北海道教育大学 研究者総覧 北海道教育大学 ホームページ
   研究者総覧TOP   

川邊 淳子
カワベ ジュンコ/KAWABE Junko
 
お問い合わせ
基本情報
所  属旭川校
職  名教授
所属講座家政教育
電話(D・I)
学位
1. 1990/03/25 教育学士(広島大学)
2. 1992/03/25 修士(教育学)(広島大学)
3. 1996/02/21 博士(学術)(広島大学)
所属学会
1. 旭川実践教育学会
2. 中国四国教育学会
3. 日本家政学会
4. 日本家庭科教育学会
5. 日本教科教育学会
6. 日本小児保健学会
7. 日本消費者教育学会
委員会・協会等
1. 旭川市学校給食提供システムの在り方に関する基本構想検討委員会 委員
2. 旭川市公民館運営協議会 委員
3. 旭川市行政評価懇談会 委員
4. 旭川市消費生活会議 委員
5. 旭川西高校SSH運営指導委員会 委員
6. 旭川北高校学校評議員会議 委員
現在の専門分野
  教科教育学, 生活科学一般
家庭科教育学
(キーワード:家庭科教育学、食育、子育て支援、洗浄・染色科学) 
研究テーマ
1.   家庭科教育における総合的な学びとその実践的・体験的プログラムに関する研究  個人研究 
2.   学校=家庭=地域の連携による協働的な家庭科教育の学びに関する研究  国内共同研究 
研究内容
私たちが日々何気なく繰り返す生活行動・行為は、時として,遠くのまだ見ぬ人々や事象に,良くも悪くも多くの影響を与えていることがある。それゆえ,その裏側にある人々や事象のつながりや関係性に気付き,全体を見通しながら,自らの倫理観や価値観に問いかけ,行動していくことはとても重要である。それを教育の場で実現可能にしていくために,家庭科教育の果たす役割は大きいと考える。家庭科教育は,家庭生活を中心とした人間の生活を総合的にとらえて,これを追求し,創造する実践的能力をもつ人間の育成を目指している。自立(または自律)や共生などをキーワードに,未来を担う子どもたちに,豊かな学びを提供する家庭科とは,またそれを支援していく教師はどうあるべきかなどについて,時にはアクティブに探究し,少しでも家庭科教育に新しい風を吹きこめたらと思っている。
担当講義
(学部)
自然科学入門(生活の科学)・アカデミックスキル・教育フィールド研究Ⅰ(JA連携)・小学校家庭科教育法・初等家庭・中学校家庭科教育法Ⅰ・中学校家庭科教育法Ⅱ・家庭科教育の指導と評価・家庭生活調査研究・家庭科教育学演習Ⅰ・家庭科教育学演習Ⅱ・教職実践演習・金融教育・生きる
(大学院)
家庭科教育学特論Ⅱ・家庭科教育学特別演習Ⅱ・教育実践研究・課題研究
著書、学術論文
1. 論文  異領域の多角的視野を活かした教養科目「生きる」の教育効果の測定(1)
―量的分析を中心に―  (共著)  2018/02
2. 論文  筆箱の中身から見る消費行動の実態調査ー大学生と中学生の比較からー  (共著)  2018/02
3. 論文  北海道の小学生における魚食の実態に関する一考察  (共著)  2015/11
4. 論文  大学生における消費者教育の有効性ー「金融教育」講義アンケート結果からー  (共著)  2014/09
5. 論文  中学校家庭科の授業における消費者市民性育成の可能性 ー金融教育の授業実践からー  (共著)  2014/02
6. 論文  環境教育の視点から考える中学校家庭科における染色教材の検討 ~落花生の場合~  (共著)  2013/08
7. 論文  妊婦のものづくり体験についての意識と実態  (共著)  2013/08
8. 著書  地域連携と学生の学び  (共著)  2013/03
9. 論文  小学生の学校給食における嗜好性と献立組み合わせ力の関係性に関する検討~和食の視点から~  (共著)  2012/11
10. 論文  教員養成課程における金融教育実践者育成のためのカリキュラム開発 ー北海道教育大学講義「金融教育」の場合ー  (共著)  2012/08
全件表示(25件)
月刊誌、書評、報告集及びコラム
1. 2011/12 家庭科は何のために学ぶのか(学校教育
(2011年12月号・1133号))
2. 2010/08 デンマークにおける食育事情(東書Eネット)
3. 2009/03 特定のj課題に関する調査(技術・家庭)調査結果(中学校)(国立教育政策研究所 教育課程研究センター
