(最終更新日:2020-06-02 15:16:50)
  村山 幸一
  ムラヤマ コウイチ   MURAYAMA Koichi
基本情報
   所  属   旭川校
   職  名   教授
   所属講座   理科教育
   電話(D・I)  
学位
1. 2001/03/16
博士(関西学院大学)
2. 1992/03/24
修士(理学)(大阪市立大学)
所属学会
1. 2008/04 環境ホルモン学会
2. 2001/07~ 蛋白質科学会
3. 2001/07~ 日本生物物理学会
4. 1996/04~ 日本化学会
委員会・協会等
1. 日本化学会北海道支部優秀講演賞・選考委員
2. 2020/03/01~2021/02/28 日本化学会 北海道支部 幹事 日本化学会 北海道支部 幹事
3. 2019/11/08 日本化学会 北海道支部 旭川地区 講演会 代表
4. 2019/07/15 化学グランプリ2019 北海道ブロック 旭川会場代表
5. 2019/03/01~2020/02/28 日本化学会 北海道支部 幹事
6. 2018/11/09~2019/02/28 日本化学会 北海道支部 幹事
7. 2018/07/16~2018/07/16 化学グランプリ2018 北海道ブロック 旭川会場代表
現在の専門分野
生物物理学, 分析化学, 物理化学
生体分子科学 
担当講義
化学概論1,化学概論2,無機化学,分析化学,分析化学特論,分析化学特別演習,化学基礎実験,化学演習,化学実験1,化学実験2,中学校理科実験1,中学校理科実験2,理科教材開発研究,理科教材開発実習,教職実践演習,初等理科,情報機器の操作,自然科学入門,初等生活
著書、学術論文
1. 2015/06 論文  Strong Interaction of Bovine Brain Calmodulin with Bisphenol A: Effects on Secondary Structure, Conformation, Ca2+-Binding Affinity, Gibbs Energy, and Domain Cooperativity The Bulletin of the Chemical Society of Japan 88,pp.880-887 (共著) 
2. 2011/06 論文  FceRI-induced mast cell cytokine production critically involves an aspartic acid residue (D234) in the C-terminal intracellular domain of the FceRI beta chain Biochemical and Biophysical Research Communications 410,pp.744-748 (共著) 
3. 2009/10 論文  Bisphenol A Weakens Calcium Binding Affinity of Sites III and IV in C-Terminal Domain of Bovine Brain Calmodulin Chemistry Lettres 38,pp.1062-1063 (共著) 
4. 2008/01 論文  Change in optical properties of stratum corneum induced by protein carbonylation in vitro International Journal of Cosmetic Science 30,pp.41-46 (共著) 
5. 2007/09 論文  Study of Thermal Dynamics of Defatted Bovine Serum Albumin in D2O Solution by Fourier Transform Infrared Spectra and Evolving Factor Analysis Applied Spectroscopy 61(9),pp.921-927 (共著) 
6. 2007/02 論文  Capillary method for measuring near-infrared spectra of microlitre volume liquids J. Zhejiang Univ. Sci. A 8(2),pp.171-175 (共著) 
7. 2007/01 論文  Structural study of mutated FceRI beta chain ITAM by Circular Dichroism Spectroscopy ITE Letters on Batteries, New Technologies & Medicine 8(1),pp.65-68 (共著) 
8. 2006/03 論文  Near-Infrared Spectroscopy Study of Heat-Induced Gelation and Hydration of Bovine Serum Albumin in Aqueous Solution  7(2),pp.42-43 (共著) 
9. 2006/03 論文  Principal Discriminant Variate Analysis for Diagnosis of Temporomandibular Joint Disorders Using Capillary Near-infrared Spectroscopy of One drop of Human Temporomandibular Joint Synovial Fluid ITE Letters on Batteries, New Technologies & Medicine 7(2),pp.49-52 (共著) 
10. 2006/01 論文  Abnormal Crystal Growth of Rat Teeth by Excessive Gamma Knife Irradiation of Brain: Microscope ATR/FT-IR Spectroscopy Study ITE Letters on Batteries, New Technologies & Medicine 7(1),pp.84-86 (共著) 
全件表示(43件)
公開・取得特許
1. 体液を含む廃液の処理方法および処理装置(4147279)
2. 2003/07/15 可視光及び/又は近赤外光を用いた乳房炎の有無を診断する方法及び装置(WO2001-075421)
3. 1999/07/02 血清中蛋白質濃度の測定方法および装置(1999-173982)
4. 1998/12/18 光周波数掃引式断層画像測定方法および装置(1998-332329)
月刊誌、書評、報告集及びコラム
1. 2008 近赤外化学イメージングおよびレーザーブレイクダウン分光法による錠剤構成粒子の分散評価(PHARM TECH JAPAN,第24巻,第8号,1587-1595,2008年)
2. 2001 近赤外分光法による血中グルコース測定法(検査と技術,医学書院,第29巻第1号,29-32)
3. 1997 近赤外スペクトルにおける散乱現象(光アライアンス8(12)13-15)
学会発表・講演
1. 2019/07 Bisphenol A binding to Calmodulin(日本化学会北海道支部夏季研究集会)
2. 2017/11 プラスチックに使われている化学物質 - 我々にとって良いこと,悪いこと -(平成29年年度岐阜大学公開講座)
3. 2017/07 Interaction between Calmodulin and Bisphenol A(19th IUPAB congress and 11th EBSA congress)
4. 2017/07 Structural Characteristics of S100B protein bound with divalent ions of Mg2+, Ca2+, Sr2+ and Ba2+(19th IUPAB congress and 11th EBSA congress)
5. 2017/06 ビスフェノールAによるカルモデュリンのカルシウム結合への影響(第44回生体分子科学討論会2017(秋田))
6. 2017/06 第2族元素2価イオンとの結合によるS100B蛋白質の構造特性(第17回日本蛋白質科学会)
7. 2015/06 ビスフェノールAによるカルモデュリンのカルシウム結合への影響(第42回生体分子科学討論会2015(高崎))
8. 2013/10 キモトリプシノーゲンAの構造に対するメタノールの効果(第51回日本生物物理学会年会)
受賞学術賞
1. 2003/11 近赤外研究会 2003年 Best Poster Award (1滴の生体液からの癌診断法:キャピラリー近赤外分光法の医療応用)
2. 2002/11 近赤外研究会 2002年 NIR Advance Award (近赤外-ケモメトリックス、二次元相関解析法による蛋白質の構造と水和の研究)
外部補助金等
1. 2010~2012  高親和性IgE受容体β鎖の構造解析と予防・治療および創薬開発への応用 (基盤研究(C)(一般))
2. 2009/04~2010/03  高親和性IgE受容体β鎖の構造解析と予防・治療および創薬開発への応用 (岐阜大学活性化経費(研究))
3. 2005/04~2006/03  高親和性IgE受容体β鎖C末端領域の機能解析とシグナル伝達の解明に関する研究 (岐阜大学活性化経費(研究))
4. 2004~2005  1滴の唾液からの口腔癌診断手法の開発に関する研究 (受託研究費 (株)日本ビュッヒ)
5. 2003~2005  キャピラリー近赤外分光法による1滴の顎関節液からの顎関節症診断手法の開発に関する研究 (受託研究費 (株)果実非破壊品質研究所)
6. 2003~2004  皮膚酸化タンパクの構造解析に関する研究 (受託研究費 (株)資生堂)
職歴
1. 2001/07~2016/03 岐阜大学 大学院 医学研究科 助教
2. 2016/04~2018/03 岐阜大学 生命科学総合研究支援センター 助教