北海道教育大学 研究者総覧 北海道教育大学 ホームページ
   研究者総覧TOP   

並川 寛司
ナミカワ カンジ/NAMIKAWA Kanji
 
お問い合わせ
基本情報
所  属札幌校
職  名教授
所属講座理科教育
電話(D・I)
学位
1. 1978/03 教育学学士(北海道教育大学)
2. 1980/03 学術修士(北海道大学)
3. 1999/03/23 博士(農学)(東京農工大学)
所属学会
1. 1998/01~ 日本森林学会
2. 1996/04~ 植生学会
3. 2017/04~ ∟ 編集委員
4. 2009/10~2011/03 ∟ 編集幹事
5. 2002/04~2009/09 ∟ 編集委員
6. 2002/04~2004/03 ∟ 運営委員
7. 1993/01~ International Association for Vegetation Science
8. 1990/01~ 植物分類・地理学会
9. 2011/01~ ∟ 編集委員
10. 1983/01~ 日本生態学会
委員会・協会等
1. 2009/09/01~ 自然環境保全基礎調査植生調査ブロック調査会議 委員
現在の専門分野
  構造工学・地震工学・維持管理工学, 土木環境システム
生物学
(キーワード:林分動態,林分構造,森林植生) 
研究テーマ
1.   孤立林の種多様性  個人研究  (キーワード:生物多様性,ビオトープ,孤立林)
2.   冷温帯林の種組成・林分構造・更新過程  個人研究 
研究内容
私はフィールドワークを中心に森林の研究を行っています。野外で見られる森林に関わる現象は,森林そのものだけでなく,地形,地質,気候,そして時間の要因が複雑に絡み合って生じているため大変複雑で,秩序がみえづらいものです。しかし,野外での現象を丁寧に観察し,現象を生じさせている要因を整理して様々な角度から検討を加えて秩序を明らかにしていくことは、大変なことも多いですが、結果が得られた時の喜びも大きい作業です。
担当講義
自然科学入門(生物の世界),生物学概論ⅠおよびⅡ,生物学基礎実験,生物学特講ⅠおよびⅡ,生物の科学Ⅲなど
著書、学術論文
1. 論文  Biology of the spotted-wing Drosohila suzukii (Diptera: Drosophilidae) in Hokkaido, Northern Japan. I. Resource Utilization  (共著)  2019/02
2. 論文  エゾシカの樹皮剥ぎによる枯死木の発生が樹木の成長に及ぼす影響 -北海道中央部洞爺湖中島の例-  (共著)  2018/08
3. 論文  Geographic patterns of genetic variation in nuclear and chloroplast genomes of two related oaks (Quercus aliena and Q. serrata) in Japan: implications for seed and seedling transfer  (共著)  2017/11
4. 論文  歌才ブナ自生北限地におけるブナ優占林の樹種構成と林分構造  (共著)  2017/08
5. 著書  図説 日本の植生 第2版  (共著)  2017/06
6. 論文  Genetic Structure of Remnant Quercus serrata Population at the Northernmost Limit of their Distribution in Japan  (共著)  2017/04
7. 論文  ブナ北限集団の遺伝的多様性と北進過程  (共著)  2016/06
8. 論文  Decline in gene diversity and strong genetic drift in the northward-expanding marginal populations of Fagus crenata  (共著)  2015/04
9. 著書  Winter Bud. In:Effective Instruction of Experiments and Observations  (単著)  2013/03
10. 論文  Habitat and vegetation of an outlying Fagus crenata population in its northern range limit at Rebunge Pass, Hokkaido  (共著)  2012/03
全件表示(45件)
月刊誌、書評、報告集及びコラム
1. 2016/03 身近な植物から学ぶ -植物の体のつくり-(北海道教育大学 理科教育プロジェクト【札幌】編,「理科へのとびら」)
2. 2015/03 札幌市教員育成フレッシャーズセミナ -理科の指導力向上 -
3. 2012/02 ブナ北限域・下チョポシナイ川流域におけるブナの樹齢と成長(北方森林研究第60号,103-106.)