分担執筆)
4. 2008 高等学校家庭科における「旬」を生かした食の授業の展開(東書Eネット)
5. 2007 学校と地域(ひと・もの・こと)との協働的な学びの実現に向けてー生涯学習的視点にたった生きる力の醸成ー(月刊 初等教育資料(No.818,pp.70-73))
6. 2006 家庭科におけるスキルアップ研修「旭川市内の小・中学校家庭科担当教員に対する授業に関する現状調査および研修に関するアンケート結果から」(平成17年度学長裁量経費「学術研究推進経費(共同研究推進経費)」現職教員のためのスキルアップ研修プロジェクト研究成果報告書(pp.80-86))
7. 2002 子どものころからのジェンダー・フリー(We are(No.7)
学会発表・講演
1. 2018/07 大学生におけるお弁当作りに関する実践研究(日本家庭科教育学会第61回大会)
2. 2018/05 中学校家庭科における論理的思考を育む調理実習指導に関する研究 ―肉の調理「ハンバーグ」に着目して―(日本家政学会第70回大会)
3. 2017/09 中学校家庭科の調理実習における教師の発話に関する一考察(日本家政学会東北・北海道支部 第61回研究発表会)
4. 2017/06 中学校家庭科における論理的思考を育む調理実習指導に関する基礎的研究 ―ハンバーグの調理過程の手順とその理解度に注目して―(日本家庭科教育学会第60回大会)
5. 2017/05 地域における異世代間交流のあり方についての検討 ~よさこいを取り入れた実践を通して~(日本家政学会第69回大会)
6. 2017/05 筆箱の中身から見る消費行動の実態調査 ー大学生と中学生の比較からー(日本家政学会第69回大会)
7. 2016/08 A "Financial Education" Lesson for University Students and its Effect on Achieving a Sustainable Environment and Consumption(International Federation for Home Economics<IFHE> World Congress 2016)
8. 2016/07 ESDの視点を導入した小学校家庭科における食分野の授業の検討 ー「ご飯とみそ汁」の題材に焦点を当ててー(日本家庭科教育学会第59回大会)
9. 2016/05 旭川市の小・中・高校生における子育て観に関する研究(日本家政学会第68回大会)
10. 2016/05 教員養成系大学の学生における結婚観と子育て観に関する研究(日本家政学会第68回大会)
全件表示(41件)
受賞学術賞
1. 2010 「金融教育を考える」第7回小論文コンクール優秀賞
外部補助金等
1. 2018~2020  教員養成大学における「消費者市民」育成を目指す教科横断カリキュラムと評価の研究  (基盤研究(C)(一般))
2. 2015/04~2018/03  教員養成大学おける「消費者市民」育成を可能とするカリキュラム開発および評価技法の研究  (基盤研究(C)(一般))
3. 2014/10~2015/03  旭川市内の小中高生における結婚観と子育て観  (小中高生における結婚観と子育て観に関するアンケート調査業務)
4. 2012/04~2015/03  消費者市民を育成する教科横断カリキュラムと評価技法の開発  (挑戦的萌芽研究)
職歴
1. 1993/04~1996/03 広島大学附属福山中・高等学校 非常勤講師
2. 1996/04~1998/03 慶應義塾女子高等学校 教諭
3. 1998/04~2007/03 北海道教育大学教育学部旭川校 助教授
4. 2007/04~2014/03 北海道教育大学教育学部旭川校 准教授
5. 2014/04~ 北海道教育大学教育学部旭川校 教授
資格・免許
1. 1992/03/25 高等学校教諭専修免許状(家庭)
2. 1992/03/25 中学校教諭専修免許状(家庭)
社会における活動
1. 2015/10 旭川市教育研究大会・小学校家庭・助言者
2. 2015/10 全道小学校家庭科研究大会・道北大会・助言者
3. 2015/08 上川教育研修センター講義&実技指導<中家・内容B>・講師
4. 2015/07 北海道立教育研究所:実技教科(家庭科,技術・家庭科)教育研修講座・講師
北海道教育大学 研究者総覧