北海道教育大学 研究者総覧 北海道教育大学 ホームページ
   研究者総覧TOP   

福江 良純
フクエ ヨシズミ/FUKUE Yoshizumi
 
お問い合わせ
基本情報
所  属釧路校
職  名教授
所属講座美術教育
電話(D・I)
学位
1. 1988/03/31 芸術学学士(東京造形大学)
2. 1991/03/25 芸術学修士(筑波大学大学院修士課程)
3. 2008/09/25 博士(学術)(京都工芸繊維大学博士後期課程)
所属学会
1. 2013/07~ 大学美術教育学会
2. 2013/07~ 日本教育大学協会全国美術部門
3. 2012/07~ 美術教育研究会
4. 2009/06~ 明治美術学会
5. 2008/11~ 美術史学会
6. 2007/04~ 美術解剖学会
7. 2016/07~ ∟ 理事
8. 2012/07~2016/06 ∟ 幹事
9. 2005/11~ 意匠学会
10. 2005/03~ 日本図学会
全件表示(12件)
委員会・協会等
1. 2017/05~ 日本図学会 理事
2. 2016/07~ 美術解剖学会 理事
現在の専門分野
  美学・美術史
近代彫刻史, 造形論, 彫刻
(キーワード:星取り法、石井鶴三、橋本平八、美術解剖学、塑造、石彫、木彫) 
研究テーマ
1. 2013/04~  石井鶴三と信州の教育会の連携による「美術を通した人間教育」に関する研究  個人研究 
2. 2008/04~  石井鶴三の造形方法論に関する研究  個人研究  (キーワード:石井鶴三、近代彫刻、木彫、塑造、木取り、基本形、心棒)
3. 2007/04~  彫刻技法「星取り法」と彫刻の造形性に関する基礎的研究  個人研究  (キーワード:星取り法、カービング、複製、星取り機、形状再現、近代彫刻)
4. 2006/04~  橋本平八の造形性と近代彫刻史観に関する研究  個人研究  (キーワード:橋本平八、石に就いて、裸形少年像、木心、木材、素材、近代性)
研究内容
塑造及び石彫、木彫による具象彫刻の制作研究を行っている。同時に、近代彫刻の代表的な彫刻家の言説や彫刻理論を作品と照合させ、彫刻を「現象」として対象化することで、彫刻を成立させる技術及び方法論の学術的体系化を目指している。これまでに取り組んできた研究対象の作家としては、ロダン、ラグーザ、荻原守衛、橋本平八、石井鶴三らが挙げられる。彫刻の技術論としては星取り法(pointing technique)、直彫り法(direct carving)の技術構造を検証しつつ、それが彫刻史に果たしてきた機能について究明している。
担当講義
芸術演習Ⅱ、芸術演習V、初等図画工作、彫刻特論Ⅳ、美術の基礎
著書、学術論文
1. 著書  橋本平八《裸形少年像》と木材の克服 ―木彫と「木製の彫刻」を分ける眼差し―  (単著)  2018/12
2. 論文  翻訳 笹村草家人“My Present to memory”
― イサム・ノグチに伝えられた日本近代彫刻史と石井鶴三 ―  (単著)  2019/02
3. 論文  「基本形」と近代彫刻の原理 -石井鶴三「島崎藤村先生像」制作事例から-  (単著)  2018/09
4. 論文  木曽の島崎藤村像と近代造形-石井鶴三「島崎藤村先生像」の木片調査-  (単著)  2018/03
5. 論文  石井鶴三≪うたう女≫-音楽的表現と人体造形-  (単著)  2017/12
6. 論文  森の文化と木材の教養 -(一財)前田一歩園との連携事業-  (単著)  2017/03
7. 著書  造形の叡智と能力形成  (共著)  2017/03
8. 論文  翻刻 松本市立美術館所蔵 石井鶴三≪スケッチブック≫  (共著)  2017/01
9. 論文  釧路地域における美術教育の課題把握と教育開発  (単著)  2016/01
10. 論文  石井鶴三≪小学校教師像≫と松尾砂先生
-尊敬と感動の肖像、「ほんとうに似る」という芸術について-  (単著)  2016/01
全件表示(29件)
作曲・作品・演奏・指揮・出場競技等
1. 2018/02 平成29年度第65回釧路郷土作家展『ラン』(釧路市立美術館)
2. 2017/02 平成28年度第64回釧路郷土作家展『女性石彫』(釧路市立美術館)
3. 2016/02 平成27年度第63回釧路郷土作家展『女性胸像』(釧路市立美術館ギャラリーA)
4. 2015/03 第62回釧路郷土作家展『立つ女』(釧路市立美術館ギャラリーA)
5. 2014/09 第97回釧美展『ボイラーマン』(釧路市民文化会館)
6. 2014/06 第69回全道展『風』(札幌市民ギャラリー)
7. 2014/03 2014年 釧美展春季展『少女立像』(釧路市立生涯学習センター1階市民ギャラリー展示ホール)
8. 2014/03 第61回 釧路郷土作家展『一歩前に』(釧路市立美術館ギャラリーA)
9. 2013/11 第3回全道展新鋭展『和馬に乗る』(大同ギャラリー(札幌市))
10. 2013/08 釧美展『女性立像』(釧路文化会館)
全件表示(46件)
