北海道教育大学 研究者総覧 北海道教育大学 ホームページ
   研究者総覧TOP   

藤川 聡
フジカワ サトシ/FUJIKAWA Satoshi
 
お問い合わせ
基本情報
所  属旭川校, 教職大学院
職  名教授
所属講座高度教職実践
電話(D・I)0166-59-1239
学位
1. 博士(人間科学)(大阪大学)
関連リンク
  授業開発研究室HP
  researchmap
所属学会
1. 2019/04 日本学校メンタルヘルス学会
2. 2017/04~ 日本学校教育実践学会
3. 2017/04 ∟ 評議委員
4. 2015~ 日本教材学会
5. 2012~ 教育目標・評価学会
6. 2011~ 日本カリキュラム学会
7. 2017/06~ ∟ 理事
8. 2011~ 日本教科教育学会
9. 2010~ 日本産業技術教育学会
委員会・協会等
1. 2017/04 ICAEME2017, Organising Committee (Co-Chair)
2. 2016/04~2017/03 ICSTE 2016, International Steering Committee
3. 2015/04~2016/03 ICAEME 2015 & 2nd ACEIAT, International Steering Committee
4. 2014/05~ 旭川市都市計画審議会 委員
5. 2014/04~2015/03 1st ACEIAT & 3rd JTSTE, International Steering Committee
6. 2007/04~2010/03 京都市教育委員会 京都こどもモノづくり事業推進委員会ワーキンググループ 委員
7. 2006/04~2008/03 京都市総合教育センター研修課研修指導員 中学校技術 研修指導員
8. 2005/04~2006/03 京都市中学校教育課程「指導計画」「技術・家庭」作成委員会 委員
現在の専門分野
  教育方法学, 技術科教育
 