4. 2011/03 分布北限域のブナは,攪乱を契機として分布を拡大した(森林総合研究所 第2期中期計画成果集(2011年,30-31))
5. 2010/03 平成21年度 寿都町森林資源調査報告
6. 2009/02 空中写真による寿都半島「大和の沢」周辺のブナ分布について(日本森林学会北海道支部論文集(2009年・57号・113-116))
7. 2009/02 北限地域寿都町管内のブナの立地環境と密な更新例(日本森林学会北海道支部論文集(2009年・57号・117-120))
8. 2008/09 Is Fagus crenata expanding north-eastwards in Hokkaido? -implication from forest age structure and disturbance history -(Program & Abstracts for the 8th IUFRO International Beech Symposium: 101-103.)
9. 2008/03 平成19年度 寿都町森林資源調査報告
10. 2004/03 Preliminary report on soil erosion around Chaoyang city, western Liaoning Province, northeast China(China-Japan Comparative Study of Land Use/Cover Changes (III)(ed. Himiyama Y.))
学会発表・講演
1. 2018/03 北海道におけるオウトウショウジョウバエの生活史と資源利用(第65回日本生態学会大会)
2. 2018/03 北海道中央部千歳市の森林植生―既存植生資料との比較―(第65回日本生態学会大会)
3. 2017/03 分布北限域におけるブナの生態(ブナ林シンポジウム ーブナの生態と分布ー(平成28年度鳥取県環境保全税関連事業「とっとり県民参加の森づくり推進事業」)
4. 2016/03 島嶼における北限,奥尻島ブナ林の種組成とハプロタイプとの関係について(第63回日本生態学会大会)
5. 2015/09 Gene diversity accumulation during initial beech forests regeneration at the northward distribution front – Results from experimental and empirical populations(Ecology and Silviculture of Beech 10th Internatina Beech Symposium IUFRO)
6. 2015/09 History and age structure of Fagus crenata in the northward-expanding populations in Japan(Ecology and Silviculture of Beech 10th Internatina Beech Symposium IUFRO)
7. 2015/03 植栽ブナにおける更新第一世代で獲得される遺伝的多様性について(第126回日本森林学会)
8. 2015/03 新たに発見された岩内町ブナ北限集団の遺伝的多様性(第126回日本森林学会)
9. 2015/03 島嶼における北限,奥尻島ブナ林の種組成の特徴 -道南および東北地方との比較から-(第62回日本生態学会大会)
10. 2015/02 歌才ブナ林ってどんな森? 種組成から見ると(黒松内生物多様性保全奨励事業・成果発表会)
全件表示(48件)
受賞学術賞
1. 2013/05 ブナセンター賞
2. 2006/03 第53回大会日本生態学会大会ポスター賞
外部補助金等
1. 2013/06~2015/03  歌才ブナ自生北限地におけるブナ林のモニタリングに向けた基礎的研究-樹種構成と林分構造の把握-  (ブナセンター賞研究助成金)
2. 2013/04~2015/03  島嶼における北限ブナ林の植生および遺伝変異の地理的構造とその地史的な成立過程  (基盤研究(C))
3. 2009/04~2012/03  ブナ天然林北進最前線における分布拡大過程の解明  (基盤研究C)
4. 2004/04~2005/03  日本・中国の土地利用・土地被覆変化に関する地域間研究  (基盤研究S)
職歴
1. 1984/04~1986/03 北海道立様似高等学校 教諭
2. 1986/04~1987/03 北海道教育大学 札幌分校 助手
3. 1987/04~1988/09 北海道教育大学 札幌分校 講師
4. 1988/10~2007/03 北海道教育大学 札幌分校 助教授
5. 2007/04~2008/03 北海道教育大学 札幌校 准教授
6. 2008/04~ 北海道教育大学 札幌校 教授
資格・免許
1. 1978/03/15 高等学校教諭2種免許状(理科)
2. 1978/03/15 小学校教諭1種免許状
3. 1978/03/15 中学校教諭1種免許状(理科)
社会における活動
1. 2015/10~2015/10 札幌市立宮の森中学校「サタディスクール in 宮の森中学校」講師
北海道教育大学 研究者総覧