北海道教育大学 研究者総覧 北海道教育大学 ホームページ
   研究者総覧TOP   

中島 和歌子
ナカジマ ワカコ/NAKAJIMA Wakako
 
お問い合わせ
基本情報
所  属札幌校
職  名教授
所属講座国語教育
電話(D・I)
学位
1. 1983/03 文学士(神戸大学)
2. 1986/03 文学修士(神戸大学)
関連リンク
  研究・教育の資料
  研究業績目録(発表形式別)
  北海道教育大学教育学部札幌校古典文学研究室
所属学会
1. 1994/09~ 日本文学協会
2. 1994/07~ 古代文学研究会
3. 1993/10~ 日本風俗史学会
4. 1993/07~ 女性史総合研究会
5. 1990/08~ 和漢比較文学会
6. 1984/08~ 中古文学会
7. 1983/12~ 和歌文学会
現在の専門分野
  日本文学, 各国文学・文学論, 日本史
国文学
(キーワード:日本文学,国文学,日本文化,和漢比較,平安時代) 
研究テーマ
1. 1992~  平安文化(陰陽道,絵巻など)  個人研究 
2. 1982~  平安文学(枕草子を中心に)  個人研究 
研究内容
..主に『枕草子』と陰陽道の研究をしています。いずれにおいても,和漢比較の方法や,資料として古記録(『権記』や『後二条師通記』などの漢文日記)を用いることが多いです。『枕草子』については,教材としての扱い方の追究も始めました。陰陽道及び宿曜道については,平安文学との関係や,主に平安時代の実態の解明に取り組んでいます。
 2004年3月以前の「著書・学術論文」等については,上記ホームページの「研究業績目録」をご覧ください。
担当講義
..2018(平成30)年度前期の古典文学講読では宿曜道に関わる古典文学作品を,後期の表象文化論(新カリキュラムの伝統文化)では引き続き『源氏物語絵巻』を取り上げる予定です。
著書、学術論文
1. 論文  『源氏物語』『栄花物語』と宿曜道―附『浜松中納言物語』の「宿曜」、厄年・観相―  (単著)  2018/08
2. 論文  『江談抄』『中外抄』の宿曜の信仰  (単著)  2018/08
3. 論文  源氏物語講演 藤原定子をめぐって―一条天皇の辞世歌のことなど―  (単著)  2017/12
4. 論文  四十五日の方違は大将軍神を忌むことをめぐって―『蜻蛉日記』等の注釈の部分的修正―  (単著)  2017/12
5. 著書  風俗と信仰 貴族の風俗と信仰
『藤原道長事典―御堂関白記からみる貴族社会―』  (共著)  2017/09
6. 論文  陰陽道の式神の成立と変遷再論―文学作品の呪詛にもふれつつ―  (単著)  2017/08
7. 論文  平安時代の鼠の諸相―怪異占の背景―  (単著)  2016/08
8. 論文  陰陽道における医書の重要性と色選びの独自性―八卦忌や出産儀礼を中心に―  (単著)  2015/09
9. 論文  「『御堂関白記』の陰陽道」補遺ノート  (単著)  2015/08
10. 著書  古代文学と陰陽道概説―研究史・変遷・国風文化―
『古代東アジアの「祈り」―宗教・習俗・占術』  (共著)  2014/09
全件表示(44件)
月刊誌、書評、報告集及びコラム
1. 2018/02 書評 山中悠希著『堺本枕草子の研究』武蔵野書院(『国語と国文学』95巻2号・69-74頁)
2. 2017/09 日常語のなかの歴史18 かよう【火曜】(『鴨東通信』105号・1頁)
3. 2017/04 研究手帳 平安時代の身代り人形覚書(『いずみ通信』43号・5-6頁)
4. 2016/11 教え続ける〈風流〉人(『一海知義先生追悼文集』127-132頁)
5. 2015/04 『まんがで読む 枕草子』監修(2-175頁・学研教育出版『学研まんが 日本の古典』第2期)
6. 2014/10 《書評》 小森潔著『枕草子 発信する力』翰林書房(『古代文学研究 第二次』23号・68-75頁)
7. 2014/10 書評 伊原昭著『源氏物語の色――いろなきものの世界へ』笠間書院(『日本文学』63巻10号・68-69頁)
8. 2009/09 漢語の化身、陶陸の後身(『一海知義著作集 月報9』3-5頁)
9. 2008/08 コラム 陸放翁の花(『続 一海知義の漢詩道場』125-130頁)
10. 2008/03 【書評】 深沢徹著『『愚管抄』の〈ウソ〉と〈マコト〉―歴史語りの自己言及性を超え出て』森話社(『物語研究』8号・220-223頁)
全件表示(14件)
学会発表・講演
1. 2016/12 藤原定子をめぐって―一条天皇の辞世歌のことなど―(紫式部学会 講演会)
2. 2011/11 『御堂関白記』の陰陽道(「藤原道長の総合的研究」研究会)
3. 2009/08 教科書掲載作品をめぐる和漢比較的管見―『伊勢物語』東下りと「方丈記」―(和漢比較文学会 東部例会)
4. 2007/12 第三段(『大和物語』輪読会)
5. 2007/02 『枕草子』の世界~中宮定子と清少納言~(社団法人 紫式部顕彰会)
6. 2006/11 『本院左大臣家歌合』と『近江御息所歌合』について―『本院左大臣家歌合』を中心に―(中古文学会関西部会)
7. 2005/12 「『源氏物語』の道教・陰陽道・宿曜道」補遺―七瀬祓を中心に―(古代文学研究会12月例会)
8. 2005/05 第一五五段(『大和物語』輪読会)
外部補助金等
1. 2011/04~2016/03  和漢古典学のオントロジモデルの高次・具現化  (基盤研究(A))
2. 2003/04~2006/03  和漢古典学のオントロジモデルの構築  (基盤研究(B))
職歴
1. 1992/06~1994/07 神戸大学大学院文化学研究科 助手
2. 1994/08~1996/09 北海道教育大学 札幌校 講師
3. 1996/10~2007/03 北海道教育大学 札幌校 助教授
4. 2001/04~2002/03 国文学研究資料館 研究情報部 併任助教授
5. 2007/04~2011/03 北海道教育大学 札幌校 准教授
6. 2011/04~ 北海道教育大学 札幌校 教授
資格・免許
1. 1983/03/31 中学校教諭一級普通免許状(国語)
2. 1986/03/31 高等学校教諭一級普通免許状(国語)
051010200025F_2.jpg 2006年5月11日~12日新入生宿泊研修(宿の前で 背景はニセコアンヌプリ)
051010200025F_1.jpg 同(ニセコ町 有島記念館 背景は羊蹄山)
北海道教育大学 研究者総覧