北海道教育大学 研究者総覧 北海道教育大学 ホームページ
   研究者総覧TOP   

小林 真二
コバヤシ シンジ/KOBAYASHI Shinji
 
お問い合わせ
基本情報
所  属函館校
職  名教授
所属講座国語教育
電話(D・I)
学位
1. 1990/03/31 学士(金沢大学)
2. 1993/03/31 修士(文学)(筑波大学大学院 博士課程 文芸・言語学系)
所属学会
1. 2009/08~2014/03 日本笑い学会
2. 2001/03~ 横光利一学会
3. 2000/04~ 坂口安吾研究会
4. 1993/04~ 昭和文学会
5. 1993/04~ 日本近代文学会
委員会・協会等
1. 2019/04/01~ 産学連携「クリエイティブネットワーク」 幹事
2. 2019/01/31~ 大学院改革チーム新専攻部会構成員
3. 2018/09/04~2019/03/31 教員人事委員会 昇任審査委員長
4. 2018/04/01~ 研究戦略メンバー
5. 2018/04/01~2020/03/31 函館校基金運用委員
6. 2018/04/01~2019/03/31 北海道教育大学入学試験問題点検委員
7. 2017/11/15~2018/03/31 教員審査委員会 大学院担当資格審査委員長
8. 2017/10/01~ 教員養成改革協議会
9. 2017/05/01~2018/03/31 HAKODATEコンシェルジュ養成プログラム検討WG 座長
10. 2017/04/01~ 教育実習委員会 委員
全件表示(25件)
現在の専門分野
  日本文学
日本近現代文学
(キーワード:坂口安吾、久生十蘭、長谷川海太郎、水谷準、笑いの文化、函館の文学、教科書の中の文学) 
研究テーマ
1.   近現代日本の笑い  個人研究 
2.   近現代日本文学  個人研究 
3.   坂口安吾の文学・思想  個人研究 
4.   戦時知識人の言動  個人研究 
5.   大正期函館のモダン文学(長谷川海太郎、久生十蘭、水谷準ら)  個人研究  (キーワード:林不忘、牧逸馬、谷譲次、久生十蘭、水谷準、函館、モダン文学)
研究内容
基本的には、学生達の言う「ふつうに読んで面白い」文学作品のヒミツについていろいろと考えています。派生的に、近現代日本で評価の低い〈笑い〉や〈夢〉をめぐる文学・文化を見直そうと、地道な掘り起こしと再検討にも力を入れています。また、北海道および函館では、なぜか函館出身のモダン文学者、長谷川海太郎(牧逸馬、林不忘、谷譲次)、久生十蘭、水谷準らが等閑視されていることに疑問を感じ、新資料発掘と再評価に努めてもいます。
 その一方で、教科書でしか文学に触れることのない学生が増えてきた事態を受け、国語免許関連科目担当者としての責務についてあらためて考え始めたところです。
担当講義
日本近現代文学史、日本近現代文学演習、物語文化論、日本の言語表象文化、アカデミックスキル、地域プロジェクトⅠ、地域プロジェクトⅡ、プロジェクトマネジメント演習
著書、学術論文
1. 論文  日映時代の坂口安吾をめぐるノート (四) ―「アッツ島」・「大東亜鉄道」―  (単著)  2016/12
2. 論文  坂口安吾全集未収録資料「新伊勢物語」紹介および解題  (単著)  2014/03
3. 著書  田中英光事典  (共著)  2014/03
4. 論文  久生十蘭新資料紹介――『函館評論』掲載「漫舌」その他  (単著)  2013/11
5. その他 “めりけんじゃっぷ”は元町育ち  (単著)  2013/03
6. その他 函館モダン文学史縦覧―「夢十夜」に寄せて  (単著)  2012/10
7. その他 葡萄畑から  (単著)  2012/06
8. 論文  日映時代の坂口安吾をめぐるノート(三)―文化映画「黄河」の周辺―  (単著)  2012/03
9. 著書  函館時代の久生十蘭―新資料紹介を中心に―  (単著)  2012/03
10. 著書  笑いと創造 第六集 基礎完成篇  (共著)  2010/12
全件表示(39件)
月刊誌、書評、報告集及びコラム
1. 2013/03 研究者に聞く 久生十蘭(市立函館高等学校文芸部誌『海碧』第19号,2013・7,P8~18)
2. 2012/10 函館モダン文学史縦覧――「夢十夜」に寄せて(タウン誌「街」536号(終刊号))
