(最終更新日:2021-10-27 10:35:11)
  柚木 朋也
  ユノキ トモヤ   YUNOKI Tomoya
基本情報
   所  属   札幌校
   職  名   教授
   所属講座   理科教育
   電話(D・I)   011-778-0387
学位
1. 2016/09/27
博士(学校教育学)(兵庫教育大学)
2. 1986/03/22
教育学修士(兵庫教育大学)
3. 1980/03/25
教育学学士(和歌山大学)
所属学会
1. 2011/06~ 日本物理教育学会
2. 2001/09~ 日本教育方法学会
3. 2001/05~ 日本科学教育学会
4. 1997/04~ 日本理科教育学会
委員会・協会等
1. 2021/07/07~ 令和3年度小中学校免許状併有のための認定講習検討会議 座長
2. 2020/06~2021/03/31 令和2年度北海道エネルギー教育地域会議運営委員会 代表
3. 2019/09/18~2020/03/31 令和元年度北海道エネルギー教育地域会議運営委員会 委員
4. 2018/06/26~2019/03/31 株式会社朝日広告社 エネルギー教育推進事務局 北海道エネルギー教育地域会議 委員
5. 2017/06/26~2018/03/31 平成29年度小中学校免許状併有のための認定講習検討会議 座長
6. 2017/05/11~2018/03/31 学習指導要領等の改善に係る検討に必要な専門的作業等 協力者 委員
7. 2017/05/11~2018/03/31 平成29年度北海道エネルギー教育地域会議運営委員会 委員
8. 2016/08/24~2017/03/31 平成28年度北海道エネルギー教育地域会議運営委員会 委員
9. 2004/11~2006/03 国立教育政策研究所 特定の課題に関する調査問題作成委員会 副主査
10. 2003/06~2005/08 文部科学省中央教育審議会(初等中等教育分科会) 専門委員
全件表示(11件)
現在の専門分野
理科教育, 教育方法
理科教材の開発, 推論の研究, 授業研究 (キーワード:理科教育、教材開発、創造性、アブタクション、探究、推論) 
研究テーマ
1. 2011/04~  推論の研究 個人研究 (キーワード:アブダクション、推論、探究、教材開発、理科教育)
研究内容
理科離れ、理科の学力低下などの現状と課題及びその対策について研究している。また、創造性の育成にかかわる理論的、実践的な研究を進めるとともに、新しい教材の開発や効果的な指導法について研究している。
担当講義
アカデミックスキルH
基礎実習H
教育フィールド研究Ⅳ
教職実践演習K
教職論H
初等理科A-F
小学校理科教育法A-D
小学理科実験A-D
生きる
中等理科教育法Ⅰ
理科教育学特別演習Ⅰ
理科教育学特論Ⅰ
理科教育研究Ⅰ
理科教育研究Ⅱ
理科教育研究Ⅲ
理科教育特講Ⅰ
理科教育特講Ⅱ
理科教材研究Ⅰ
理科教材研究Ⅱ
理科授業研究
著書、学術論文
1. 2021/02 論文  採用前小学校理科研修における現状と課題 北海道教育大学紀要(教育科学編)第71巻 第2号 71(2),131-145頁 (共著) 
2. 2020/08 論文  植物検索と探究との関連についての一考察 北海道教育大学紀要(教育科学編) 71(1),227-235頁 (単著) 
3. 2020/03 著書  自然の探究 中学理科1   (共著) 
4. 2020/03 著書  自然の探究 中学理科2   (共著) 
5. 2020/03 著書  自然の探究 中学理科3   (共著) 
6. 2019/03 著書  高等学校学習指導要領(平成30年告示)解説 理科編 理数編   (共著) 
7. 2019/02 論文  紙による放射線の遮蔽実験についての一考察 -S霧箱を利用して- 北海道教育大学紀要 69(2),177-182頁 (単著) 
8. 2018/02 論文  異領域の多角的視野を活かした教養科目「生きる」の教育効果の測定(1)―量的分析を中心に― 北海道教育大学紀要 68(2),223-233頁 (共著) 
9. 2018/02 論文  大気中の放射性塵埃の半減期についての一考察 北海道教育大学紀要 68(2),51-59頁 (単著) 
10. 2018/01 著書  アブダクションと理科教材開発についての研究   (単著) 
全件表示(69件)
月刊誌、書評、報告集及びコラム
1. 2019/03 理科へのとびら(第2版)
2. 2018/08 新しい学習指導要領における放射線の扱いについて(中学校理科 教科通信「リンク」2018秋号,教育出版,pp. 6 – 11)
3. 2018/03 フレッシャーズセミナー テキスト
4. 2017/09 ドライアイスを使用せずに放射線の飛跡を見るために(「理科の教育」通巻782号, 第66号, pp. 42 - 43, 2017.)
