
1. 2018/10~ 総合人間科学研究会 理事
2. 2013/10/01~ 函館市 文化財保護審議会 委員
3. 2013/04~2014/03 日本学術会議地域研究委員会 委員
4. 2012/12 日本生活学会 査読委員
5. 2011/04/01~2014/03/31 函館市社会教育委員会 委員
現在の専門分野
  宗教学, 文化人類学・民俗学
文化人類学, 宗教学, 日本民俗学
(キーワード:民俗医療・医療人類学、宗教文化(儀礼・呪術・憑依)、地域と宗教、宗教教育、フィールドワーク論、戦争、宗教的身体、修行論) 
研究テーマ
1. 2018/04~  宗教の修行における精神と身体の変容  個人研究 
2. 2014~  インドネシア・パプア州における生活文化研究  機関内共同研究  (キーワード:民族問題、宗教問題、開発、戦争)
3. 2010/04~  北日本の祭礼  個人研究  (キーワード:儀礼共同体の現在)
4. 2010/04  フィールドワーク論  個人研究 
5. 1997/08~  インドネシア・バリ島における宗教文化(民俗医療、呪術、儀礼、憑依等)  個人研究  (キーワード:民俗医療、身体論、呪術、憑依、占い、家族、地域共同体、儀礼)
研究内容
東南アジア・日本の宗教文化、民俗医療、儀礼、死生観、地域共同体、身体論、修行における身体と精神の変容
担当講義
地域文化論、比較地域学、文化人類学、日本文化2
授業科目
1. アカデミックスキル
2. 国際協働演習1
3. 国際協働演習2
4. 国際協働演習3
5. 国際協働演習4
6. 地域プロジェクト1
7. 地域プロジェクト2
8. 地域学特別演習Ⅱ
9. 地域学特論Ⅱ
10. 日本の宗教文化
全件表示(13件)
著書、学術論文
1. 著書  自己と世界性の人類学 -バリ島における“火の戦争”儀礼テルテランと災厄の表象ブタ・カラの関係性を中心に  (共著)  2017/03
2. 論文  バリにおける災厄の表象ブタ・カラに関する基礎的研究 -神話と民衆の語りから-  (単著)  2019/03
3. 論文  「20世紀の石器人」の現在 インドネシア・ワメナにおける紛争と調停に関する予察  (共著)  2016/03
4. 著書  民俗文化にみる子ども観と成長 -家族・地域・儀礼-  (共著)  2014/03
5. 著書  文化人類学的フィールドワークを楽しむ  (共著)  2014/10
6. 論文  儀礼の諸相と身体観 -バリ文化における心身二元論の展開  (単著)  2013/03
7. 論文  日本的シンクレティズムと神観念に関するの一考察  (単著)  2018/03
8. 論文  民俗医療をめぐる社会制度と出版文化 -バリ島東部の事例から  (単著)  2011/03
9. 論文  バリの人々の魂の行方 ―自己・身体・時間―  (単著)  2008/10
10. 著書  エコ・イマジネール 文化の生態系と人類学的眺望  (共著)  2007/06
全件表示(26件)
月刊誌、書評、報告集及びコラム
1. 2019/03 緒言(2018年度 八大龍王神八江聖団夏季例大祭神輿渡御祭 調査報告書)
2. 2019/03 八大龍王神八江聖団夏季例大祭神輿渡御祭の教育研究活動報告(北海道教育大学函館校 ソーシャルクリニック 平成30年度 活動報告書)
3. 2018/03 江差町における祭のフィールドワーク報告(北海道教育大学函館校 ソーシャルクリニック 平成29年度活動報告書)
4. 2017/03 バリ島の葬送儀礼ンガベン、ングロラス、ヌガラ・グヌンに関する調査報告(総合人間科学、5号)
5. 2016/03 緒言(2014年度 ライフストーリー調査報告書)
6. 2015/03 緒言(函館ハリストス教会調査報告書 -主の顕栄祭を中心に-)
7. 2014/03 緒言(函館八幡宮例大祭 調査報告書)
8. 2013/03 緒言(天妃様行列 調査報告書 -青森県下北郡大間町-)
9. 2011/03 北海道・木古内町「寒中みそぎ」における社会調査教育についての報告(総合人間科学研究 2011年 4巻)
10. 2006/01 インドネシア・バリ島の幼児教育について(日本保育学会会報、134号)
学会発表・講演
1. 2016/01 インドネシア・バリの村落における共同体儀礼テルテランとコスモロジーに関する一考察(総合人間科学研究会2015年度研究大会)
2. 2016/01 ユダヤ系アメリカ人の信仰生活の多様性に関する研究  ~アメリカ合衆国ニューヨークの事例から~(総合人間科学研究会2015年度研究大会)
3. 2014/12 インドネシア共和国パプアにおける近代統治制度のなかの「戦争」に関する予備的考察(総合人間科学研究会2014年度研究大会)
4. 2014/12 バリにおける治療儀礼とコスモロジーに関する一考察 -身体観・病観・浄化をめぐって(総合人間科学研究会2014年度研究大会)
5. 2013/12 現代資本主義社会における蕩尽の限界に関する試論 -北九州におけるくんち祭りの事例から-(総合人間科学研究会2013年度研究大会)
6. 2013/12 死者の浄化儀礼と身体論に関する一考察 -インドネシア・バリ島の事例から-(総合人間科学研究会2013年度研究大会)
7. 2012/12 バリにおける受療選択と民俗医療の関係性についての一考察(総合人間科学研究会2012年研究大会)
8. 2011/12 民俗世界における心身二元論と社会的成熟についての考察 ―バリ島東部の事例から(総合人間科学研究会2011年研究大会)
9. 2011/03 学びの空間 はこだて 「祭をフィールドワークする」(シンポジウム 学びの空間 はこだて)
10. 2010/12 フィールドにおける語りと参与観察、記述の困難さについて ―バリ島東部の事例から―(函館人文学会)
全件表示(16件)
外部補助金等
1. 2013/04~2016/03  現代バリの病・障害・死生観を巡る身体論の研究-民俗医療と近代医療が交わる視座から  (基盤研究(C):研究代表者)
2. 2011/04~2013/03  民俗世界における身体観と受療行動に関する研究 -現代バリの呪術・儀礼・死生観  (科学研究費補助金 若手研究(B):研究代表者)
職歴
1. 2005/04~2010/03 自治医科大学 看護学部 非常勤講師「文化人類学入門」「文化人類学担当」
2. 2006/04~2010/03 早稲田大学 第二文学部 非常勤講師「文化人類学Ⅰ」「文化人類学Ⅱ」担当
3. 2006/05~2010/03 共栄学園短期大学 社会福祉学科児童福祉学専攻 助教
4. 2008/04~ 早稲田大学 人間科学部 非常勤講師「宗教学」担当
5. 2010/04~ 北海道教育大学 函館校 准教授
資格・免許
1. 2007/10/01 専門社会調査士
社会における活動
1. 2018 哲学カフェ@はこだて
2. 2013/10~ 函館市文化財保護審議会委員
北海道教育大学 研究者総覧