3. 2010/09 歴史上のごはん 第十八回 長谷川海太郎 海太郎のごはん(『CARREL』第17巻11号、P130~134)
4. 2005/01 「森敦」、「愛と美について」、「彼は昔の彼ならず」、「列車」(『太宰治大事典』2005年、勉誠出版、P396、397、430、431、471、620、621)
5. 2004/11 「新資料と解題 座談会 東京千一夜/三十分会見記 坂口安吾氏の巻」(『安吾からの挑戦状 坂口安吾論集Ⅱ』2004年,ゆまに書房、P121~135)
6. 2003/07 「四分割秋水伝」、「地の果ての獄」(『山田風太郎 幻妖のロマン』2003年,勉誠出版、P134~135、138~140,)
7. 2002/09 共同討議(川村湊・浅子逸男・小林真二・井口時男)「研究と批評の『あいだ』」(『越境する安吾 坂口安吾論集Ⅰ』2002年,P50~78,ゆまに書房)
8. 2001/11 「もうひとつの『ドグラ・マグラ』―『姑獲鳥の夏』―」(『京極夏彦』(2001年、鼎書房)、95-97)
9. 2001/09 「春季大会(二日目)所感」(日本近代文学会「会報」2001年、95号、25-26)
10. 2001/03 〈研究動向〉坂口安吾(「昭和文学研究」2001年、第42集、79-82)
全件表示(14件)
学会発表・講演
1. 2017/06 日本のL型大学の動向と本学の地域プロジェクトについて(JICA「参加型地域開発のための地方行政強化」研修)
2. 2016/10 地域に対する大学の役割―地域プロジェクトを中心に―(2016年度 JICA課題別研修)
3. 2016/10 日本の国立大学改革の動向と北海道教育大学函館校の地域プロジェクトについて(内閣府国際青年育成交流事業 函館プログラム 教育コース)
4. 2016/09 「地域プロジェクト」開講2年目に 見えてきた課題とノウハウ(地域学系大学・学部等連携協議会シンポジウム「地域課題に挑む大学教育―ノウハウの共有を目指して」)
5. 2015/08 小説の魔術師・久生十蘭――反転と抑制の美学(第13回高文連道南支部文芸専門部道南支部大会講演)
6. 2013/10 函館モダン文化と長谷川海太郎――“一人三人のモンスター”誕生の謎に迫る(函館市文学館 文学の夕べ)
7. 2012/11 大学コンソーシアムと国内留学の課題(地域交流シンポジウム(大学改革シンポジウム)「地域の元気をつくるプレミアム人材の育成――地方国立大学連携の役割――」)
8. 2012/07 久生十蘭の魅力(第6回函館朗読紀行)
9. 2012/06 久生十蘭 人と魅力(函館朗読奉仕会講演)
10. 2011/10 函館時代の久生十蘭―新資料紹介を中心に(キャンパスコンソーシアム函館合同公開講座「函館学2011」)
全件表示(24件)
外部補助金等
1. 2011/04~2014/03  大正期函館圏モダニズム文化の研究―長谷川海太郎・久生十蘭・水谷準を中心に―  (基盤研究(C))
職歴
1. 1997/05~1998/09 筑波大学 筑波大学大学院博士課程日本文化研究学際カリキュラム 助手
2. 1998/10~ 北海道教育大学函館校 教育学部人間地域科学課程国際文化・協力専攻日本語・日本文化分野 准教授
3. 2013/04~ 北海道教育大学函館校 教授
資格・免許
1. 1990/03/31 国語科教員免許(中学・高校)
社会における活動
1. 2019/04~2019/04 NHKラジオ「ラジオ文芸館(「ラジオ深夜便」内コーナー)」解説
2. 2018/10~2018/10 大島三緖「切り取る記憶 文学の宇宙 異才を育んだ奇跡の街」(『日本経済新聞』2018・10・28)取材協力
3. 2018/04~2019/08 財務行政アドバイザー
4. 2016/04~2018/03 財務行政モニター
5. 2012/04~2016/03 尚学会理事
6. 2012/02~ 函館市教育委員会・図書館協議会委員
7. 2011/04~2012/09 FMいるか「読んで面白い文学案内」パーソナリティ
8. 2007/08 第5回青春海峡文学賞審査委員
9. 2006/05~2010/03 財団法人北海道文学館評議員
10. 2004/10~2005/02 道民カレッジ大学放送講座講師
全件表示(15件)
北海道教育大学 研究者総覧