北海道教育大学 研究者総覧 北海道教育大学 ホームページ
   研究者総覧TOP   

大坂 治
オオサカ オサム/OSAKA Osamu
 
お問い合わせ
基本情報
所  属函館校
職  名特任教授
所属講座学校教育
電話(D・I)0138-44-4278
学位
1. 1972/03/15 教育学士(北海道教育大学)
2. 1976/03 教育学修士(東京教育大学)
所属学会
1. フランス教育学会
2. 教育行政学会
3. 教育制度学会
現在の専門分野
  教育学
教育制度、, フランス統一学校論, 開かれた学校運営
(キーワード:統一学校、開かれた学校、フランス教育制度) 
研究テーマ
1.   統一学校論研究  個人研究  (キーワード:統一学校、教育の機会均等、無償制、階級性、エリート養成、学校体系、)
研究内容
現在の研究内容
研究関心は、学校制度の選択の自由化・柔軟化の名ももとで、わが国では多様化・複線化が進行中であるが、学習者中心の発想とともに、社会の教育意思の形成の希薄化がともに進行していることに危惧を覚える。20世紀が教育の世紀であったとするなら、この100年間の学校教育拡張期の意味を問い直す必要がある。
担当講義
教育の制度と社会(中等)、比較教育、教育法規
著書、学術論文
1. 論文  1900年代から1930年代までのフランス公教育における初期の共学の試み  (単著)  2017/09
2. 著書  フランス教育学会編『フランス教育の伝統と革新』第2部学校教育の特色と課題 第3章前期中等教育  (共著)  2009/03
3. 論文  第2章学校運営会協議会制度の検討~中央教育審議会初等中等教育分科会教育行財政部会の審議過程をとおして~  (単著)  2009/03
4. その他 「学歴」「下構型学校系統」「教育行政の素人統制」「教育裁判」「勤務評定」「県費負担教職員」「公教育」「職務専念義務」「初等教育」「中立確保法」「法律主義」の事項執筆    2008/04
5. 論文  学校運営協議会の検討(1)ー諸外国での学校参加・学校選択制度とわが国の学校運営協議会をめぐる当初の議論ー  (単著)  2007
6. 論文  両大戦間フランスのリセ予科問題  (単著)  2007
7. 論文  教育行政と公共性  (単著)  2001
8. 著書  『21世紀を展望するフランス教育改革』~第10章学校自治の拡大による学校経営の改革~  (共著)  1997/02
9. 著書  教職シリーズ3『教育組織の制度と運営』第2章国と地方の教育行政  (共著)  1996
10. 論文  両大戦間フランスにおける統一学校と基礎学級問題  (単著)  1995
全件表示(42件)
月刊誌、書評、報告集及びコラム
1. 2013/12 第4章 子どもを取り巻く環境からみえるもの 01「教育制度を考える~教育基本法の今日的読み方」(「はこだて子ども白書」作成委員会編『はこだて子ども白書』 192~193頁)
2. 2013/09 書評:園山大祐編著『学校選択のパラドックス~フランス学区制と教育の公正』(フランス教育学会紀要第25号(2013、83~88頁))
3. 2004 北海道教育大学函館校開学90周年記念要覧(北海道教育大学函館校90周年記念事業実行委員会 9-15頁)
4. 1999
北海道教育大学50年史第7章各分校、Ⅳ、Ⅴ

北海道教育大学、96-102頁

5. 1998 図書紹介、Allaire,E & Frank:Les Plitiques de l'education en France( フランス教育学会紀要10号,1998年,89-96
6. 1997
高等学校改革の提言

北海道高等学校校長会協会学校活性化対策特別委員会
『活性化への道』1997年、5~9頁

7. 1992 公立学校への道(東京都立教育研究所『教育じほう」7月号(63-75頁))
8. 1984 第3章フランス 第1節教育課程における多様化と共通化第4節進路指導による進級・進学制度

昭和58年文部省初等中等教育局委嘱研究報告書『中学校における生徒の能力、適性、興味・関心、進路希望など多様性に対応する方策ー諸外国の実情ー」(48-50頁、60-63頁)

9. 1984 第5章フランス 第1節司法制度と教育裁判機構
(文部省科学研究費補助金総合研究(A)研究報告書『諸外国における教育判例の比較研究』(98-104頁)
学会発表・講演
1. 2016/09 フランスにおける男女共学・別学の歴史的検討、3。公立学校の共学化に至るまでのいくつかの教育改革議論(フランス教育学会)
2. 2015/09 1920年代半ばの地方都市での統一学校の実験~ドゥエ市とサン・タマン市での実験~(フランス教育学会)
3. 2006 両大戦間フランスリセ予科問題~リセ予科教員協会の機関誌の分析を通して~(フランス教育学会)
職歴
1. 1981/04~1985/09 倉敷市立短期大学 講師
2. 1985/10~1988/03 北海道教育大学函館校 講師
3. 1988/04~1993/04 北海道教育大学函館校 助教授
4. 1993/04~2015/03 北海道教育大学函館校 教授
5. 2015/04~ 北海道教育大学函館校 特任教授
6. 2015/05 北海道教育大学 名誉教授
北海道教育大学 研究者総覧