学会発表・講演
1. 2019/05 「島崎藤村先生像」3D形状デジタルデータ化の射程 -木彫木取り法の工程再現の意義-(日本図学会2019年度春季大会(神戸))
2. 2018/12 石井鶴三「木彫島崎藤村像」― 研究の射程と現状 ―(日本図学会2018年度秋季大会)
3. 2018/07 木曽馬と空間性-石井鶴三の「造型」世界-(第25回美術解剖学会大会)
4. 2018/05 イサム・ノグチともう一つの近代日本彫刻史-笹村草家人、新発見の英文資料より-(第71回美術史学会全国大会)
5. 2017/12 「基本形」-個の原型-(日本図学会2017年度秋季大会(京都))
6. 2017/08 遥かなる絶頂 -石井鶴三と信州の山々-(第59回菅平夏季大学)
7. 2017/07 石井鶴三《小学校教師像》‐本当に似るという芸術について(第24回美術解剖学会大会)
8. 2017/05 石井鶴三≪うたう女≫と制作期 -空で作る造形法と作品主題の検証-(第70回美術史学会全国大会)
9. 2016/09 森の文化と木材の教養 -(一財)前田一歩園と美術教育ー(第55回大学美術教育学会北海道大会)
10. 2016/08 石井鶴三 立体感の教養-造型の叡智と作品主題-(第58回菅平夏季大学)
全件表示(47件)
受賞学術賞
1. 2014/09 第97回 釧美展 北海道新聞社賞
2. 2013/08 第96回 釧美展 協会賞
3. 2013/06 第68回全道展 佳作賞
4. 2013/06 日本図学会2013年度春季大会優秀研究発表賞
5. 2005/05 第57回関西新制作展 新作家賞
6. 2003/06 2003京展 松田賞
外部補助金等
1. 2018/04~  石井鶴三、島崎藤村先生木彫像の近代性に関する研究-木片の検証と制作工程の再現  (基盤研究(C))
2. 2014/04~2017/03  学力困難地域における学校・家庭・地域を通じた総合的な学力向上推進方策に関する研究  (基盤研究(B))
職歴
1. 1989/04~1991/03 茨城県立岩井高等学校 美術科 非常勤講師
2. 1990/02~1991/07 茨城県立北総(現八千代)高等学校 美術科 常勤講師
3. 1992/04~1994/02 京都市立中学校(大枝、大淀、桃山の3校にて) 美術科 常勤講師
4. 1995/06~1998/03 株式会社大洋工芸 開発部 正社員
5. 1998/04~1999/03 京都府立盲学校 中等部・高等部 美術科 常勤講師
6. 1999/04~2008/03 京都府立亀岡高等学校 教諭
7. 2008/04~2012/03 京都府立京都八幡高等学校 教諭
8. 2012/04~2013/03 京都府立洛水高等学校 教諭
9. 2013/04~2015/03 北海道教育大学釧路校 学校カリキュラム開発専攻 講師
10. 2015/04~2018/03 北海道教育大学釧路校 学校カリキュラム開発専攻 准教授
全件表示(11件)
社会における活動
1. 2018/12~2018/12 教員免許更新講習 冬季 「彫刻の方法論と美術教育」
2. 2018/08~2018/08 中川スライド30夏休みワクワク体験教室
3. 2018/07~2018/07 釧路市立桜が丘中学校美術部 彫刻教室講師
4. 2017/12~2017/12 教員免許更新講習 冬季 「彫刻の方法論と美術教育」
5. 2017/08~2017/08 夏の木木(もくもく)学校
6. 2017/07~2017/07 釧路市立美術館アートスクール講師(桜ヶ丘中学校講座)
7. 2016/08~2016/08 教員免許更新講習 夏季 「彫刻の方法論と美術教育」
8. 2016/07~2016/07 釧路市立美術館アートスクール講師(桜ケ丘中学校講座)
9. 2016/02~2016/02 アートイベント「アイヌアートに親しもう-彫って考える文様の味わいー」
10. 2015/12~2015/12 アイヌアートシンポジウム 「アイヌ文様」を考える
全件表示(33件)
IMG_1698b.jpg ≪渉≫ 2014 90×25×25㎝ エンジュ 平成25年第61回度釧路市郷土作家展 美術部門 出品
IMG_1261.JPG 作品1(左)≪波≫(H90×W20×D20cm、石膏、塑造)、作品2(右)≪波≫(H90×W20×D20cm、木(ニレ)、木彫(直彫り))の2体の間には、塑造と木彫という手法の違いからくる作品上の異同が介在する。2体を同時に展示する目的は、両者の間で何が失われ、新しく何が獲得されたのかを比較検証するためである。また、木彫で使用した木材は、北海道の阿寒湖湖畔で山林管理事業を進める、(一般)前田一歩園財団の御厚情により特別に提供を受けたものである。出品作品は、森林資源と彫刻材料および芸術文化に関わる問題提起の一面も併せ持つ。
R1040334 jpg.jpg ≪立つ女≫ 大理石 2014 H79XW30XD20
裸婦素描.bmp ≪裸婦≫ 2002 23×29㎝ 素描(色鉛筆)
北海道教育大学 研究者総覧