北海道教育大学 研究者総覧 北海道教育大学 ホームページ
   研究者総覧TOP   

小野寺 基史
オノデラ モトフミ/ONODERA Motofumi
 
お問い合わせ
基本情報
所  属札幌校, 教職大学院
職  名教授
所属講座高度教職実践
電話(D・I)
学位
1. 1981/03 教育学士(北海道教育大学)
所属学会
1. 2019/05~ 日本発達心理学会
2. 2011/08~ 日本特殊教育学会
3. 2007/04~ 北海道心理教育アセスメント研究会
4. 2012/04~ ∟ 副会長
5. 2005/04~ 北海道特別支援教育学会
6. 2012/04~ ∟ 研究部長
7. 2005/04~ ∟ 理事
8. 2004/04~2018/03 北海道乳幼児療育研究会
9. 2001/10~ 日本学校心理士会
10. 1999/10~ 日本LD学会
全件表示(14件)
委員会・協会等
1. 2017/04~ 市立高等学校通級指導検討委員会委員 委員
2. 2016/06~ 札幌市研究開発事業「特別支援学級における指導の充実」に係るアドバイザー アドバイザー
3. 2015/09/10~2016/03/31 幼児教育の質向上に係る推進体制等の構築モデル調査研究実行委員会(文部科学省) 実行委員(学識経験者)
4. 2015/06~2016/03 (仮称)南部高等支援学校校名検討委員会委員 座長
5. 2014/08/13~ 札幌市児童会館運営協議会 委員
6. 2014/06/30~ 札幌市学びの支援委員会 委員
7. 2014/05/22 札幌市児童精神科医療連携体制構築検討会議 検討委員
8. 2014/02~ 北海道児童精神医療研修企画委員会 委員
9. 2013/03/26~2014/10 札幌市精神保健福祉審議会(児童精神科医療検討部会)委員 臨時委員
10. 2011/02/22~2012/03/31 障がいを支援する読書サービス等を考える懇談会(札幌市) 座長
全件表示(20件)
現在の専門分野
  障害児心理学(心理教育アセスメント), 特別支援教育, 学校教育相談
(キーワード:心理教育アセスメント(観察法、面接法、検査法)、校内支援体制(特別支援教育コーディネーター、ケース会議、コラボレーション)、乳幼児の発達(愛着と情動、幼保小の連携)) 
研究テーマ
1. 2013/04~2016/03  特別支援学校教育のための臨床型研修モデルの構築と課題の分析  機関内共同研究  (キーワード:臨床型研修モデル,行動の解釈、チェックリスト)
2. 2011/08~2012/03  通級指導教室における発達障害児への適切なアセスメントと教育支援方法の開発  機関内共同研究  (キーワード:発達障害 通級指導教室 多軸的なアセスメント 教育支援方法)
3. 2010/04~2013/03  特別支援教育における『研修プログラム』の開発に関する研究  機関内共同研究  (キーワード:心理教育アセスメント、行動の解釈とピンポイント指導、校内支援体制の確立)
研究内容
特別支援教育が始まって12年目を迎えた。すべての学校において特別支援教育が実施されることになってはいるものの,学校における理解や指導の温度差の違いを感じざるを得ない。「障害のかべ」である,「物理的なかべ」や「制度のかべ」は確実に取り払われてきたものの。残りの「こころのかべ」のハードルは依然として高い。発達障害児の認知・行動特性の理解は深まってきたものの,子どもを診断名というラベリングのみで判断し,診断名に対応した杓子定規な指導のみに終始して,結局事態を悪化させているケース。さらには,指導がうまくいかないのは,発達障害(その子ども)に原因があるとして,自己の指導を振り返らないケース。障害は関係性の中で生じたり,生じなかったりすることを考えると,指導に当たる教師にとって,この「こころのかべ」を取り払わない限り,適切な指導は不可能であろう。