5. 2017/03 寒剤と寒剤を利用した拡散霧箱の研究(平成26~28年度科学研究費助成事業研究成果報告書)
6. 2016/03 理科へのとびら
7. 2015/03 洞爺湖有珠山ジオパーク活用のための教材化(地学教育の再構築の観点から捉えたジオパーク・世界遺産等の活用,平成24年~26年度 科学教育研究費助成事業(挑戦的萌芽研究)報告書 pp. 49-72)
8. 2013/08 「失敗は成功のもと?」理科における失敗の生かし方(中学校理科 教科通信「リンク」2013秋号,教育出版,pp. 8 - 9)
9. 2012/02 中学校で育てる「地球」の見方・考え方 -「大地の成り立ちと変化」を中心に-(東洋館, 「理科の教育」通巻715号, 第61号, pp. 42 - 45)
10. 2011/03 創造性育成のための理科教の開発(平成22年度科学教育研究費補助金研究成果報告書(研究代表者柚木朋也))
全件表示(13件)
学会発表・講演
1. 2021/08 弱層の破壊から表層雪崩に至る過程に着目した雪崩発生機構の演示教材の開発(日本科学教育学会第45回年会)
2. 2020/12 植物検索における同定についての一考察 -観察における誤認-(令和2年度日本理科教育学会 北海道支部大会)
3. 2020/12 理科教育における安全教育の一考察 -VR映像教材を利用して-(令和2年度日本理科教育学会 北海道支部大会)
4. 2019/11 植物検索におけるベイズ推定についての一考察(令和元年度日本理科教育学会 北海道支部大会)
5. 2019/11 中学校理科におけるイチョウを題材にした授業実践(令和元年度日本理科教育学会 北海道支部大会)
6. 2019/09 植物検索の事前確率の推定についての一考察(第69回日本理科教育学会全国大会)
7. 2019/08 ベイズ推定に基づく植物検索についての一考察(日本科学教育学会第43回年会)
8. 2018/09 金属イオンの学習教材についての一考察(日本理科教育学会北海道支部大会)
9. 2018/09 植物検索の改善についての一考察 - 探究の過程とベイズ推定について -(日本理科教育学会北海道支部大会)
10. 2018/09 中学校理科における大雪山を題材にした教材化の可能性について(日本理科教育学会 北海道支部大会)
全件表示(63件)
受賞学術賞
1. 1998/08 学習ソフトウェア情報研究センター学習ソフトウェアコンクール スズキ教育ソフト賞
2. 1996/03 日本教育新聞社第12回教育実践記録 佳作
外部補助金等
1. 2019/04~2023/03  ベイズ推定を利用した探究の過程を重視する植物検索教材の開発 (基盤研究(C))
2. 2018/04~2022/03  中高生に向けた雪崩安全教育教材の開発 (基盤研究(C))
3. 2018/04~2021/03  新学習指導要領に準拠した総合的放射線教育コンテンツの開発 (基盤研究(C))
4. 2017/04~2018/03  アブダクションと理科教材開発についての研究 (科学研究費助成事業(科学研究費補助金)(研究成果公開促進費)「学術図書」)
5. 2014/04~2019/03  実験で深化させた粒子認識を持つ理科教員を養成するための系統的実験教材開発 (基盤研究(C))
6. 2014/04~2017/03  寒剤と寒剤を利用した拡散霧箱の研究 (基盤研究(C))
7. 2012/04~2014/03  地学教育の再構築の観点から捉えたジオパーク・世界遺産等の活用 (挑戦的萌芽)
8. 2010/04~2011/03  創造性育成のための理科教材の開発 (奨励研究)
9. 2006/04~2007/03  望遠鏡の製作と教材の作成について (奨励研究)
10. 2004/04~2005/03  科学教育における汎用生物データベースの製作について (奨励研究)
全件表示(16件)
職歴
1. 1980/04~1998/03 大阪府公立中学校 教諭
2. 1998/04~1999/03 大阪府教育センター 教育企画部教育振興室 指導主事兼研究員
3. 1999/04~2002/03 大阪府教育センター 科学教育部理科第一室 指導主事兼研究員
4. 2002/04~2005/03 岸和田市教育委員会 学校教育部学校教育課 指導主事
5. 2005/04~2011/03 大阪府公立小学校 教頭
6. 2011/04~2013/03 北海道教育大学 教育学部 准教授
7. 2013/04~ 北海道教育大学 教育学部 教授
社会における活動
1. 2018/07 災害時にも生きる「火育」に注目
2. 2015/07~2019/09 日本理科教育学会理事
3. 2015/04~2019/03 日本物理教育学会北海道支部 理事
4. 2013/04~ 日本理科教育学会広報委員会委員
5. 2012/02~ 日本科学教育学会査読委員
6. 2011/10~ 日本理科教育学会北海道支部理事
7. 2011/08~2013/08 日本理科教育学会第63回全国大会事務局長
8. 2011/07~ 日本理科教育学会査読委員
9. 2008/08~ きのくにサイエンスラボ(KSL)事務局委員