北海道教育大学 研究者総覧 北海道教育大学 ホームページ
   研究者総覧TOP   

今野 英明
コンノ ヒデアキ/KONNO Hideaki
 
お問い合わせ
基本情報
所  属函館校
職  名教授
所属講座数学教育
電話(D・I)
学位
1. 1989/03 工学士(北海道大学)
2. 1991/03 工学修士(北海道大学)
3. 2016/12 博士(情報科学)(北海道大学)
所属学会
1. 2010/10~ 日本産業技術教育学会北海道支部会
2. 2007/01~ IEEE
3. 1998/03~ 情報処理学会
4. 1995/11~ 米国音響学会
5. 1993/06~2013/03 日本光学会
6. 1992/01~ 電子情報通信学会
7. 1990/06~ 日本音響学会
現在の専門分野
  知覚情報処理
音声情報処理 
研究テーマ
1.   音声・聴覚情報処理  国内共同研究 
研究内容
音声は発声時に声帯振動を伴うか否かにより,有声音と無声音に大別されます。通常,母音などは有声音ですが,ささやき声で話せばすべてが無声音になります。このささやき声を対象として、(1)ささやき声の種々の音響的特徴が通常の音声とどのように異なるのか、(2)音響的特徴が異なるにもかかわらず,何故ささやき声は通常音声と同じ言語情報を担い得るのか,に興味を持って主な研究を行っています。この研究では,音声の知覚に関する有益な知見を得ることを目的とし,また,得られた知見を音声認識などの技術に応用することを目指しています。
担当講義
アカデミックスキル [Academic Skills],情報機器の操作 [ICT Literacy Training],現代地域教養III(情報科学の基礎) [Introduction to Computer and Information Science],地域プロジェクトI・II,コンピュータプログラミングI・II [Computer Programming],情報通信ネットワーク [Computer Network],音声情報科学 [Speech and Auditory Information Science],情報科学演習 [Exercise in Information Science],科学コミュニケーション演習I・II [Science Communication Seminar],コンピュータ,情報処理特論 [Advanced Information Processing],情報処理特別演習
著書、学術論文
1. 論文  ささやき声の明瞭性と異聴傾向について  (共著)  2018/03
2. 論文  Analysis on Acoustical and Perceptual Characteristics of Whispered Speech and Whisper-to-Normal Speech Conversion  (単著)  2016/12
3. 論文  Whisper to normal speech conversion using pitch estimated from spectrum  (共著)  2016/07
4. 論文  Signal Processing by Ephaptic Coupling of Hodgkin-Huxley Axons  (共著)  2015/02
5. 論文  Deterioration of intelligibility in whispered Japanese speech  (共著)  2014/12
6. 論文  Acoustic Characteristics Related to the Perceptual Pitch in Whispered Vowels  (共著)  2013/12
7. 論文  Web-DBサーバと連携する音声ラベリングプログラムの開発  (共著)  2013/08
8. 論文  極小値が単峰列となる多峰関数の大域的最適化手法(1)—単峰領域幅が等しい目的関数の大域的最適化—  (共著)  2011/08
9. 論文  GUI を実装した音声分析用 HTTP クライアントの試作  (共著)  2011/03
10. 論文  極小値が単峰列で単峰列領域幅が等しい一変数多峰関数の大域的最適化法  (共著)  2009/11
全件表示(32件)
月刊誌、書評、報告集及びコラム
1. 2007/02 情報科学専攻における「情報機器の操作」の授業概要(平成18年度北海道教育大学函館校 FD 活動報告書 p.4)
2. 2004/03 生体情報科学(紙上授業公開)(函館校におけるFDの実践2003---平成15年度教育研究改革・改善プロジェクト(学長裁量経費)事業報告書 p.85)
3. 2003/03 グループポリシーを利用した新教育用計算機システムの諸設定(「総合的な情報教育の推進に関するプロジェクト」報告書 ネットワーク学習環境の構築(2003 年・5-12頁))
4. 2002/03 Windows NTを搭載した教育用コンピュータシステムにおけるアプリケーション利用のための環境設定(「総合的な情報教育の推進に関するプロジェクト」報告 キャンパスネットワークと学習環境(2002年・22-29頁))
5. 2002/03 「2年間,どうだった?」Webチャット座談会(北海道教育大学函館校2001年度報告 大学と「バリアフリー」(2002年・30-38頁))
6. 2001/03 専攻教室の取り組みと課題(平成12年度 北海道教育大学函館校バリアフリー委員会報告書 函館校における聴覚障害学生の支援体制に関する実践的研究(2001年・23-25頁))
学会発表・講演
1. 2019/09 ささやき声のスペクトル重心とピッチ推定について(日本音響学会2019年秋季研究発表会)
2. 2018/09 ささやき声の子音同定に対するスペクトル傾斜の影響(日本音響学会2018年秋季研究発表会)
3. 2018/03 ささやき声の明瞭性と異聴傾向について(日本音響学会聴覚研究会)
4. 2017/09 ささやき声の明瞭性と異聴傾向の分析(日本音響学会2017年秋季研究発表会)
5. 2017/03 スペクトル特徴量を用いたささやき声のピッチ推定に関する検討(日本音響学会2017年春季研究発表会)
6. 2016/03 スペクトルに基づく特徴量を用いたささやき声の高さの定量表現(日本音響学会2016年春季研究発表会)
7. 2014/12 Deterioration of intelligibility in whispered Japanese speech(Asia-Pacific Signal and Information Processing Association, 2014 Annual Summit and Conference)
8. 2013/12 Acoustic characteristics related to the perceptual pitch in whispered vowels(2013 IEEE Workshop on Automatic Speech Recognition and Understanding (ASRU))
9. 2013/11 主体的学習参加の基盤を準備する作図環境(PCカンファレンス北海道2013)
10. 2013/06 Signal Processing by Ephaptic Coupling of Hodgkin- Huxley Axons(The 4th International Conference on Cognitive Neurodynamics)
全件表示(41件)
外部補助金等
1. 2004/04~2007/03  ささやき声の音響的特徴と音声分析用データベースシステムの構築に関する研究  (若手研究(B))
2. 2000/04~2002/03  ささやき音声の特徴分析と認識実験による特徴量の評価  (奨励研究(A)(2))
3. 1993/04~1994/03  ささやき母音の知覚におけるピッチとホルマントの役割  (奨励研究(A))
職歴
1. 1991/04~1995/07 北海道工業大学 工学部応用電子工学科 助手
2. 1995/08~2005/05 北海道教育大学 教育学部函館校 講師
3. 2002/10~2003/03 函館工業高等専門学校 非常勤講師
4. 2005/06~2007/03 北海道教育大学 教育学部函館校 助教授
5. 2007/04~ 北海道教育大学 教育学部函館校 准教授
社会における活動
1. 2017~2018 函館市教育委員会「学校ネットパトロール事業」実施業務委託業者の選定に伴うプロポーザル審査会委員
2. 2010/04~2010/11 PCカンファレンス北海道2010実行委員
3. 2001~2002 函館市情報通信技術 (IT) 講習会講師
北海道教育大学 研究者総覧