 私は、学校で苦戦している子どもたちの行動を解釈することから,発達障害児が示す困り感の現状を明らかにするとともに、一斉指導と個別指導という狭間の中で悪戦苦闘している教師や学校が、どのような手だてを講じることで望ましい特別支援教育を推進できるのか提案するとともに、その学校システムの在り方についても研究している。
 具体的には、自分の困り感を言語化できない発達障害児の認知行動特性からの解釈 (心理教育的アセスメント)、それに対応したピンポイント指導の検討、チームで行う学校支援体制の提言、特別支援教育推進のための研修プログラムの開発等を主な研究内容としている。
担当講義
特別支援教育の理解と対応
特別支援教育コーディネーターの役割と課題
学級の主体性を育む教育実践活動
学校課題俯瞰実習
リーダー力育成基礎実習Ⅰ・Ⅱ
自己課題解決・検証実習
学校課題解決・検証実習
マイオリジナルブック作成
著書、学術論文
1. 著書  「いじめと」と発達障害  (単著)  2017/10
2. 著書  言語表現が不得手なアスペルガー症候群の中学3年生-クロスバッテリーによるアセスメント-  (共著)  2017/08
3. 論文  書字に困難があり学習全般に意欲が低下した小学校6年生男子の漢字学習の取り組みー高い言語能力を生かし、視覚認知の弱さや不器用さへ配慮した指導ー  (共著)  2017/08
4. 論文  書字に困難があり登校しぶりを示した小学校3年生男子のアセスメントと通級指導教室での取り組み  (共著)  2016/08
5. 論文  言語表現に躊躇が見られるアスペルガー症候群生徒のクロスバッテリーアプローチによるアセスメントと支援  (共著)  2015/08
6. 著書  デキる「特別支援教育コーディネーター」になるための30レッスン&ワークショップ事例集  (共著)  2014/03
7. 論文  アセスメント、指導、校内支援体制の構築を1パッケージとした特別支援教育研修プログラムの実施とその評価  (共著)  2013/11
8. 著書  「困り」解消!算数指導ガイドブック  (共著)  2013/06
9. 著書  発達障害児へのピンポイント指導  (共著)  2009/05
10. 著書  「長所活用型指導で子どもが変わる」~算数の基礎に関する指導~  (単著)  1998/06
全件表示(38件)
月刊誌、書評、報告集及びコラム
1. 2003/10 (書評)読む・見る・聴く「チックをする子にはわけがある」(「発達の遅れと教育」(日本文化科学社) 554号・58)
2. 2002/05 学級支援12カ月
「保護者会」「家庭訪問」(「発達の遅れと教育」(日本文化科学社) 第537号 13-14)
3. 2000/04 気になる子の保護者への接し方
「文字に関心がない子」の親への助言(「障害児の授業研究」(明治図書) 第16巻第2号 34-35)
4. 1992/03 実践*私はこうして子どもの失敗を授業にいかした「10のかたまりの指導」(「障害児の授業研究」(明治図書) 第8巻第2号 24)
5. 1991/05 子ども生き生きゲーム&遊び
「遊びってもっと面白いはず!!」(「障害児の授業研究」(明治図書) 第7巻第3号 40-41)
6. 1991/01 室内遊びでフィーバー「マラカス遊びでフィーバー」(「障害児の授業研究」(明治図書) 第7巻第1号)
7. 1989/09 ニューメディア活用術「生かすも殺すもアイデア次第」(「障害児の授業研究」(明治図書) 第5巻第4号、66-67)
学会発表・講演
1. 2018/12 気になる子の理解と支援,保護者との対応(長沼町立長沼舞鶴小学校特別支援教育研修会)
2. 2018/12 特別支援教育の現状と課題(北海道特別支援学級設置学校長協会後志支部研修会)
3. 2018/11 発達障がいのある児童生徒の理解と支援~教育の役割(アセスメントの視点から)~(豊富町特別支援教育連携協議会 特別支援教育講演会)
4. 2018/10 特別支援教育①②(カウンセリング研修講座2級(昼間部))