研究テーマ
1.   指導と評価,達成動機づけの原因帰属と教訓帰納,その他   
研究内容
技術科の教材開発,カリキュラム開発,マイクロティーチングによる教員養成
担当講義
指導と評価の実践的展開       学校課題俯瞰実習
総合的な学習の時間を創る       自己課題解決・検証実習
授業づくりの実際          リーダー力養成基礎実習Ⅰ・Ⅱ
教材開発・教材研究の方法と実践    学校課題解決・検証実習     
事例研究Ⅰ,Ⅱ,Ⅲ,Ⅳ         マイオリジナルブック作成
著書、学術論文
1. 著書  現代カリキュラム研究の動向と展望  (共著)  2019/05
2. 著書  技術科教育概論  (共著)  2018/03
3. 著書  技術・家庭 [技術分野]  (共著)  2016/02
4. 著書  アクティブラーニングで深める技術科教育  (共著)  2015/10
5. 著書  技術科教材論  (共著)  2012/09
6. 論文  Relationship between Beliefs About Failure and Causal Attribution in Production Learning of Junior High School Students  (共著)  2016/12
7. 論文  Benefits of Prior Learning in Woodworking Education by Incorporating Failure Experiences  (共著)  2015/05
8. 論文  支援を要する生徒の設計学習におけるスチレンボードを用いた試作による指導法の提案  (共著)  2014/12
9. 論文  Development and Practice of a Rotating duty system in Robot Contest Study  (共著)  2014/07
10. 論文  Proposal of the SIR curriculum for Enhancing Students' Motivation to learn in Technology Education  (共著)  2014/07
全件表示(60件)
月刊誌、書評、報告集及びコラム
1. 2016/03 課題研究Ⅰ 「資質・能力」の育成をどう考えるか(カリキュラム研究,Vol.25,p.70)
2. 2016/03 特集1 「質・能力」の育成とパフォーマンス評価(カリキュラム研究,Vol.25,p. 81)
3. 2014/09 教育への扉:「櫓で動く船」(『技術科教育はなぜ必要か―人を育て文化を築く「ものづくり」―,竹谷ブックレット,2014年9月,p.2)
4. 2011/08 技術分野特有の言語活動を効果的に展開させる製作題材(『中等教育資料』 平成23年8月号No903, ぎょうせい,2011年,p.26-29)
5. 2011/06 ロボットコンテストの学習効果を高める言語活動の展開(中学校技術・家庭科地域別資料「技術分野の実践例・授業提案集」近畿編, 開隆堂,2011年,pp.6-7)
学会発表・講演
1. 2017/12 木材加工学習の失敗場面における原因帰属をもとにした指導法についての一考察(日本産業技術教育学会 近畿支部 第34回 研究発表会)
2. 2017/11 About Teaching Practical English Skills to Students ―Based on TBLT―(The 8th Pacific Rim Conference on Education)
3. 2017/11 FM-Method in Microteaching: With focusing on Educational Effects for Pre-Service Teacher Sapporo, Japan(The 8th Pacific Rim Conference on Education)
4. 2017/11 Sustainability of a School Organization ―Attempt to Make Management, Leadership, Mentor, for Daily Class Improvement(The 8th Pacific Rim Conference on Education)
5. 2017/08 An Examination of Curriculum Development in Manufacturing Education Using Failure Situation(ICAEME 2017)
6. 2017/08 Energy Conversion Education in Japan: with Focusing on Technology Education in Junior High School(ICAEME 2017)
7. 2017/08 Practice and Evaluation of STEM Education in Science Study in Japan(ICAEME 2017)
8. 2017/08 製作学習における原因帰属と技能との関係(日本産業技術教育学会第60回全国大会)
9. 2017/06 ものづくり学習における失敗場面を活用したカリキュラムの一試案(日本カリキュラム学会 第28回大会)
10. 2016/09 Development of Active Learning Using Circuit Experiment Board for Enhancing Students' Interest in Energy Conversion Technology(ICSTE 2016)
全件表示(63件)
受賞学術賞
1. 2017/09 ICAEME Award
2. 2015/08 Best Paper Award, ICAEME 2015 & 2nd ACEIAT
3. 2013/09 Best Paper Award, JTL-AEME2013
4. 2013/08 日本産業技術教育学会 学会賞(奨励賞)
5. 2012/11 Encouragement Outstanding Paper Award, 2nd JTSTE 2012
6. 2006/11 教育実践功績表彰(京都市教育長)
外部補助金等
1. 2017/04~2020/03  技術科の失敗体験における原因帰属と教訓帰納:理論構築から指導モデルの提案まで  (基盤研究(C))
2. 2014/04~2017/03  技術的能力を高める先行体験学習の開発  (基盤研究(C))
3. 2011/04~2012/03  技術分野における思考力・判断力・表現力を高める題材の開発と検証  (奨励研究)
職歴
1. 1991/04~2013/03 京都市立中学校 教諭
2. 2013/04~2019/03 北海道教育大学 大学院教育学研究科 高度教職実践専攻 准教授
3. 2019/04~ 北海道教育大学 大学院教育学研究科 高度教職実践専攻 教授
資格・免許
1. 2001/04/01 日本体操協会 公認審判員
2. 2013/04/19 高等学校教諭 専修免許状 工業
3. 2013/04/19 中学校教諭 専修免許状 技術
4. 2015/04/10 Griffith University, Griffith English Language Institute, ELICOS 修了
5. 2015/04/10 Griffith University, Griffith English Language Institute, Specialized Teacher Training Program 修了
社会における活動
1. 2016/10~ 兵庫教育大学大学院 教育政策リーダーコース 客員准教授
2. 2016/09~ 富良野看護専門学校 講師 社会学(「技術と社会」等 担当)
3. 2014/05~ 旭川市都市計画審議会委員
4. 2007/04~2010/03 京都市教育委員会 京都こどもモノづくり事業推進委員会ワーキンググループ委員
コバチ(名前左)Moment.jpg ― A Photograph of His College Days ―
北海道教育大学 研究者総覧