5. 2018/10 発達障がいのある子どもへの保育と保護者支援(砂川地域療育推進協議会講演会)
6. 2018/08 障害児保育1,2(保育心理士養成講座)
7. 2018/08 発達障害のある児童生徒の理解と支援~教育の役割~(北海道学校教育相談研究会 第47回研究大会(札幌大会))
8. 2018/07 アセスメント力を鍛える(基礎編)(北海道心理・教育アセスメント研究会 第1回例会)
9. 2018/07 子どもの情動と愛着問題を考える(私保連東区保育者研修会)
10. 2018/07 特別な教育的ニーズに対応する人材育成のための情報支援〜北教大特支プロジェクトの取り組みと評価〜(北海道特別支援教育学会第13回大会(函館 ))
全件表示(214件)
受賞学術賞
1. 1993/10 平成4年度全日本特殊教育研究連盟研究奨励賞
2. 1992/03 第2回特殊教育学習ソフトウエアコンクール「金賞」(心身障害児教育財団)
3. 1991/01 第1回特殊教育学習ソフトウエアコンクール「銀賞」(心身障害児教育財団)
4. 1989/12 第5回マイコンアイディアコンテスト「札幌教育長賞」
外部補助金等
1. 2018/08~2019/03  双方向遠隔授業システムの効果的活用方法の探究 -アクティブe-ラーニングの理論と実践-  (学長戦略経費(公募型プロジェクト))
2. 2013/04~2016/03  特別支援学校教育のための臨床型研修モデルの構築と課題の分析  (基盤研究(C))
3. 2011/08~2012/03  通級指導教室における発達障害児への適切なアセスメントと教育支援方法の開発  (学長裁量経費(学術研究推進経費))
4. 1987/04~1988/03  精神発達遅滞児の数量・認知能力を高めるためのコンピュータによる教材の開発研究  (文部科学省科学研究補助金奨励研究(B) 第63909001号)
職歴
1. 1981/04~1994/03 札幌市立新川中央小学校、新川小学校、元町北小学校 教諭
2. 1994/04~2005/03 札幌市教育センター(教育研究所) 教育相談室 指導主事
3. 2005/04~2006/03 札幌市平岸高台小学校(平岸中学校)のぞみ分校 教頭
4. 2006/04~2010/03 札幌市教育センター 教育相談室 教育相談担当課長
5. 2008/08~2010/03 北海道教育大学札幌校 教育学研究科 非常勤講師
6. 2010/04~2016/03 北海道教育大学 教育学研究科 教職大学院 准教授
7. 2016/04~ 北海道教育大学 教育学研究科 教職大学院 教授
資格・免許
1. 1981/03/15 小学校教諭免許(1級)
2. 1981/03/15 中学校教諭(国語2級)
3. 1981/03/15 養護学校教諭免許(1級)
4. 2001/10/01 学校心理士(第51749号)
5. 2002/08/01 K-ABC初級講習会認定講師
6. 2005/04/01 特別支援教育士(LD・ADHD等)スーパーバイザー(SV05-018)
社会における活動
1. 2017/04~ 市立高等学校通級指導検討委員会委員
2. 2016/04~ 札幌市研究開発事業「特別支援学級における指導の充実」アドバイザー
3. 2015/06~2017/03 (仮称)南部高等支援学校校名検討委員会委員
4. 2014/08~ 札幌市児童会館運営協議会委員
5. 2014/06~ 札幌市学びの支援委員会委員
6. 2014/04~2016/03 札幌市児童精神科医療連携体制構築検討会議検討委員
7. 2014/02~2016/03 北海道児童精神医療研修企画委員会
8. 2013/03~2014/03 札幌市精神保健福祉審議会委員 児童精神科医療検討部会 臨時委員
9. 2011/02~2013/03 障がいを支援する読書サービス等を考える懇談会(札幌市) 座長
10. 2010/10~2013/03 札幌市幼児アセスメント委員会 副委員長
全件表示(13件)
北海道教育大学 研究者総覧